愛知豊明母子4人殺人放火事件について考察!

Pocket

今回は愛知豊明母子4人●人放火事件について調べていきます。この事件は犯人が逮捕されておらず未解決事件です。しかしこの事件に注目すると証拠や確証こそありませんが、違和感を感じる部分があります。正しいかどうかということはわかりませんが、僕なりの解釈を書いていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

愛知豊明で母子4人が火事にみせかけて●された事件です。

今回の事件ですが、5人家族の父親以外が●された事件です。はじめは火事かと思いましたは、実は4人が●されたのちに家を燃やされているという事件です。ひどすぎる事件ですが、いったいどういうことかということについてここから触れていきます。この家族の父親は仕事で残業しており、家には嫁と3人の子供(息子二人・娘一人)が●されています。この事件の注目点として家族の●されかたというのがあります。いったいどういうことなのか?について触れていきます。

愛知豊明母子4人●人放火事件の謎である●されかたの違いについて。

実はこの事件ですが●された被害者の●され方が大きく異なっています。家族の中で嫁と娘は複数回刃物で刺されているという悲惨な●され方です。これに対し、息子二人は鈍器で殴られてほぼ一撃で●されています。この●しかたには犯人は複数犯なのか?という解釈もあります。また放火する灯油を犯人が準備していたということが分かっています。つまり用意周到に犯行を計画していたということがわかります。さらにこの事件は犯人の犯行動機が分からないということですが、僕の憶測になりますがこうなのではないかな?と考えられることについて触れていきます。

愛知豊明母子4人●人放火事件の犯行動機が分からない件について。

この事件ですが、実は犯人の犯行動機が謎です。自宅に通帳やカードといったものが残されていたことから、金銭目的ではないと言われています。はっきりしたことはわかりませんが、実はこの助かった旦那ですが過去に浮気をしていたのではないか?ということが噂されています。もしかしたらこの旦那の浮気が関係しているのではないか?ということが考えられます。この浮気が原因であれば母親と娘が数回刺されたということもつながっていくのかな?と思います。実は事件の当日の朝4時に女性の悲鳴が聞こえたという情報があります。この浮気相手が実は893なのではないのか?ということから実は犯行に関与しているのではないか?ということも言われています。さらにこの旦那ですが実は手形詐欺をしたということがのちに判明しています。もしかしたらこの手形詐欺の関連で事件につながったとも解釈できます。はっきりしたことはわかりませんが、この家からキャッシュカードや通帳といったものはなくなっていませんが、もしかしたら手形詐欺の種類やあるいはそこでもうけたお金をもちさっていたのではないか?ということも考えられます。僕の憶測ですが、この事件はプロのヒットマンの複数犯がおこなったのではないか?と考えられます。また実はこの事件が起こる前におかしなことが発生しています。事件の一年以上前にこの被害にあった家に不審者が訪れていたということが分かっています。家族の母親は警戒していたということがわかっています。そしてこの不審者が家に来たことから防犯で犬を飼ったんですが、事件当日に犬がおかしなことになっているんですね。そしてこの犬の行動から何かしら手がかりになるのではないか?と考えられそうな情報について触れていきます。ここからも根拠はありませんがある情報を組み合わせると少し違和感を感じるということについて触れていきます。

スポンサーリンク

愛知豊明母子4人●人放火事件の発見者である兄の行動について。

実はこの事件が起こった日に被害者家族の夫は会社に残業していました。決算の関係でほぼ会社に泊まり込みで仕事をしていたということです。そして火事が起こったのは早朝の朝4時です。この火事が起こったということをこの被害者家族の夫の兄が会社に電話したということで、急いでこの被害者家族の夫が帰ってきたということです。ここで真相が不明ですが、兄は携帯電話ではなく公衆電話からこの被害者家族の夫の会社に電話したという情報があります。なぜ携帯電話で電話しないんでしょうか?しかも僕がおかしいなと感じることはなぜこの兄は被害者家族の夫である弟が会社にいるということをしっていたのでしょうか?またこの兄は被害者家族の夫の近所に住んでいたということが分かっています。そしてこの事件で注目されるのが犬です。この犬は防犯用に飼われていたんですが、この事件の当日に首輪が外されていました。そしてこの犬は全く吠えませんでした。さらに家が火事になっていた時に自宅の車の下に隠れていました。この犬の首輪が外れていたということと兄は何か関係しているのかな?と僕は思います。確証はありませんが、この兄は被害者の家の近所にいるということで家に遊びに来た時に犬に親しくしていたのかな?と考えられます。実はこの事件の犬の首輪が外れていたことは注目されますが真相がわかりません。僕的にはこの兄が何かしらしっているのではないか?と思います。もしくは犯人はこの家に犬がいることを事前にわかっていて、犬の気をひくためにえさを用意していたのかもしれません。いずれにせよこの事件もはっきりした情報がなく事件から15年という年月が経過しています。この事件には時効が撤廃されているので今もなお犯人追求されているので一刻も早く犯人がみつかるといいと僕は思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク