鮫島事件とはどういうことなのか?という真相不明の噂を考察!

Pocket

今回は鮫島事件とはどういうことなのか?について調べていきます。ネット上には様々な噂があり、話が複雑になっていて分からない部分もあります。僕なりに調べてこうなのではないか?ということを書いていきますので気になる方は最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

信じるか信じないかはあなた次第です。

今回の内容について信じるかあるいは信じないかはあなた次第です。何が正しいのか?という核心部分に関しては分からないので分かる限りの情報を組み合わせて考えていきます。僕の考えですが、きっと多くの人はそれぞれの解釈あるいは他の人はどう解釈しているの?ということに関心を持っているのではないのかな?と思うので僕なりの解釈を書いていきます。そもそもなぜこの鮫島事件というのが多くの人に注目されているのか?ということについて調べていきます。

過去に2chで大きく話題になった鮫島スレのことです!

鮫島事件というのは過去に2チャンネルで書き込みがあり、そこから話が大きく盛り上がったというものです。そしてここから重要なことを書いていきますが、鮫島事件というのは実際にはないという話ということです。なぜそう言えるのか?ということですが、この鮫島事件について書きこんだ人が実はフィクションであるということを言っているからです。フィクションということを踏まえてここから触れていきます。そうはいっても気になる内容が大きく二つありますのでひとつずつ触れていきます。

鮫島事件と牛の首の関係について。

実は鮫島事件と検索すると牛の首という関連単語が出てきます。この牛の首というのも都市伝説で実際にはないことで、鮫島事件も都市伝説で実際にはないことということで関連性が帯びてきます。とはいうものの牛の首というのが気になりますので、どのようなことなのか?ということについて触れていきます。牛の首の話を聞いてしまうという都市伝説があります。いったいどのような都市伝説なのか?ということですが・・・

★日本が食べ物に困っていた時に人間同士が共食いしたということで相手の人間に牛の皮をかけて現実をみないようにした

★日本で昔権力者の子供が女性を誘拐して●して、●した後に人間の首と牛の首をすりかえたということがあり、このことに異論をとなえようとした村の人が●された。この話をすると●されるということがひろまった。

スポンサーリンク

ちなみにこのふたつの話も実際にはないことです。しかしこの話をきくと実際にありそうな怖い話だなとも思いますよね。日本が本当に困っていたら人間を食べて生き延びてもおかしくないとも思いますし。さらにサイコパスな人間が女性を誘拐して●すという事件もあるので本当なのかな?ということも考えられます。続いてもうひとつの可能性について触れていきます。

鮫島事件と無人島について。

実は鮫島事件と検索すると無人島という単語が出てきます。これはいったいどういうことかについて書いていきます。若者数人が無人島に行ったということが2チャンネルで話題になりました。若者5人で無人島に行ったんですが、4人が消えてしまってその後に1人も消えてしまったということです。最後に消えた一人が2チャンネルに書き込みをして鮫島にいるということをいっていたということですが、このことも謎が多すぎて2チャンネルで大きく話題になりましたが、実はこの無人島の話自体が嘘でした。嘘であるということを書き込みした人が暴露しました。つまりフィクションということです。しかし鮫島という島は鹿児島県の片浦という場所にある小さな島が鮫島ということがわかっており、この島があることは本当ということです。無人島の話も嘘でした。そして最後に気になるまとめを書いていきます。

鮫島事件の本当の真実や真相は謎なのか?!

鮫島事件には他にも説があり、今回取り上げた

●牛の首

●無人島

は嘘であるということが分かっています。また他の鮫島事件に関する情報も嘘であるということから鮫島事件の真相や真実というのはインターネットとどのように向き合うかの重要性が問われているのではないか?と言われています。ネット上には様々な情報があるのでその情報が本当なのか?あるいはまことしやかにささやかれる嘘なのか?という情報に対する受け取り方のことなのではないか?と言われています。ネット上には様々な情報があり、有益な情報から都市伝説あるいはまったくのガセネタもあるのでその情報を収集するかが大切ということがこの鮫島事件の真実だと僕は思います。2チャンネルという巨大掲示板から噂が独り歩きしたというのがこの鮫島事件だと僕は解釈しています。しかしこれもまた僕の解釈なのであっているのか間違っているのかということも分かりません。信じるか信じないかはあなた次第です!ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク