附属池田小学校事件で暴かれることのない闇を考察!

Pocket

今回は付属池田小学校事件の闇について調べていきます。この事件は多くの人がご存じな事件ですが、実は裏側で得体のしれないことが行われているということが考えられます。今回の記事でわかる限りですが触れていきたいと思いますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

池田小学校の犯人は宅間守の身長は何cmなのか?

池田小学校で8人の児童が●されて、13人の児童がけがをして、教師が2人ケガをしたという悲惨すぎる事件の犯人が宅間守です。今回はこの事件の闇について触れていきますのでその時に関係してくることが宅間守の身長です。宅間守の身長ですが182cmということが分かっています。身長が高い人間であるということを知っておきます。そしてこの事件で明らかにおかしい動きをした人間がおります。そのことについて触れていきます。

附属池田小事件での岩崎真季のおかしな行動について。

この事件の最中に岩崎真季という教師が突然消えました。そしてこの消えた時間に岩崎真季は大阪府警に電話していますが、この電話の通話記録を遺族が聞きたいといった際に大阪府警はこの通話記録を破棄したといっていました。おかしいですね。警察が事件に関する重要情報を破棄するんでしょうか?僕は警察と岩崎真季が何かを隠しているのではないか?と思っています。ここまでの時点でかなり不可解であることが分かります。表向きでは多くの人が負傷したり怪我しているということですが、その裏側あるいは水面下でおかしなことがおきていると考えられます。この事件ですが、警察も岩崎真季も事件が起こることが分かっていたのではないか?ということさえ疑う事件内容です。そしてこの事件の犯人である宅間守について事件後にどうなったのか?ということについて調べていきます。

池田小学校の犯人は宅間守はすでに死刑が執行されている。

宅間守ですがこの事件後の判決で死刑が求刑されています。そして死刑が求刑されてから一年後に死刑が執行されています。早すぎる気がしますね。こんなに早く死刑が執行されるというのもどうなのか?と感じます。ちなみに2003年に死刑が執行されているということです。もうこの世の中にはいないですね。そしてここからこの事件の闇の深さについてさらに触れていきます。

スポンサーリンク

大阪池田小学校事件の犯人が他にいたという疑惑が浮上した?!

実はこの事件が起こった日の新聞の夕刊にすごく気になる情報があります。犯人の特徴が40歳くらいの年齢で小太りで背が低い男という情報が新聞に出ていました。これは何を意味するのでしょうか?宅間守の身長ですが182cmということを確認しました。つまりこの事件は単独犯行ではないのではないか?ということが浮上してきます。最低でもこの事件を2人で行っているということが考えられます。しかし誰もこの人物に触れません。いうなれば共犯者とも解釈できる人間ですが、なぜここに注目しないのでしょうか?宅間守ですが実はこの事件の犯行動機がないんですね。自暴自棄になっていたということですが完全に後から考えたと感じる犯行動機です。岩崎真季の電話が遅れて救急車の到着が遅れているということもあり、この事件には不可解なことがたくさんあります。この事件の明確な目的が分かりませんが、明らかに仕組まれている事件であると僕は思います。このようなおかしい事件に誰も気が付かないのでしょうか?うまく隠していることからなかなか気が付きませんが調べていくと気が付きます。様々な憶測はありますが、本当におかしいのはこの40歳くらいの年齢で小太りで背が低い男という情報ですがおそらく警察も触れられない案件なのかもしれません。そう考えるとこのような解釈が出ます。

附属池田小学校事件で暴かれることのない闇の深さについて。

日本には警察も介入できない事件があります。考えられる可能性としては日本がアメリカの属国であることからアメリカciaの傘下組織が仕組んだ事件なのかもしれませんが、このような事件がおきることは非常に最悪である状況です。8人の児童が亡くなっているにもかかわらず、岩崎真季という教師のとっている行動や警察が何かを隠しているというこの事件は闇だらけです。このような不可解な事件がなくなることを僕は願っています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク