ジョンベネ殺害事件の真相は闇の中だが、様々なことを考察!

Pocket

今回はジョンベネ●害事件について調べていきます。今もなお真相は闇の中であり、分かりません。この事件に関しては世界的に注目されており、気になっている人も多いのではないか?と思います。情報が多くわからないことが多い事件ですが、その中から気になる内容にしぼって今回はまとめていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

アメリカ美少女であるジョンベネ・ラムジーが●された事件です。

アメリカの美少女コンテストに出場していたョンベネラムジーが●されて遺体が自宅の地下室で見つかった事件です。この事件の概要について触れていきます。そもそもですが、ジョンベネの家族は

★父親:コンピューター会社を経営

★母親:元ミス・ウエストバージニア

ということで多くの人が羨む家族です。また実はジョンベネには兄がいます。ジョンベネが亡くなる前の日にジョンベネ家族は友達のパーティーに行っており、帰ってきてジョンベネを寝かしましたが、実は次の日に衝撃的なことが起こります。自宅に脅迫文が届き

警察には連絡するな。午前8時から10時頃に連絡する。警察に連絡したら娘を●す。金を用意しろ

ということでした。このような状況からジョンベネの家族は警察に連絡しました。しかし犯人から金銭を受け取る連絡はありませんでした。その後に家の中をさがしたらジョンベネの遺体が地下室から発見されたということです。そしてここからはこの事件のおかしな点について注目していきます。

ジョンベネ殺害事件の謎について。

実はこの事件には多くの謎があります。まずは身代金が11万8000ドルということでこの金額はジョンベネの父親のボーナスの金額と一致していたこと。これは単なる偶然なのでしょうか?また脅迫文の文字がジョンベネの母親の文字に似ていたということからもしかしたらジョンベネの両親が犯人なのではないか?という噂が浮上しました。その中でも父親そして兄が犯人なのではないか?ということが言われました。いったいなぜ疑惑がかかったのか?ということについて触れていきます。

ジョンベネちゃんの父親が犯人となぜ言われるのか?

ジョンベネの父親が犯人なのではないか?ということですが、なぜこのようなことが言われるのか?ということですが父親は虐待あるいは●的虐待をしていたということが噂されています。ジョンベネに●的虐待があったということですが、これをしたのが父親だと言われていますが僕は違うと思います。ここから書くことは僕がリサーチしたことからの憶測ですが、小児性愛者(ペドファイル)のいけにえになった可能性が考えられます。しかしこれは父親ではなく考えらるのはアメリカの美少女コンテストの人間ではないか?と言われています。アメリカには小児性愛者(ペドファイル)ということが昔からあり実は問題となっています。虐待あるいは●的虐待から疑われた父親ですが、僕は可能性は低いと考えられます。続いて可能性があるのは兄です。ここから兄について調べていきます。

スポンサーリンク

ジョンベネちゃんの兄のバークラムジーが犯人となぜ言われるのか?

ジョンベネを●したのは兄ということも言われていますが、僕はこの兄が犯人なのではないか?という可能性はあり得ると思います。証拠や確証がないのであくまでも可能性の話になりますが・・・兄が犯人でそのことを母親が知って一緒に隠しているのではないか?ということです。兄が犯人なのではないか?という噂はいくつもありますが、僕がその中で有力なのではないか?というものを紹介します。

★兄が自分のパイナップルをつまみぐいしたジョンベネに対して頭にきて懐中電灯で殴った。その結果亡くなってしまった。ジョンベネの頭蓋骨のきずあととこの懐中電灯の大きさが一致した。そして懐中電灯には一切指紋がないこと。これはきっと両親が指紋をふき取ったということだと考えられます。

★外から人が入り込めないことの証明について。実は地下室に外部から人が入り●したという考えがあるようですが、これは不可能です。クモの巣がのこっていたことから誰も外から入っていないということの証です。このことから家族の可能性が極めて高くなります。

★ジョンベネの母が嘘をついていた件について。ジョンベネの母は警察に息子(兄)は警察に電話したときは寝ていたと証言しているが実は警察に電話したときに息子(兄)の声が電話に入っているということを音声で解析されています。つまりジョンベネの母は息子(兄)は寝ていたという嘘をついていたということになります。このようなことから考えると息子(兄)が●したことを両親が隠しているという可能性が高くなると思います。両親はジョンベネをなくしたうえで息子まで失いたくないということから隠蔽したと考えられるということです。ジョンベネの兄は事件後にテレビに出た際に笑顔だったことも不気味だなと僕は思います。この内容は憶測ですが実は真犯人という説が2019年に浮上したという件について触れていきます。

ジョンベネを●した真犯人という件について考察!

2019年にジョンベネを●したのはゲイリーオリバーという噂が出ました。しかしこの話自体僕はおかしいと思います。ゲイリーオリバーの家から脅迫文がでていますが、事件当時と全く筆跡が違うということ。僕の解釈ですが実は他に真犯人がいたという目線をそらすためなのではないか?と思います。僕の解釈はジョンベネの兄が犯人である可能性が高い。そしてそのことを両親が隠している。事件の注目点であるdnaとかという問題は小児性愛者(ペドファイル)のことが関係していると思います。そしてアメリカとしてはこの小児性愛者(ペドファイル)に注目が集まることをよくないと思いいろいろなことを画策しているのではないか?と僕は思います。いろいろな情報が出回ってわからないあるいはわかりにくいと思われますが、このような感じなのではないかな?と僕は解釈しています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク