尾崎豊の死因には創価学会が関係しているのか?という噂を考察!

Pocket

今回は尾崎豊の死因に創価学会が関係しているのか?ということについて調べていきます。実はこの問題は多くの人の気になる問題ですが複雑でわかりません。そもそもなぜこのようなことが言われるのか?ということや気になる情報について触れていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

今回の記事は真相不明の噂ということです。

インターネット上の検索に出てくる尾崎豊の死因に創価学会が関係しているのか?ということについてですが、もちろん真相は分かりません。真相不明の噂ですが、実は様々なことがここには含まれています。そのことを踏まえてご覧いただければと思います。まずはこの気になる関係について調べていきます。

尾崎豊と斉藤由貴の不倫そこに関係する創価学会の関係について。

まず直接尾崎豊の死因に関係してくるかどうかわかりませんが、尾崎豊と斉藤由貴は不倫しているということが発覚しています。このことにまず注目すべきは単なる不倫ということも問題ですが、ここに宗教が関係するのではないか?ということです。斉藤由貴はモルモン教です。そして尾崎豊の宗教は分かりませんが、嫁が創価学会ということが分かっています。このことから尾崎豊の嫁としては尾崎豊が不倫したことも許せないでしょうが、不倫相手が他の宗教の女であったということも気に入らなかったと考えられます。尾崎豊は斉藤由貴と別れる際に斉藤由貴の身の安全のために別れたのではないか?ということも言われています。このことは尾崎豊の嫁が創価学会ということでなにかしらあるのではないのか?ということが考えられます。ここまでの流れを一回整理します。

尾崎豊の死因は創価学会と出るのは奥さん(妻)が創価学会だから?!

尾崎豊の妻の名前は尾崎繁美という人物であることが分かっています。そして尾崎繁美は創価学会に入っているということも分かっています。このことからインターネットの検索エンジン上におそらく尾崎豊+死因+創価学会という単語が出るのではないか?と考えられます。さらにこの尾崎豊が亡くなった時からやはり創価学会が関係しているのか?あるいは妻がどうなのか?という噂が出回っており、実はこのことに関して尾崎豊の妻が裁判を起こしているという情報があります。ここからそのことについて触れていきます。

尾崎豊の妻が裁判を起こしているって本当?

尾崎豊の妻はいいがかりのようなことをされて実は裁判を起こしているという情報が分かっています。このようなことです。

スポンサーリンク

1994年にはテレビ朝日が、流出した「死体検案書」のコピーや
ジャーナリストが取材した結果を元に妻と
知人が覚醒剤を飲ませて殺害したとする説を主張、
尾崎の死を検証する番組を製作した。
ところが尾崎の妻がテレビ朝日と記事を執筆した
ジャーナリストを相手取り訴訟を起こしたため
番組はお蔵入りとなり放送されることはなかった。
結果は原告の尾崎の妻が
一審・二審・最高裁全てで勝訴した。
(テレビ朝日は一審判決後原告と和解)。

この引用記事情報から分かることですが、尾崎豊の妻が●したのではないか?ということを言われて裁判を起こしたということですね。この裁判で尾崎豊の嫁が勝っているということから尾崎豊の嫁は●していないということですね。僕もこの噂は聞いたことはありますが、噂であり裁判で勝っていることから違うということですね。そしてここから尾崎豊の死因について触れていきます。

尾崎豊の死因(死亡理由)については最近判明している?!

実は尾崎豊の死因に関しては当初は肺水腫と言われていましたが、その後違うのではないか?ということが分かっています。それは外傷性くも膜下出血ということが分かっています。そして尾崎豊の死に関して多くの人が関心を持つ内容について触れていきます。

尾崎豊の死体から考えると他殺の可能性が高い!?

尾崎豊の死体の状態はひどかったということが分かっています。そしてなぜこのようなひどい状態になったのか?ということですが集団リ●チをくらったからということも分かっています。尾崎豊は亡くなった当日に●物を含む酒を飲まされて集団リンチされた末に●されたと言われています。つまり●されたということです。このことをふまえてまとめを書いていきます。

尾崎豊は他●の可能性が高いが真相は今現在も犯人は分からない!?

尾崎豊は●されたという可能性が極めて高いですが、この●した犯人が今も分かっていません。さらにいったいなぜ●されたのか?ということもわかりません。またこの尾崎豊の死に関しては遺書があるので自●という意見もあるようですが、尾崎豊の父親が息子の遺書を見たことがないということからおそらくガセネタであり他●の可能性が高いということです。いったい犯人はどのような目的でこのような悲惨なことをしたのかが分からないということや若きカリスマであった尾崎豊の死因に関しては今もなお多くの人が関心があるということだと思います。尾崎豊のご冥福をお祈りいたします。今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク