東電ol事件の真犯人はもみ消しにあっていたという黒い噂を考察!

Pocket

今回は東電ol事件の真犯人がもみ消しにあっていたという噂について調べていきます。最初にお断りいたしますが、あくまでも噂です。真相は分かりません。しかし東電ol事件に関してはいくつかの謎があり、そこからこのような噂が浮上するのか?とも思います。ということでひとつずつ気になる情報について調べていきます。

スポンサーリンク

【日本の闇】東電ol事件の真相はなぜ分からないのか?

多くの人がおかしいなと感じている東電ol事件です。この事件には様々なことが噂されており、日本の闇とも言われています。渡辺泰子が売●して●されたということになっていますが、どこかしらおかしな点があると感じている人もいると思います。僕もそう思います。この事件で必ず話題に出るのが反原発ということです。渡辺泰子の父親も東電に勤務していましたが、実は原発の危険性を指摘したことで降格したと言われています。果たしてどこまでこの反原発がこの東電ol事件に関係しているのか?ということはわかりません。しかし娘の渡辺泰子もこの反原発に関してリポートをとっていたという情報があり、関係ありそうな気もしますがどうかわからないといった感じがします。まずこの事件についてささやかれる気になる情報について触れていきます。

東電olがアスペルガーとか精神疾患という根拠不明の嘘について。

実は東電olがアスペルガーとか精神疾患といった噂があります。もちろん噂であり、本当かどうかわかりませんし、僕は違うと思います。表現が悪いのかもしれませんが、このようなことを言う人はきっと売●していたということからこのようにむずびつけたのではないか?と思います。しかし実はこの売●に関しても謎が残ります。

東電olの売●理由について考察!実はしていなかったのか?!

実はこの事件に関して謎な情報があります。この事件では亡くなった女性は渋谷で売●していたという情報が多数ありますが、実は全く正反対の情報もあります。渋谷の円山町を仕切っていた893の組長の言い分では渡邉泰子が立ちんぼしていたことはないと言っているという情報です。この情報が正しければ話が根本的におかしくなります。そしてここから渡邉泰子に関する気になる情報についてもう少し深く調べていきます。

●された渡辺泰子と勝俣恒久の関係について。

この東電ol事件で●された渡辺泰子ですが、慶応大学に通っているときに勝俣恒久に誘われて東電に入ったという情報があります。そして東電入社後に勝俣恒久と渡辺泰子は上司と部下の関係になっているということです。そしてここからは噂レベルの話ですが、実は男女関係にあったのではないか?といったことも言われています。しかし真相は分かりません。気になることは渡辺泰子はここで反原発に関する活動をしたことで関係が悪化したのか?といったことも言われています。そしてこの事件の裏側を知るのに有益かなと思う情報についてここから書いていきます。

スポンサーリンク

東電ol殺人事件に関する2chでの売文家(ばいぶんか)の意見を考察!

ネット上には2チャンネルや5チャンネルというものがあります。実はここにこの東電ol事件について書きこむ人が多数います。それがこの売文家(ばいぶんか)という人ということです。素人の書き込みでお金にはならないけど、書き込む人のことをさします。なんだ素人なのか?と思いますが、たしかに素人ですがそのなかでも実は的を得ているのではないかな?という人がいます。この書き込みの共通点としてはやはり東電ol事件には勝俣恒久が関係しているのではないか?という噂です。多くの人の違和感はここにあるようです。

一流会社では通常、部下がこのような事件にかかわったら出世できない。それが会長まで昇り詰めたのだから驚きだ。事件に関連して何かを処理した功績としか考えられない。

この引用記事情報ですが、東電ol事件後に勝俣恒久が東電の会長になったということに疑問を感じているということです。たしかにこのような事件があったらその後の出世は難しくなると考えられます。ここまでならすべてが噂ということになるんですが、ここからは本人の証言などをつないでいくと日本の闇を感じるということです。そのことについて触れていきます。

東電ol事件の真犯人はもみ消しにあっていたという噂を考察!

インターネットの検索キーワードに東電ol事件の真犯人はもみ消されていたというようなキーワードがあります。これはいったい何か?と思うと実はこんな言葉があるんですね。

東電の勝○会長が「東電はや○ざさえあつかえる。」

実はこの言葉がおそらく噂の出所になっているのではないか?と思います。もちろん証拠はありません。しかしこのことを考えると実はつじつまが合うことがあります。この東電ol事件の犯人がネパール人ではないということはわかっています。では一体だれが犯人なのか?ということですね。この事件の犯人の可能性があるとされている人物は巣鴨にいる893ではないか?ということが言われています。そしてネット上にこのような表現があります。

勝俣恒久会長は、渋谷円山町界隈を仕切っている ヤクザに何らかの依頼をした可能性は?

この事件の真相は全く分かりません。反原発が関係しているのか?という噂や勝俣恒久が893とつながっていてもしかしてこの何かを依頼したのか?という可能性も考えられます。この事件後に怪しいとされている人物がおり、その人物は巣鴨に住んでいる893であったことが分かっている。そして渡辺泰子の定期券が巣鴨に落ちていたということからすると何かしら繋がりはあるのかな?とも考えられます。しかし全く証拠がありません。ただし東電の会長は893を使えるということからして何かしら関係あったとも思えるのではないか?と僕は思いました。おそらくこのようなことから黒い噂が浮上したのではないのかな?と思います。実はこの東電ol事件の不審死には何か大きな日本の闇が関係していると感じました。僕が今回リサーチした結果ではこのような感じかなと思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク