李嘉晃が福知山線脱線事故の謎を知っていたのではないか?について考察!

Pocket

今回は福知山線脱線事故の謎について触れていきます。この李嘉晃という人物が謎を知っていたのではないか?ということに注目が集まっています。今回は僕なりに気になる角度からこの福知山線脱線事故について書いていきますので、最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク




福知山線脱線事故の謎と言われている内容について。

今回は福知山線脱線事故の謎について調べていきます。この事故の最大の謎ですが、最初の報道では車が電車にぶつかった事故ということでした。この報道がされたのが、午前中の話でありその後午後になってからこの報道がなくなりました。消されたということです。そしてその後は電車は脱線した後に車にぶつかったつまり電車の単独事故という報道に切り替わりました。確認しますが、電車が車にぶつかった事故なのか?あるいは電車が単独の事故なのか?ということは全く話が変わってきます。そしてこの電車と車の関係についてもう少し触れていきます。

福知山線脱線事故と白い車の関係について。

そしてこの福知山線脱線事故ですが、目撃情報があります。この目撃情報ではやはり電車はこの白い車と当たったあるいは衝突したという目撃情報が多数あります。しかし警察はこのことを報道しません。なぜなのか?ということが気になります。さらに気になる情報について触れていきます。

福知山線脱線事故の最大の謎の白い車と李嘉晃の関係について。

この福知山線脱線事故で電車と当たったのがこの白い車ということが分かっています。そしてこの白い車を運転していたのが李嘉晃ということが分かっています。しかしこの李嘉晃という人物や即死しているということに関してマスコミは完全スルーです。ここまでの流れでわかりますが、この李嘉晃という人物がこの福知山線脱線事故に関係しているという可能性は極めて高いということですが、マスコミが触れない謎があります。そしてここからもう少し深くこのことについて触れていきます。

スポンサーリンク

福知山線脱線事故のタブーについて。

福知山線脱線事故に関してこの李嘉晃という人物そして白い車に関してはタブーとなっているみたいです。なぜ警察はこのことを隠すのでしょうか?はっきりした確証はありませんが、この李嘉晃という人物は名前からしてもわかりますが在日である可能性が高いです。何かしら在日の利権やお金に関することが関係しており、そのことからなのではないか?と言われておりますが、はっきりしたことはわかりません。さらに不気味だなと感じるのがこの事故のマンションの名前です。エフュージョン尼崎といって、このエフュージョンという単語の意味は血液が流れ出るということです。このマンションの名前は偶然なのか?それとも何かあるのか?ということも疑問視されています。そしてこのような悲惨な事故ですがある陰暴論が出ています。そのことについて触れていきます。何か悪いことが起こるときは666という数字に関連しているということです。この666というのは半キリストの数字と言われており、6は悪魔の好きな数字ということが言われています。この福知山線事故と666という数字の関係についてですが、このようなことが分かっています。僕は偶然とは思えません。まず福知山線断線事故が発生した日時ですが、2005年4月25日ですがこの数字を全部足すと18になります。18は666あるいは6+6+6ということになります。そしてこの事故が起こった時間が 9時18ということで18。さらにこの電車の番号が5418Mということで全部足すと18です。単なる偶然とは思えない気がします。このようなことから考えると実はなにかしらの陰暴論が裏で動いたのではないか?ということが考えられますね。そして最後に実はこの福知山線脱線事故に関する気になる情報について触れていきます。

ステーキ畠こと畠利明は福知山線事故後のその後の現在どうしているのか?

福知山線事故で注目された人物に畠利明(はたとしあき)という人物がいます。この人物は電車があたったマンションの住民でした。畠利明がなぜステーキ畠と言われるのかということですが、この事故で精神障害を本人と自分の子供が患ったということでマンションからホテルに引っ越してそのときに買い物がしにくくなったということで北新地で6万円のステーキを食べてそのお金をjr西日本に請求しました。このことからステーキ畠と呼ばれるようになり、ちなみにjr西日本の職員がステーキ代金が6万円に驚いたら1万円にまけるからすぐ払えと言ったということが言われています。そして福知山線事故で壊れたマンションは約1900万円ということでしたが、畠利明は新しいマンション購入代金として4000万円ようきゅうしたといわれています。だいぶ無茶苦茶ですね。しかも畠利明は慰霊碑を建てるように要求して、jr西日本が慰霊碑を建設するということになったらマンションは自分たちのものだと主張していました。福知山線事故でマンションがなくなったことは事実ですが、いうことがひどすぎるなというかんじですね。ということで今回は福知山線事故の謎について僕なりに感じることを書いてみました。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク