日航機墜落事故について中曽根康弘が知っていた真相や真実について考察!

Pocket

今回は日航機墜落事故に関して中曽根康弘が知っていたと噂される真相や真実について調べていきます。最初にお伝えしますが、今回の内容は確証がありません。しかしおかしな点がいくつもあり、多くの人が今もなお気になっている内容に僕なりに思うことを調べてまとめていきますので最後までごらんいただければと思います。

スポンサーリンク




日航機墜落事故原因は何だったのか?明かされることのない陰謀について。

日航機墜落事故の原因は離陸した後に飛行機に異常事態が発生して墜落した事故ということになっています。この事故で520人という多くの方が亡くなっている悲惨すぎる事故です。しかし実はこの日航機墜落事故にはなにかしらの陰謀があるのではないか?ということが言われています。いったいなぜこのようなことがいわれるのでしょうか?ということについて調べていきます。

御巣鷹山事故の真相が不明すぎる件及びオカルトについて。

実は日本航空123便が群馬県の御巣鷹山へ墜落したということですが、実はこの御巣鷹山事故の真相も分からないと言われています。この御巣鷹山の真相に関しては違和感があるというのは自衛隊が関係しているということなので後半部分で詳しく触れていきますが、この御巣鷹山にはオカルトがあります。この事故の後に日本航空の被災者相談室長があしをすべらせて亡くなっています。そしてこの亡くなったことから御巣鷹山にはなにかしらの呪いがあるのではないか?ということが噂されています。僕の解釈ですがこの御巣鷹山には人間の霊があるのではないか?と考えます。いったいどういうことなのか?ということについて順番に書いていきます。

中曽根康弘が生きてる間は語らなかった墓場までもっていく123便の真相や真実について。

この日航機墜落事故において必ず出る内容が中曽根康弘の発言です。中曽根康弘は自分が生きてる間は語らないで墓場までもっていくといっている内容があります。この中曽根康弘の発言についての解釈はふたつの可能性が考えられます。

①:自衛隊に関する秘密

②:国鉄分割民営の件

ということです。この内容も記事文中で触れますが中曽根康弘が死亡しているのでどちらかわからないということです。つまり真相は分からないということです。ここからはこの内容についてリサーチした僕なりの考えを書いていきます。僕の解釈では自衛隊に関する秘密です。一体どういうことなのか?ということについて具体的に書いていきます。

スポンサーリンク

自衛隊が123便にミサイルを撃墜したのか?日航機墜落事故とオレンジエアの関係とは?

この日航機墜落事故に関しては昔から言われていることがあります。それは飛行機の事故ではないのではないか?ということです。実は自衛隊がミサイルを日本航空123便にあてたのではないか?ということです。実際に海上自衛隊の機長のボイスレコーダーにオレンジエアというものがあります。オレンジエアーというのは自衛隊の中でミサイルということの隠語です。また事故現場近くにオレンジエアーの後があったということからこの可能性が高いのではないか?と僕は思います。さらにこのオレンジエアーがあたったのではないか?と考えられる理由は遺体を見た医者が墜落事故の遺体とは思えないと言っていたという情報もあります。つまり何かがおかしいということです。そしてこのようなことも言われています。

日航機墜落事故で自衛隊が射殺したというのは本当か?デマか?

この日航機墜落事故の一番おかしいなと僕が思うことを書いていきます。実は事故から救出までに14時間の空白時間がありました。そして実は自衛隊の人が急いで救出に向かおうとしたときになんと●されています。このことが明らかにおかしいです!なぜ人命を最優先しようとして自衛隊員が●されるのか?このことはnhkのニュースのなりました。人命を助けようと急いでいった自衛隊の人が●されたということです。なぜ人命を最優先しようとした自衛隊員が●されるのか?さらにこの内容と関連しますが、事件の現場はいったいが黒焦げになっていたと言われています。これはどういうことなのかということですが、自衛隊の特殊部隊が生きていた人にガソリンをかけて●したのではないか?という憶測が出ています。実はこの日航機墜落事故の裏側にはなにかしらの国家機密があったのではないか?と言われています。さらにこのことが本当なのではないか?と考えられる理由として実はこの日航機墜落事故の後に自衛隊員がなんと90人自●しています。僕の憶測ですが、ここら辺の内容を中曽根康弘が墓場までもっていくといったのではないか?と考えられます。あきらかにおかしなことが連続していると思いませんか?このようなことから今もなおこう言われています。

日航機墜落事故は現在も謎が多く残っている。

日航機墜落事故の原因や真相あるいは真実に関しては現在も分からないことが多く謎だらけということです。この日航機墜落事故にはなにかしらの深い闇があると思います。そしてその闇にたどり着くことができないということです。そして最後にまとめを書いていきます。

日航機墜落事故後の中曽根康弘の現在について。

日航機墜落事故の後ですが、2019年11月29日に中曽根康弘は東京の病院で亡くなりました。101歳でなくなったということです。実は日航機墜落事故の際に自衛隊の到着が遅れたというのは中曽根康弘がそのような指示をした(空白の14時間)のではないか?という情報があります。今回の記事のリサーチで実は日航機墜落事故の後に自衛隊の人がこの事故の件について悩みながら話していたという情報があります。おそらくこの後に90人の自衛隊員が自●したということが考えられます。日航機墜落事故で520名の方が亡くなっていますが、その人たちの命以上にいったい何を隠したかったのか?ということが僕には全く分かりません。日航機墜落事故で亡くなった人のご冥福をお祈りいたします。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク