大月孝行(福田孝行)の生い立ちや光市母子事件についてのまとめ!

Pocket

今回は大月孝行(福田孝行)の生い立ちや光市母子事件についての気になる情報について書いていきます。とても悲惨な事件であり今もなお多くの人の関心が寄せられる事件ということで事件の周辺情報についても触れていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

大月孝行(福田孝行)の生い立ちについて。光市母子事件の加害者家族特に父親がクズ過ぎる!

光市母子事件の犯人の名前は福田孝行と言いますが、その後大月純子と養子縁組したことで名前が大月孝行となりました。この光市母子事件は犯人が18歳1ヶ月の少年が起こした事件で事件の残酷さやその後の判決の行方についても多くの人の関心が寄せられました。

詳しくは記事文中で書いていきますが、その前にこの福田孝行の生い立ちについて調べていきます。このような凶悪犯罪を起こした要因が実は生い立ちが関係しているということです。福田孝行の父親が超絶クズな人間であるということが分かっております。

この父親は嫁(つまり福田孝行の母親)に日常的に暴力をふるっていたことやギャンブル癖があり、家にお金を入れなかったということがかさなって福田孝行が中学校1年生の時に母親は自●しています。そしてその後にこの父親はフィリピン人女性と再婚したということです。もちろん福田孝行のしたことは許されることではないですが、このような生い立ちや家庭環境も事件を起こすことの要因になっていたのではないか?と僕は思います。

そしてここからは福田孝行の起こした事件について書いていきます。

【光市母子殺害事件】山口県光市で犯人・福田孝行が母子を●した事件です。

福田孝行が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で入り、母親と子供(娘)を●した事件です。母親が強姦に抵抗したために●した。窒息死だったようです。そして生まれてすぐの子供(娘)を床にたたきつけて●したということです。

やることが鬼畜すぎます。そしてここから異常なことを考えたようです。実はこの事件について関心が高い内容なのでそのことについてここから書いていきます。

大月孝行は本村弥生と娘を●し、ドラえもんが何とかしてくれると思ったらしい?!

福田孝行は本村弥生親子を●してその遺体を押し入れに押し入れにいれました。そしてこの遺体を押し入れに入れたことに対して福田孝行はドラえもんが何とかしてくれると感じたようです。

だいぶ鬼畜を通り過ぎているのではないか?と僕は思います。この記事の読者さんも思っているでしょうが、この現実世界にドラえもんはいないです。

この時点で頭がわいてるなという感じですね。そして実はこの事件に関係する単語のドラえもんについてこのようなことも言われています。

ドラえもん弁護士の犯人・福田孝行を擁護する発言について考察!

実は福田孝行が起こした事件についての弁護士が言う内容が何なんだろうか?ということでネット上ではドラえもん弁護士という言葉が出ています。なぜそういわれるのかというと福田孝行が●した母子の母親が自分の亡くなった母親に似ているということから実は●すつもりはなかったという弁護をしていました。

このような犯人擁護の姿勢やドラえもんが何とかしてくれるという福田孝行の発言からドラえもん弁護士という名前がネット上で言われ始めたようです。この弁護士は死刑反対論というスタンスで福田孝行の弁護をしていましたが、犯罪者に対して寛容すぎるんじゃねーのって僕は思います。

スポンサーリンク

そして事件を起こした後に福田孝行が書いた手紙の内容についても大きな衝撃となりました。間違いなく鬼畜だなと僕は感じる内容です。そのことについて触れていきます。

光母子事件後に大月孝行(福田孝行)が書いた手紙が衝撃的だった!

事件を起こした後に福田孝行の書いた手紙が衝撃的な内容ということで注目されました。

誰が許し、誰が私を裁くの?そんな人物この世にいないよね神に成り代わりし、法廷の守護者たち?裁判官?サツ?弁護士?検事たち?私をさばける者はこの世にはいない。2人は帰ってこないんだから。この世に霊がいるんだったら、法廷に出てきてほしいなあ。何が神だろ?サタン?ミカエル?ベリアル?ガブリエル?ただの馬鹿の集まりじゃねえか

このようなことを手紙に書いています。ここからは僕の憶測ですが、きっと自分は死刑にならないと思っていたんでしょうね。

さらに自分は選ばれた人間だから悪さをする権利があるというような頭がわいているようなことを手紙に書いていました。完全に日本の死刑制度をあざ笑うかのような発言とも取れます。

日本には死刑反対論を唱える人がいるのでこの判決はどうなるのか?ということに多くに人の関心が向いていました。ここからはそのことについて触れていきます。

大月孝行(福田孝行)は死刑判決が下された。

福田孝行が事件を起こしたときの年齢が18歳だったということでもしかしたら構成の余地があるのではないか?ということが言われて1・2審の判決は無期懲役でした。

このまま死刑にすることは難しいのかな?という感じもありましたが最高裁が差し戻しで死刑判決に持っていきました。この時も福田孝行のドラえもん弁護士が様々なことを言っていましたが、最高裁が死刑を確定して福田孝行は現在死刑囚として広島拘置所に収監されているということです。

未成年ということでなかなか死刑判決が難しかったようですが、事件の悲惨さから死刑が確定したということです。僕の感想ですがこのような残虐な事件を起こしているので死刑判決が下されて当然だと思います。この母子●害事件の悲惨なことは母親もそうですが生まれてすぐの子供(娘)を床にたたきつけて●したそして押し入れに遺体を隠してドラえもんがなんとかしてくれるとかいう人間は鬼畜すぎますから。

そして実はこの事件で多くの人が関心が寄せる内容としてこの●された母子の家族つまり旦那さんということです。最後にそのことについて触れていきます。

本村洋は光市事件後に再婚した。気になる現在はどうしているのか?

実はこの母子●人事件の家族の名前を本村洋といいます。この本村洋は事件後に再婚しています。この再婚についてもいろいろな意見があるようですが、僕的には再婚して良かったのではないか?と思います。

本村洋は福田孝行がもし死刑にならずの社会にでてきたら自らの手で●すと決めていたようです。憎しみが憎しみをうんで膨らむ前に本村洋が再婚して現在は幸せに生きていっていることを僕は望みます。福田孝行という鬼畜な人間に嫁と子供を●されたいかりや切なさそして悲しみは他の人には理解できないものだと僕は解釈しています。

ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク