池袋駅構内大学生殺人事件について考察!

Pocket

今回は池袋駅構内大学生●人事件について調べていきます。この事件は犯人が逮捕されていないんですが、実はこの事件もおかしなところがあります。気になる情報を厳選していきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

池袋の構内で大学生が暴行されその後に死亡した事件です。

今回の事件ですが池袋駅の構内で立教大学の大学生が暴行されて、そのときに倒れた時にあたったところが悪く、その後に病院で死亡したという事件です。この事件実はすでにここまででおかしな点があります。大学生が男にからまれているということですが、このからまれた大学生の特徴から考えるとかなりの違和感があるということです。いったいどういうことなのか?ということについてここから触れていきます。

なぜ小林悟という人が事件にあったのか?ということが疑問な件について。

この事件を調べていて僕が疑問に感じることがあります。それはこの事件で●された被害者の性格です。被害者の名前は小林悟という方ということが分かっていますが、この人は真面目な性格だったということが分かっています。そして喧嘩をするようなタイプの人ではないということも分かっています。いったいなぜこのようなタイプの人が暴行されるということに疑問が残ります。大学生ということでもイケイケな男であり、喧嘩をしたりされたりという人間であれば事件に巻き込まれるということも考えられますが、かなり考えにくいという部分にも不可解な点が残ります。さらにこの事件に関する疑問点について触れていきます。

池袋駅構内大学生殺人事件に関する不可解な点について。

この事件の不可解な点はいくつもあるんですが、大きく僕は3つのことが疑問となります。

★①:この事件が起こった当日多くの目撃者がいたにもかかわらず誰も小林悟のことを助けなかったということ。

★②:事件の後に病院に運ばれたが、病院で医師が命に別状はないという判断をしたがその次の日に亡くなっているということ。

スポンサーリンク

★③:犯人の似顔絵が分かっているが、まったく犯人が逮捕される様子がないということ。犯人の特徴は年齢・身長・顔の特徴からの似顔絵が公開されている。さらに情報も寄せられているということだが進展していないということ。

僕はこの事件の理解が厳しいところはこの3点だと思います。まずなぜ事件当日多くの人が見ていたにもかかわらず誰も助けなかったのか?ということですね。もし誰かが助けるあるいは助けないまでも警察に通報していれば何かしら展開が変わっていたと考えられます。しかし誰も何もしなかったということがこの事件の問題点でもあると考えられます。そしてこの事件ですが病院の対応もかなりおかしいと思います。事件をおこしたときに小林悟は前頭部の骨折と後頭部に失血があったということが分かっていますが、頭に怪我をしていたにもかかわらず病院が命に別状ないと判断したことにもかなりの疑問が残ります。さらにこの事件では犯人の似顔絵でほとんど人物を特定できそうにもかかわらず犯人逮捕には至っていないということです。このようなことから考えるとこの事件は単に大学生が●された事件であるというだけではないとも考えられます。最後に僕の解釈を書いていきます。

日本の未解決事件とされているこの池袋事件の犯人は逮捕されないのか?

ここから書くことはこの事件に関する僕の考えや解釈です。正しいかどうか?あるいは確証があるのかないのか?ということはわかりません。そのことを理解の上参考にしていただければと思います。おそらくこの事件に関して警察は何かしらのことを分かっていると思います。犯人そのものを分かっているのか?あるいは犯人と思しき人間について分かっているのかどうかわかりませんが・・・何かを隠しているのではないか?あるいは警察が関与できないあるいは捜査できない何かしらの圧力がかかっているのではないか?と思います。このような裏事情があってこの事件が未解決事件になっているのではないか?と僕は思います。このような事情があると犯人にはたどりつけないなと思うので悔しいなと思いますね。亡くなった小林悟という方のご冥福をお祈りいたします。今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク