霧積温泉女性殺人事件について調査してみました。

Pocket

今回は霧積温泉女性●人事件について調べていきます。現在からかなり前の事件ですが、犯人が逮捕されずに未解決事件になった事件です。この事件の気になる情報について調べていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

霧積山女性●人事件という未解決事件について。

今からかなり昔になりますが、1972年におきた●人事件で犯人が逮捕されずに時効となってしまった未解決事件です。事件の内容ですが、被害者の女性が群馬県の霧積温泉にとまってその帰り道に行方不明になってしまい、その後に遺体として発見された事件です。この事件の恐怖とされていることについてもう少し詳しく触れていきます。

被害者が悲惨な状態で●された怖い事件ということです。

この事件で注目されていることは被害者女性が宿泊した温泉から帰るときに歩いて帰ると3時間以上もかかってしまうということが言われたにもかからわず、この被害者女性は温泉から歩いて帰ったということです。バスも利用せずに被害者女性はひとりであるいて山道を降りていったんですが、その途中で全く行方が分からなくなってしまいました。娘が帰ってこない家族が警察に相談して一緒に探しに出たところ、温泉宿の近くに小さな小屋があり、そこに被害者女性の遺体があったということです。しかも遺体の状態が心臓をえぐられたうえに全身を数十か所刺されていたということから極めて悲惨な●人事件ということです。怖いということを飛び越えて怖すぎる事件だと思います。被害者をこのように鬼畜に●した犯人は逮捕されていないということです。またこの事件で被害者の遺留品として写真が出てきましたが明らかに誰かほかの人物がといった写真ですが、この写真をとった人物に関しても全く分かりません。写真をとった人物に関する情報が出たんですが実は全くのガセ情報でした。犯人に関しては警察も捜索しましたが、手掛かりがなく時効となってしまいました。そして実はこの事件に関してというか被害者に対してネット上であることが言われています。そのことについて触れていきます。

スポンサーリンク

ネット上では霧積温泉女性殺人事件の被害者女性が発達障害となぜ言われるのか?について。

この事件の被害者女性に関してネット上では発達障害なのではないか?ということがささやかれています。僕の感想ですが、悲惨な形で亡くなっているにもかかわらずなぜそのようなことが言われるのか?ということが疑問ですが気になったので調べてみました。

★被害者女性は実はこの温泉旅館にくるのが3回目ということだったにもかかわらず、どれだけ激しい道ということがわかっていても帰りに歩いて帰ろうとしたということ。

僕の解釈ですが発達障害かどうかわかりませんが、久しぶりにきたから帰り道は歩いて帰ろうと考えたのかな?と思いますが、そのことが要因で事件が起こってしまったという可能性が極めて高いですね。この事件では犯人が逮捕されていないということに注目があつまりますが、この被害者女性はなぜ温泉宿から3時間もかかる山道をひとりであるいて帰ろうとしたのか?ということについて気になる人がいるみたいなので少し触れてみました。今から50年前近くの事件ということで時効が成立していることから事件の真相が分かることはないのかもしれませんが、この事件の被害者のご冥福をお祈りいたします。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク