赤報隊事件の真相は現在も不明だが、統一教会がなぜ噂に出るのか?を考察!

Pocket

今回は赤報隊事件について調べていきます。この事件は時効となっており未解決事件ですが今もなお多くの人の関心が高い事件です。そしてこの事件はかなり難しく複雑なことが多いです。そしてこの赤報隊事件に関しては統一教会という宗教が関係しているのではないか?ということもよく話題になります。なぜこのようなことが言われるのか?ということも含めてわかる限り調べていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

赤報隊事件について。また真相は現在も不明ということも考察!

赤報隊事件というのは朝日新聞のなかにきた犯人がひとりを●し、ひとりに怪我を負わせた事件です。この事件の犯人はその後逮捕されておらず時効を迎えました。そして今現在では未解決事件となりました。そしてここから気になることについて触れていきます。

朝日新聞と赤報隊の関係について。

実は赤報隊事件が●したあるいは怪我をさせたという人物についてですが、朝日新聞のなかで統一教会のことについてアンチをかましていたということが分かっています。もちろんこのことがはっきりとは分かっていないところもあるので真相は不明というところではありますが。ただし●された記者は統一教会に関する否定的な記事内容を出していたということが分かっています。具体的にどういうことなのか?ということですが、この時期に統一教会が霊感商法で宗教を拡大していたということを朝日新聞が報じていたことを統一教会の文鮮明という教祖がよく思っていなかったということです。実際に文鮮明は朝日を攻撃しろというようなことを言っていたという情報もあります。このようなことからより黒い噂が深まっていきます。

赤報隊事件に統一教会という宗教団体が関与しているという黒い噂について。

ここまでの流れから実は赤報隊事件に関しては統一教会が関係しているのではないか?ということがささやかれています。ここからは分かっている限りの情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

★朝日新聞は統一教会の霊感商法を否定していた

★統一教会は事件当時全国に鉄砲を扱う店を経営していたということから銃を容易に入手できたのではないか?ということが言われている

★朝日新聞に統一教会を批判するなという脅迫文が届いているということ

★事件に使われた銃と同じ弾の箱が入っていたことやこの差出が統一教会の本部と同じ消印から出されていたということ

ここまでの情報を考慮すると赤報隊事件に統一教会が関係していたのではないか?ということが十分に考えられます。そしてこのように考えたり思っている方は多くいらっしゃいます。しかしこの事件の闇というか謎について最後に触れていきます。

赤報隊事件の最大の謎について。

実は赤報隊事件に関して調査していた時に不可解なことが起こっています。警視庁の幹部あるいは警視庁からこの事件に関して捜査をこれ以上するなというストップがかかったということです。またこの前後の時期にあわせて朝日新聞も統一教会に関する否定てきな記事をさげていったということです。ここの段階で赤報隊事件に統一教会が関係しているのではないか?ということが十分に考えられますがそれ以上のことが分からないということです。僕の解釈ですが、統一教会という宗教の背後には何か強力な後ろ盾があるのではないか?ということが考えられます。それが何かということはわかりません。ここまで関連する内容が分かっているにもかかわらずその先に行けないということは明らかに何かがあるということです。そしてこれは僕の憶測ですが、もしかしたら統一教会の黒幕が何かしらこの赤報隊事件に忖度していたんじゃないか?とも考えられます。あらかじめ朝日新聞の3人の社員が襲われることを実は分かっていたのではないか?その黒幕は分かりません。そしてこの赤報隊事件の闇は警察の捜査をストップさせる力が働いたということからも事件の闇の深さが感じられるということです。いろいろ分からないことが多い日本の闇を含んでいる事件ですね。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク