伊丹十三の死因の真相は不明だが、本当は●されたのではないか?!

Pocket

今回は伊丹十三の死因について調べていきます。表向きは自●ということになっていますが、おかしいと感じている人が多くいます。僕もおかしいと感じます。いったいなぜそのように感じるのか?ということについて調べていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

伊丹十三が自ら命をたった可能性は極めて低いという件について。

伊丹十三は自ら命を絶ったということになっていますが。明らかにおかしいと感じる人が多いということです。週刊誌の報道では不倫したことが原因で自ら命を絶ったということになっています。遺書がありますが、この遺書がおかしいです。伊丹十三は生前には文字にこだわりをもっていましたがワープロでうたれていました。もしも不倫していたということが本当であっても伊丹十三が自ら命を絶つことは考えにくいということを周囲の人間がいっています。このことから考えられることは自ら命をたったようにみせかけて●されたということです。そして●される原因ではないか?ということについてふたつ考えられる可能性がありますのでひとつずつ触れていきます。

伊丹十三は医療廃棄物の闇を追求していたから●されたのか?

伊丹十三は亡くなる5日前まで医療廃棄物の闇をおっていました。医療関係者が廃棄物を不法に捨てているということがわかっています。そして伊丹十三はこの医療廃棄物問題の内容に関する映画を製作しようとしていたということも言われています。しかし気になるのがこのようなことではたして●されるものなのでしょうか?という疑問が残ります。そして実はもうひとつが某宗教団体という噂です。この某宗教団体ですが、実は警察にも睨みがきくということやマスコミもいのままに操れるということが言われています。ということでこの某宗教団体について触れていきます。

スポンサーリンク

伊丹十三の死因の陰にちらつく創価学会について考察!

実は過去に伊丹十三は893である後藤組に襲われています。これを伊丹十三襲撃事件といいます。この犯人は893である後藤組ということがわかっています。後藤組の5人に刃物で刺されたりして重傷をおっています。なぜ襲われたのか?というとミンボーの女という映画をつくったことで今までの映画の概念をかえたからです。今までは893はかっこよいということでしたが、それを悪ということに全く変えたということです。そしてその後に伊丹十三は●されています。この●された理由としては伊丹十三が創価学会と後藤組の繋がりを示す映画をつくろうとしていたからではないか?と言われています。おそらくこのことを気に入らないと感じた創価学会と後藤組が結託して伊丹十三を●したということが考えられます。後藤組と創価学会は密接に関係があるということを組長の後藤忠政が憚りながら という本でも記しています。このことから創価学会と後藤組で伊丹十三を●したと考えられるということです。ちなみに創価学会は公明党を通じて警察に睨みがききます。警察も創価学会のしたということです。また創価学会はマスコミのスポンサーに入っていることからマスコミも創価学会の不利になる情報は出しません。このようなことから総合して考えると伊丹十三は創価学会に●されたのではないか?ということになるという可能性が極めて高いと僕は思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク