日航機墜落事故と自衛隊に関するタブー話に関して考察!

Pocket

今回は日航機墜落事故と自衛隊のタブーについて書いていきます。今回の記事内容は真相不明です。証拠がないからです。言い方を変えるならば証拠や確証はほとんど消されているからといったほうがいいのかもしれません。しかし全くないわけではありません。目撃情報や周辺情報をつないでいくとこう解釈できるのではないか?ということが考えられます。そのような考えられる可能性を組み合わせて日航機墜落事故と自衛隊の関係やタブーとされている話に切り込んでいきます。最初にお伝えしますが、閲覧注意の内容です。しかしこの記事をご覧いただければ読者さんがいまいちわからないなと思っていたことが少しは分かるのではないか?と僕は思うので僕なりの解釈を順番に書いていきます。

スポンサーリンク




日航機墜落事故に関するテロップに自衛隊内部で銃撃戦が出たという報道について。

実は日航機墜落事故が発生した日の当日の夜にnhkのニュースがテロップで流れました。その情報はこのようなものでした。

ただいま入った速報によりますと、現地に救援に向かった自衛隊内部で、銃撃戦が行われ、死傷者多数が出た模様です。

この内容は何なんだと思いませんか?なぜ救出に向かう自衛隊の中で銃撃戦がおきたのか?ということを僕なりに考えて書いていきます。この自衛隊内部とありますが、実はここを深堀していくととんでもないことがわかります。いったいどういうことかについて書いていきます。

中曽根康弘の指示でヤタガラスという自衛隊が動いたのか?

実は日本の自衛隊にはヤタガラスという戸籍を持っていない自衛隊員がいるということが分かっています。このヤタガラスというのはオカルトとかではなく、戸籍をもたない自衛隊の特殊部隊ということです。そして日航機墜落事故に関して必ず出てくる中曽根康弘の墓場までもっていくというのはこのヤタガラスという自衛隊を動かしたということかもしれません。もちろん真相はわかりません。さらに気になる情報について触れていきます。

123便にミサイルが当たったという説について考察します!

日航機墜落事故には様々なことが言われます。ここではその中から僕の気になる情報について触れていきます。実は123便にミサイルが当たったのではないか?ということですが、なぜこのようなことが言われるのか?という根拠について書いていきます。目撃情報ではオレンジ色の閃光をみたあとに飛行機が消えていったとか赤い炎をあげて飛行機が消えていったといった情報があります。さらに二度ほどパッパッと光ったという情報もあります。このことから考えられることが123便にミサイルが当たったことでパッパッと光ったのではないか?ということが予測できます。このことから考えると単純に飛行機が墜落したということではないか?ということの根拠になります。そしてミサイルが当たったのではないか?と考えられる理由としては亡くなった人の遺体にもつながっていきます。亡くなった方の遺体がひどいことまた飛行機の前と後ろの差が激しすぎるということも違和感のひとつになります。亡くなった方の遺体は飛行機の後ろ側から見つかったということで飛行機の前の方は原型をとどめていなかったということです。飛行機の事故ならばこのようなことが起こること自体おかしいと思いませんか?さらに気になるこのような情報もあります。

スポンサーリンク

ミサイルの証拠となる遺体はすべて自衛隊の特殊部隊が持ち帰っていた?

もしもこの123便にミサイルが的中していたということが本当であるならば、このミサイルが当たった証拠や遺体は自衛隊の特殊部隊が持ち帰っていたのではないか?とも言われています。このことに関しては自衛隊は人命救出よりも何か他のことを優先していたということが言われているので、実はそれがミサイルが当たった遺体や証拠となりそうなものを持ち帰っていたと考えられませんか?ここからは確証がなくわかりませんが、この特殊部隊がヤタガラスなのかあるいは他の可能性も考えられます。在日米軍には在日朝鮮人を集めた部隊がいると言われており、考えられる可能性はヤタガラスと自衛隊あるいは在日朝鮮人と自衛隊の共同行為だったと考えられます。そしてこのことを考えるとこの話にも説明がつきます。

日航ジャンボ機墜落事故にかけつけた自衛隊の人が射殺された?!

日航機墜落事故でよくきく自衛隊の人が射殺されたという話ですが、人命を優先しようと考えた結果と言われますが、僕の解釈ではまだこのミサイル処理が終わっていないところに入っていこうとしたということが考えられませんか?ちなみにこの自衛隊の人が●されたということから考えると在日朝鮮人の特殊部隊と自衛隊の共同行為と考えられます。アメリカの在日韓国人や在日朝鮮人の戦闘プロ集団であればミサイルの処理を見られたということであれば●してもおかしくないと思います。そして最後に真相不明の噂について触れていきます。

日航機墜落事故は自衛隊の特殊部隊がミサイルを撃ち込んだことなのか?!

実は日航機墜落事故は自衛隊の特殊部隊がミサイルを撃ち込んだのではないか?という説があります。はっきりした証拠がないですが、飛行機の中はほとんど焼かれていたことや操縦していた人の遺体がなかったということからおかしすぎると思います。いったいなぜ自衛隊の特殊部隊がミサイルをうちこんだのか?という目的は分かりません。そして自衛隊の特殊部隊がミサイルを撃ち込んだ証拠もありません。しかしこのことから考えられることはこの日航機墜落事故の後に自衛隊員が90人自●しているということにつながるのではないか?と僕は思います。今回の記事は僕が今まで日航機墜落事故に関して調べてきて思ったことを書いてみました。正しいかどうかはわかりません。しかしこのようにも考えられる可能性があると思います。あとは読んでいただいた読者さんにお任せします。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク