井の頭公園バラバラ事件の真相は不明のままな件について考察!

Pocket

今回は井の頭バラバラ事件について調べていきます。僕は今までこの井の頭バラバラ事件について調べてきたんですが、なかなかわからないなと悩むことがあったので今回は僕がいろいろとリサーチして実はこうなのではないか?という解釈を書いていきたいと思います。もしよければ最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

信じるか信じないかは読者さんにお任せいたします。

今回の記事の内容は僕の思うことがたくさん含まれているのでこの内容について信じるかあるいは信じないかは読者さんの判断にお任せいたします。僕の書いた内容が正しいともいいません。僕はそのように解釈しているというひとつの参考にしていただければと思います。まずひとつめですが、この事件の被害者が露天商と場所の件でいざこざになっていたという情報がよく出回っていますが、この話がそもそも間違っているということが言われています。吉祥寺界隈の893の間ではそんなことはないという情報があります。僕の解釈ですが、この事件は人々の目線をそらそうとして様々なことが言われているということを感じます。続いて気になる情報について調べていきます。

井の頭公園バラバラ事件が未解決になった要因は某宗教の事件が関係しているのか?

井の頭バラバラ事件は時効ですでに未解決事件となっています。その要因としては同時期にオウム真理教という宗教の地下鉄サリン事件が起こったことで警察がそちらの捜査に当たりこの事件に注力が注げなかったということが言われていますが、このことは本当だと思います。またこの事件の被害者は川村誠一という方であることが分かっていますが、世田谷区高井戸にある宗教に通っていたことがこの事件に関係しているのではないか?という報道もありますが、このことはこの事件とは無関係だと思います。そしてここからこの事件の中心部分に迫っていきます。

スポンサーリンク

井の頭公園バラバラ事件の死体がおかしな件について。

この事件の最大の謎といいますかあるいは鍵となると考えられる部分がこの事件の死体です。遺体の切断方法が20cmに均等に切断されており、井の頭公園のゴミ箱に入る大きさになっていました。また遺体の血液が全て抜き取られており、指紋が全て削られていたということが分かっています。このことからこの事件の犯人はプロである可能性が非常に高いということです。人間の遺体から血を全て抜き取るということは一般の過程では難しいと言われています。一般家庭の風呂場だと排水が詰まってしまうということでしょうね。つまり一般人が風呂場で行うということは難しいということです。また指紋をすべて削るというのも一般人には無理だと思います。そして事件後に警察の発表では遺体の30%しか見つかっていないということです。このことから考えられうのは臓器をとったのではないか?ということです。このことについても後で詳しく触れていきます。そしてこのような情報から憶測が出るわけですね。

井の頭公園バラバラ事件は某国の工作員がやったのか?

この事件に関しては某国の工作員が行ったのではないか?ということも言われています。某国というのは北朝鮮なのではないか?という噂が出ており、このようなプロの手口ということでこのような解釈にいたったということです。僕もそうだろうなと思うんですが、そのことを踏まえて最後にまとめを書いていきます。

井の頭公園バラバラ事件の裏側には完全な臓器売買ビジネスが隠れているのではないか?!

この事件では指紋や血液という証拠をすべて隠しており、いわばプロの犯行であるということがわかります。そしてこの事件とどのように関係してくるのか分かりませんが、吉祥寺にはものすごく評判の悪い病院があるみたいです。実はこの吉祥寺の評判の悪い病院で臓器売買ビジネスが行われていたのではないか?と考えられます。某国の工作員と病院が結託して臓器売買ビジネスをしていたというのがこの事件の裏側ではないでしょうか?ちなみに人間の身体はお金に換算すると総額30億円といわれており、その中でも臓器がもっとも高値で売られるということも分かっています。またここからの話は正しいかどうかわかりませんが、オウム真理教は北朝鮮と関係があるというような噂もありますのでもしかしたらそのことが何かしら関係しているのかもしれないですね。この井の頭公園バラバラ事件というのは日本の闇が隠されている事件だと僕は思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク