名張毒ぶどう酒事件の犯人とされた奥西勝は実は冤罪なのか?を考察!

Pocket

今回は名張毒ぶどう酒事件について調べていきます。この事件は犯人が分かっているということになっていますが、多くの謎を含んでいることから実は冤罪なのではないか?という解釈が浮上しています。真相は闇の中ですが、いったいなぜそのような冤罪説が出てくるのか?あるいはこの事件の真犯人と噂されている人についても調べていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

名張毒ぶどう酒事件について。

今回調べていく名張毒ぶどう酒事件という事件はどのような事件なのかということですが、1961年3月28日に名張市で発生した毒物混入●人事件です。三奈の会という男女が集まるところで17人の女性が急性中毒になりました。この女性たちはみなぶどう酒を飲んでいたということからこのぶどう酒に毒物が混入されていたということです。17名の中で5名が亡くなったという悲惨な事件です。このぶどう酒に入っていた毒物はニッカリンというものでした。このニッカリンがのちに大きなことになりますが、そのことについては後ほど触れていきます。そしてこの事件に関して実は犯人なのではないか?という疑いが浮上した人が3人います。

奥西楢雄という三奈の会の会長

石原というぶどうしゅを会長に運んだ人物

奥西勝

そしてここからは少し僕なりの解釈でこの事件について迫っていきます。何回も裁判がされているという情報もありますが、様々な情報がありなかなか事件の核心部分に迫れません。ということで事件の中核に迫るために必要な情報を厳選していきます。

奥西勝がなぜ犯人と言われるのか?また犯人ではない冤罪の可能性について。

犯人の可能性は3人いましたが、なぜその中で奥西勝が犯人なのではないか?ということになるのかということについて触れていきます。奥西勝本人の言い分では警察に自白を強要されたということを言っています。このことだけでは判断がつきません。そしてこの事件に関しては何回も裁判がされており、最初は無罪だったものが途中で有罪になったとかと様々なことがあります。しかし僕がこの事件に関して注目している点があります。そのことについて触れていきます。実は事件後に犯行に使われた毒物であるニッカリンに関して検査されたことがあります。この検査で分かったことですが、

ペークロ試験の結果、ぶどう酒にニッカリンを混ぜると24時間以上が経過してもトリピロという成分が検出されることが分かりました。しかし名張毒ぶどう酒事件で飲み残こされたぶどう酒からはトリピロは検出されなかったのです。この毒物鑑定で、名張毒ぶどう酒事件で犯行に使われた毒物がニッカリンではないことが証明されました。

この引用記事情報は何を意味しているのか?ということです。奥西勝の犯行に関する自供ではニッカリンをぶどう酒に入れたと言っていますが、実はぶどう酒にはニッカリンは入っていなかったということになります。このことから奥西勝の冤罪の可能性が極めて高くなります。犯人の犯行自供が異なっていたということから明らかな違和感を残した形で進んでいきます。そしてこのようなことがありましたが、どんどんと事件が警戒していき展開が大きく変わっていきます。そのことについて触れていきます。

スポンサーリンク

名張毒ぶどう酒の事件の真相は奥西勝が死亡したことで闇の中へはいってしまった。

奥西勝の裁判ですが、実はすごく長引いたことで奥西勝は肺炎ということで体調を悪化して89歳という年齢で亡くなりました。約50年近く奥西勝は自分は冤罪であるということを主張していました。僕の解釈ですが、奥西勝は犯人ではないと思います。そしてこの事件の注目点としては司法のありかたです。奥西勝は犯行を犯していないのではないか?ということをきっと司法の人も感じていたのではないかな?とも考えられます。もちろん奥西勝が班員なのか?犯人ではないのか?ということはわかりませんが、犯人ではないということから考えれば約50年間刑務所でおびえて生きていたということになります。おそらくこの事件について関心を持っている人は思うでしょうし、僕も思いますが奥西勝は長い間刑務所におり年齢的なことで亡くなるかあるいは死刑が執行されて亡くなるか?といういずれにしても刑務所で最期をとげるという末路になってしまうということです。冤罪の可能性を多く含みながらも毎日死刑になるということを恐れながら生きることがどれほど辛いことかというすごく考えさせられる事件です。そしてここからこの事件の核心に迫っていきます。実は他に犯人がいるのではないか?という説について触れていきます。

名張毒ぶどう酒事件の真犯人が会長(奥西楢雄)という噂の出所は北浦ヤス子という美人女性か?

実はこの事件の犯人とされていた奥西勝ですが、亡くなった女性の中に妻と愛人がいたということから犯人なのではないか?ということも言われました。しかしここで一回たちどまって考えます。この事件の犯人の候補に挙がった三奈の会の会長である奥西楢雄は北浦ヤス子という美人女性と愛人関係にあったという噂があります。一度ここで整理しますが、実は奥西勝と奥西楢雄と北浦ヤス子は関係があったということが言われています。つまり奥西勝と奥西楢雄は兄弟ということ。さらに北浦ヤス子に奥西楢雄の妻が別れるようにいっていたという情報もあり、このことから奥西楢雄が真犯人なのではないかという噂が出ているということです。あるいは奥西楢雄の妻も関係しているのではないか?といった憶測も出ています。このようなことを踏まえてさいごにまとめを書いていきます。

名張毒ぶどう酒事件の裏に潜む問題点地域村八分の問題について。

実はこの事件がおこった場所というか村にも問題があったのではないか?と言われています。村がとても小さいことから奥西勝が犯人として逮捕されたときは村中が安心したようです。しかし実は犯人ではないということになったら奥西勝の家族に嫌がらせがされたとも言われています。食事中に家族に土下座しろとかといわれたり。まさに村八分ということです。もしも奥西勝が犯人ではないことが証明されると村の中に真犯人がいるということになり、村が不安になるということでこの事件は奥西勝が犯人ということでおわることが望まれたと言われています。つまり村八分の問題が関係しており、奥西勝の冤罪説はでては不都合だったということだと僕は解釈しています。この事件の裏側には実は村八分という大きな問題が隠されていたということだと思います。もっというと日本の部落問題が関係しているとも考えられる闇の深い問題ではないでしょうか?今回僕は記事のリサーチでこのように感じました。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク