パブロンやブロンといった市販薬は容量を守らなくてはいけない理由を考察!

Pocket

今回はパブロンやブロンという市販薬の容量を守らないととんでもないことになるという注意喚起を僕なりに調べてまとめていきますので最後までご覧いただければと思います。もしも心当たりのある方は最後まで読んでいただければ何かしらの参考になると思いますのでご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

元気の前借りをすると後でとんでもないことになります!

最近はストレス社会なので多くの人が悩んで生きています。もちろん僕も毎日悩みながら生きています。学校や会社といったところで様々なストレスや人間関係を抱えながら過ごしていますが、そんななか元気がなくなってしまって元気の前借りといって一般的に売られている風邪薬を必要以上に飲む人がいるということが問題になっています。当たり前ですが、薬は決まった容量を守らなくてはいけません。そして今回の記事で触れていきますが、このような薬を飲むと元気になれるなかなか元気がない時に元気の前借りといって飲む人がいるということですが、絶対にいけません。人間の身体にものすごく害です。一般の薬はそのように作られていないからです。元気の前借りという言葉もなんか切ない気がしますが・・・。今回は二種類の薬について注目していきます。もちろん容量を守って飲んでいれば問題はありません。

パブロンゴールドに依存する金パブ中毒について。

パブロンの中でもパブロンゴールドに依存する人を金パブ中毒というみたいです。ゴールドが金ということからそのことにかけて金パブというみたいです。このパブロンゴールドを毎日飲み続けていき、そこから依存して金パブ中毒になるという流れみたいです。このことに関して何が問題なのか?ということについて調べていきます。

咳止め・風邪薬のパブロンの成分について。

本来は咳止めの薬であるあるいは風邪薬であるパブロンはどんな成分でできているのか?ということですが、ジヒドロコデインリン酸塩というものが含まれており、これはモル●ネに似てると言われています。このジヒドロコデインリン酸塩があることで咳(せき)にきくということです。咳(せき)は人間の身体におかしなものがはいらないということがあり、実は人間の脳みその構造が関係しているということです。しかしそのような目的ではなく大量に摂取してしまうとどうなるのか?ということについて触れていきます。

スポンサーリンク

パブロンの副作用あるいは金パブのod(オーバードーズ)の後遺症について。

実はパブロンを大量に摂取する人がいるということが問題になっています。もしもパブロンを大量に摂取オーバードーズするとどうなるかということですが、覚●剤よりもきつい副作用あるいは禁断症状さらには後遺症が出ると言われています。後遺症としては体中がいつもだるいとか寝ることができないというひどい後遺症が出るということが分かっています。このようなことから決まった量を守らなくてはいけません。続いてはブロンについて触れていきます。

市販薬のブロンをうつ病対策にする人について。

今度はブロンを鬱病対策に飲むことが危険ということについて触れていきます。うつ病のような状態でブロンを飲むと最初は一時的に気分がよくなると言われています。しかしここに大きな罠があります。そのことについて触れていきます。

ブロンを摂取すると気持ちいいとか離脱症状をなぜ感じるのか?

ブロンを摂取すると気持ちがいいとか離脱症状を感じるといった声があります。これはなぜこう感じるのかというとブロンの成分が関係しているということです。塩酸メチルフェドリンというものが含まれており、これは覚●剤ににた感覚になるということですが、ここから必要以上に摂取してしまうと(オーバートーズ)パブロンと同様に依存症になってしまい後遺症を引きずってしまいます。実は容易に入手できる一般的な市販薬ですが、摂取方法を間違えるととんでもないことになってしまいます。今の時代はインターネットがあることからさらに手に入りやすいですが、このような市販薬に依存してしまうととんでもないことになってしまうので、容量は守らないといけません。今の時代はストレス社会で生きていくことが容易ではないですが、市販薬の過剰摂取という道は選んではいけません。本当に風邪をひいたり体調が悪い時に飲むことはいいと思いますが、元気の前借りにということで摂取してはいけないということです。僕がリサーチして感じたことは実はこの市販薬の過剰摂取の裏側には現代のストレス社会が大きく関係していると思います。僕の毎日大変ですが、みなさんも健康な精神状態を保って過ごしていただけることを願っています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク