林真須美が冤罪の可能性及び和歌山カレー事件の真相を追求してみた!

Pocket

今回は林真須美が冤罪と言われる理由について調べていきます。多くの人が感じている和歌山カレー事件の犯人は林真須美なのではないか?ということですが、実はおかしな点があるということです。今回は違和感について様々な形で調べていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

林真須美は過去に保険金詐欺でしか犯行をしていない?!

まずは和歌山カレー事件について確認していきます。1988年7月25日におこったカレーにヒ素が含まれて、4人が亡くなった63人が急性ヒ素中毒となった悲惨な事件ですが、この犯人が林真須美なのではないか?と言われていますがなぜ林真須美が犯人なのか?ということが言われるのか?ということです。林真須美には結婚した旦那・林健治という人物がいますが実は夫婦で過去にヒ素を使用した保険金詐欺事件を起こしています。

●林真須美の母親にヒ素を飲ませたことから保険金を1400万円を手に入れた

●ヒ素牛丼を知っている人物に食べさせて539万円をてにいれた

●ヒ素入りうどんを知り合いの男性に食べさせたが、保険金を手に入れられなかった

とこのように林真須美は過去にヒ素を使った事件を起こしております。つまり和歌山カレー事件にもヒ素が入っていたということから林真須美が犯人なのではないか?と疑われたということです。しかしここで大切なことがあります、林真須美の犯行はヒ素と保険金がセットということです。このことを踏まえて事件について考えていきます。

林真須美が冤罪となぜ言われるのか?和歌山カレー事件の動機が全く不明だから!?

ネット上で検索すると林真須美+冤罪という単語が出てきます。実は和歌山カレー事件において林真須美が犯人ではないのではないか?と考える人がいるということです。このように考える理由としては林真須美に犯行動機がわからないということです。もちろん状況証拠となるもの(はっきりとはしませんが)があることから林真須美が逮捕されました。僕が疑問に感じることは林真須美は今までの事件では保険金目当てで犯行に及んでいます。今回の和歌山カレー事件ですが、どこにも林真須美と保険金の関係が見えてきません。つまり表現がいいのかどうかわかりませんが、林真須美がヒ素を入れて犯行に及ぶにはそこには保険金が関係しているということです。つまり金のために犯行に及ぶということです。しかし和歌山カレー事件ではどこにも金がないような気がします。このことから林真須美には犯行動機が分からないあるいは犯行動機がないということになり、実は林真須美がやっていないのではないか?という話が浮上するということです。さらにここから気になる情報について触れていきます。

スポンサーリンク

林真須美の次女(子供)が和歌山カレー事件の真犯人なのか?について。

実はこの事件の目撃情報から考えると実は林真須美の子供(次女)が真犯人なのではないか?という可能性があります。目撃情報ではカレーにヒ素をいれた犯人と思しき人物ですが、白いTシャツで髪の毛が長かったということです。事件当日の林真須美の服装は黒いTシャツで髪の毛は短いということです。ちなみに林真須美の次女が白いTシャツで髪の毛が長いということから真犯人なのではないか?と考えられるということですが、今回調べましたが実は林真須美の次女が犯人である可能性は低いということです。なぜそのような解釈になるのか?ということですが、実は和歌山カレー事件で使われたヒ素と林真須美の家にあるヒ素は異なったものであるということが判明しています。このことから解釈すると林真須美の次女が犯人である可能性もかなり低くなってきます。さらに気になる情報について触れていきます。

和歌山カレー事件の真犯人は林真須美ではなく小学生なのか?

実は和歌山カレー事件の真犯人は小学生なのではないか?といった情報もあります。この情報はなぜ出たのか?ということですが、和歌山カレー事件が起こる前に近所でトラブルがおこっていたということから近所の小学生がヒ素を入れたのではないか?ということが言われていますが、この話に関しては確証や情報がないのでわかりません。この小学生が犯人というのはガセネタの可能性が極めて高いということです。そしてここから林真須美が犯人ではないということについて触れていきます。ここからの情報をご覧いただくと犯行に及んでいないのではないか?と感じるかと思います。

林真須美の家にあったヒ素とは違ったことが分かっている!

実は林真須美が事件の犯人ではないということの証明となる情報があります。和歌山カレー事件で使われたヒ素(本当はヒ素ではないかもしれない)と林真須美の家にあったヒ素は全く別物であるということが鑑定されて分かっています。このことから林真須美は犯人ではないということになります。多くの人が誤解しますが、実はこの和歌山カレー事件は警察が林真須美を犯人にでっちあげようとこのような嘘の証拠を作ったということも分かっています。また和歌山カレー事件で使われたものはヒ素なのかどうか?ということもはっきりとわかりません。ヒ素は食べて即効性があることからここにも違和感があります。この事件で使われたものは青酸化合物の青酸ニトリールという暗殺用●物ではないか?と言われています。このようなことまで分かっていることから林真須美は犯人ではないということでしょうね。この和歌山カレー事件のからくりは本当の犯人は分かりませんが、警察もグルで林真須美を犯人にしたてようとしているということが問題ということです。そして最後にまとめを書いていきます。

真相不明だが林真須美は無実という可能性が極めて高いと思います!!

ここまでの流れで林真須美が犯人ではないということがお分かりかと思いますが、林真須美は死刑が確定して今刑務所に拘束されています。きわめてまずい状態ですね。和歌山カレー事件の真犯人は誰かわかりませんが、他におり林真須美にすべて罪を擦り付けてこの事件を終わらせようとしています。林真須美は保険金が入らないことから犯行動機がないことまた家にあるというヒ素が違ったということさらに警察のでっちあげにあったあるいは警察の自白強要にあったということで多くの人が林真須美が犯人と認識していますが実際は違う可能性が極めて高いですね。このようなことから林真須美が冤罪ということあるいは無実ということになるというのが僕の解釈です。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク