池田大作が慶応病院で死亡したという噂について考察!

Pocket

今回は池田大作が慶応病院で死亡したという噂について調べていきます。最初にお断りいたしますが、真相は分かりません。正反対の情報が交錯しています。しかし真相にこそたどり着けませんが、情報を組み合わせるとある程度のことまで分かってきます。さらに実は池田大作の死去に関しては多くの問題が含まれていると言われています。今回は気になる問題点についてわかり限り調べていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

池田大作が脳梗塞であると週刊文春がスクープした件について。

ここ最近池田大作はどうしているのか?ということについて関心を持つ人が多くいます。僕も気になります。そして池田大作に関する情報について週刊文春がスクープ記事をだしました。この週刊文春の記事内容では池田大作は信濃町にある学会系病院南元センターに入院しているということです。池田大作の状態は脳梗塞と認知症ということです。また池田大作は自分で食事をとることが難しく、首から栄養を入れていると言われています。この情報の出所は創価学会の会員の看護師の発言ということから極めて信ぴょう性が高いと考えられます。脳梗塞と認知症を患っているということから火と前にはでれないんでしょうね。そして気になる噂について調べていきます。

池田大作が慶応病院で死亡したという噂は本当か?

実は2012年に池田大作が慶応病院で死亡したという噂があります。

2012年2月2日に、慶応病院で亡くなっています。脳腫瘍だったので、最悪の状態でした。脳腫瘍だけはどんなモルヒネを打っても効かず、痛みが取れない。だから七転八倒苦しみながら死んだのです。

この情報がありますが、真相は不明です。ただしこの情報を出したのは自衛隊の人ということが分かっており、自衛隊の人があえて嘘をつく理由もないと思うので本当だとも解釈できます。池田大作は脳の状態がおかしくなってしまったということから死に至ったということなのかもしれません。しかしポイントなのは誰も遺体を確認していないので真相は分かりません。そしてここから気になる内容について触れていきます。

スポンサーリンク

もしも他界していたら池田大作の死亡発表はいつなのか?

ここまでの流れでは池田大作が他界している可能性は十分に考えられます。そして気になるのはもしも池田大作が他界している場合はいる死亡発表をするのか?ということがきになりますね。ちなみに参考になる情報があります。創価学会は初代の会長が死亡したときも3年間そのことは言わないで隠蔽していたといわれています。ということは今回の池田大作の死亡に関しても隠蔽する可能性が考えられるということです。ちなみに僕の解釈ですが、池田大作の死亡については創価学会は公表しないのではないか?と思います。なぜそう思うのか?なぜそう考えるのか?ということについて書いていきます。

池田大作について真相判明すると創価学会が崩壊するかららなのではないか?!

ここからは僕の解釈を書いていきます。今の創価学会は何がポイントなのか?ということですが、池田大作という創価学会のシンボルあるいはカリスマに価値があると思います。創価学会の今の会長は原田稔(はらだみのる)だが、創価学会の信者が支持してるのは池田大作だと考えられます。創価学会の信者は池田先生といって池田大作をあがめています。そんな創価学会の信者があがめている池田大作が死亡したということが判明したら創価学会という宗教は崩壊するのではないかと言われています。このようなことがあって、創価学会は池田大作が他界してもそのことは公表しないのではないか?と考えられます。池田大作は創価学会になくてはならない人物と言われています。創価学会は別名池田教とも言われている理由がそのことを物語っています。このような事情から池田大作のことを調べてもなかなか情報にたどりつけないのではないか?というのがからくりだと思います。気になっている人がいると思うので、僕なりに考えを今回はまとめてみました。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク