桶川ストーカー事件についての気になる情報のまとめ!

Pocket

今回は桶川ストーカー事件について書いていきます。この事件は多くの人が様々関心をもっている事件であり、今現在も謎めいた部分を残しています。この事件について僕の解釈も含めて書いていきますので最後までご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

桶川ストーカー事件とはどういうことなのか?

桶川ストーカー事件とはどのような事件だったのか?ということですが、埼玉県桶川市の桶川駅前で女子大生が●された事件です。

この●された女子大生は大学に通う途中に自転車を止めた時に犯人に刺されて亡くなりました。そしてここから気になる被害者と加害者について調べていきます。

桶川ストーカ事件の犯人は小松和人。顔画像アリ!被害者の顔画像も紹介。

この写真の上の写真が小松和人という犯人です。下の女性が被害者の女性です。この小松和人と被害者の女性はゲームセンターで知り合い、そこから交際に発展しましたが、この小松和人が破局話を持ち掛けられたことによってストーカー行為を繰り返していたと言われています。

そしてこの小松和人は熱愛交際中に高額なプレゼントをあげたりしていましたが、別れ話がでると今までのプレゼントをしたお金を返せあるいはお金を返せないなら風●で働けというようなことをいっていたいっていたようです。

そしてこの事件で分かっていることですが、この小松和人はいわゆるもぐりの風●店を経営していたということも分かっています。そして小松和人は別れ話をもちかけられたことで自分の兄である小松武史に相談したことでこの兄の風●店の関係者がこの桶川事件を実行したということみたいです。このことについてもう少し調べていきます。

桶川女子大生ストーカー殺人事件の実行犯は久保田祥史だった?!

小松和人と被害にあった女子大生ですが、直接小松和人が●人に及ばずに小松和人の兄である小松武史の経営する風●店の店長であった久保田祥史が●人をしたということで逮捕されたということです。

事件の流れとしては小松和人が兄の小松武史に金銭を渡し、●人をしてくれと依頼したことで兄の小松武史が久保田祥史を使って事件に及んだということです。そしてこの事件の謎めいた内容について触れていきます。

スポンサーリンク

桶川ストーカ事件の犯人は小松和人が自●したことで真相が迷宮入りしてしまった?!

この桶川ストーカー事件を画策した小松和人ですが、実は事件の後に逃亡して北海道の屈斜路湖で自●しています。つまりこのことからこの事件の張本人である小松和人がこの世を去ってしまったことからこの事件の真相についてわからないということです。

この桶川ストーカー事件の判決は小松和人の兄である小松武史は無期懲役そして久保田祥史は懲役18年の判決を言い渡されています。そしてこの桶川ストーカー事件で多くの人が注目している内容について最後に触れていきます。

桶川ストーカー事件の本当の問題は警察の在り方だった!?

実はこの桶川ストーカー事件で大きな注目が集まっている内容が実は上尾警察署の在り方です。実は被害者は警察に亡くなる前に何回も相談に行ったり、告訴しようと告訴状を提出していましたが、上尾警察署はその告訴状を被害届にしたりしていたということが分かっています。

もしも警察が行動をはやくとっていれば事件の結果が変わっていたということが十分に考えられます。また警察はこの事件の記者会見で笑っていたりと考えられない対応の悪さをしており、世間の多くの人が疑問を感じていました。またこの被害者の女子大生がブランド品好きの派手な女子大生であるというような嘘の情報をマスコミに流したということも言われています。

この警察の情報を聞くと被害者女性にも非があるのか?と感じてしまいそうですが、実際はそのようなことはありません。またこの桶川ストーカー事件は




FOCUSの清水潔という記者

がこの事件の真相に関して様々なことから調べて事件の内容を解明しました。この清水潔という記者が警察よりも早く事件の犯人や犯行の実態についても明かしたことで警察の不祥事も明らかになりました。

この事件に関しては多くの人が上尾警察署の在り方に疑問を感じていたということです。僕もこの事件で思いうことがいろいろありました。被害者の女性が警察に相談にいったときにもっと対応早ければ事件はおこらなかったのではないか?と思います。

警察の被害者の告訴状を被害届に改ざんしたというあたりの対応がひどすぎるなと思います。この桶川ストーカー事件の被害者は警察に●されたと解釈している人も多くいるということから本当にこんもずさんな警察の在り方には疑問が残るというところです。

ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク