鈴木俊之という男の子が消えた事件について考察!

Pocket

今回は鈴木俊之という男の子が消えた事件について調べていきます。かなり昔の事件であり情報も少ないですが分かっている情報から考えて憶測していきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

鈴木俊之という男の子が消えた事件について。

今回の事件は1965年におこった事件です。かなり昔におこった事件ですが7歳の男の子である鈴木俊之が遊びに行くと言って外に出てそこから行方不明になったという事件です。気になるのがこの消えた後なんですね。

●消えて二日後に家の近くのホテルに電話がかかってくる

●消えて二日後に親戚の家に電話がかかってくる

●父親の仕事場である旅館に電話してきた

●家の近くに本人かもしれない人物から消えて三日後に電話がかかってくる

この電話は全て女性が電話してきたという情報が分かっております。僕が調べていて思ったんですがこの犯人は顔見知りなんでしょうか?なぜ親戚の家に電話してきたんでしょうか?7歳の男の子に電話番号を聞いて電話してきたのか?ということなのかもしれませんがこのことに関して理解できません。しかもこの電話内容がまたおかしいかんじなのでそのことも考えていきます。ホテルの電話の際は子供が近くでいなくなったのか?というようなことを聞いております。何か探っていたのでしょうか?また親戚の家の電話の時にも子供がいなくなったのか?を確認して身代金を要求しようとしたということですが親戚が電話を投げたということで電話が切れていたということです。はっきりとわかりませんがこの親戚の家からお金をとろうとしたのか?という可能性も考えられます。しかし受話器を投げてしまったことからこの親戚の家からお金が取れないと判断したのかもしれないとも考えられます。また父親の勤務先の旅館に電話してきたということからこの事件の犯人ですが家族のことを知り尽くしている感じがします。身内とまではいかないのかもしれませんが何かしら親しい関係の人間なのか?ということも感じます。この事件だけを考えると犯行動機が分からないということにもなるみたいですが日本国内から子供が消える事件ということと考えれば事件の犯行目的は憶測できます。また気になる情報があり、鈴木俊之が消える3日くらい前に家の近くに黒塗りの大型乗用車が家の近くをうろうろしていたという情報があります。またこの車の中から女性が鈴木俊之を見ていたという情報もあります。また事件の情報として近くのホテルの部屋が使用した形跡があり、このホテルの部屋からおもちゃと女性の口紅があったという情報もあります。もしかしたらこのホテルの部屋に犯人が鈴木俊之を監禁していたのか?と思うんですがこのような情報が分かっていることから警察はこのホテルを調べたのでしょうか?昔の事件なのではっきりとわかりません。この事件をリサーチした僕なりの解釈をここから書いていきます。

スポンサーリンク

犯人の本当の狙いについて憶測してみた。

この事件もそうだと思いますが日本で子供が消える事件の目的は人間の臓●をとって販売することだと思います。このようなことが分かっていることからこの事件も臓●目的だったと考えられます。しかしもしも犯人が知り合いということであればどうなのかな?という疑問も残ります。またホテルで犯人が女性ということで男の子を監禁した後に●したのか?ということも思うんですが疑問が残る部分でもあります。一般的に子供が消える事件は日本の闇組織が暗躍して臓●目的の可能性が高いと思いますが知り合いが関係していると誘拐した後に●して臓●をとって販売したのか?という可能性が考えられます。昔から日本は臓●が不足していることからこのようなことを目的にした事件がなくならないんですね。このような事件が日本からなくなることをいのります。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク