北関東連続幼女誘拐殺人事件がなぜ未解決なのか?を考察!

Pocket

今回は北関東連続幼女誘拐●人事件について調べていきます。この事件は現在も未解決事件ということですが、この事件がなぜ未解決事件なのか?ということや関連するであろう情報について厳選して考えていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

北関東連続幼女誘拐●人事件がなぜ未解決事件なのか?を考察!

今現在もなお犯人が分からない未解決事件とされている北関東連続幼女誘拐●人事件です。僕の解釈ですが、この事件の犯人というか犯行グループは分かっていると思います。ただし犯人あるいは犯行グループが分かっていても逮捕できない状況にあると考えられます。いったいどういうことなのか?ということですが、確証こそありませんがこの一連の事件の犯行グループはアメリカ・ciaなのではないか?ということが考えられます。犯行の目的はペドフェリアやアドレナクロムということではないでしょうか?小児性愛やアンチエイジングの若返りのために日本の子供が犠牲になっているということであればある程度の流れがつながってくるのではないでしょうか?またこの観点から考えると類似事件や他のことも多少見えてきます。まずは事件について少し触れていきます。

足利市と太田市で子供が失踪して犯人が逮捕されていない未解決誘拐事件です。

北関東連続幼女誘拐●人事件というのは足利市と太田市でおこった5人の子供が失踪したあるいは誘拐された未解決事件です。この事件の中で現在横山ゆかりという子供の事件は時効ではありませんが、他の事件は時効となっています。僕の解釈ですが横山ゆかりと他の2人の女の子は同一犯なのではないか?ということが考えられます。パチンコ店で消えているところや河川敷で遺体が発見されているということから同一犯の憶測がたちます。そしてここからですがパチンコ店で3人が誘拐されているということから犯人はアメリカciaの傘下にいる在日朝鮮関係の人間ではないか?と思います。パチンコ屋は在日朝鮮人が経営しているということから、ありとあらゆることをわかり犯行に及んだのではないか?ということです。ちなみに日本はアメリカに戦争で負けてからアメリカが日本のキーとなるポジションに在日朝鮮人や在日韓国人を配置しているのでこの可能性が高くなると考えられます。太田市の事件はアメリカciaの下部組織の犯行である可能性が高いですが、はっきりと分かりきれないところがあります。そして北関東連続幼女誘拐●人事件と同一犯である可能性が考えられる事件について触れていきます。

功明ちゃん誘拐殺人事件というのも同じく同じ犯人の可能性が高いと思います。

荻原功明という5歳の男の子が1987年に誘拐されてその後に遺体で見つかった事件です。この事件も犯人は身代金を要求していますが身代金の金額をころころ変更していたりということが理解不能なことから金銭目的の犯行とは考えにくいです。男の子ですが、北関東連続幼女誘拐●人事件と同じ時期ということでおそらくアメリカciaの犯行であると考えれます。目的としては子供を脅してのアドレナクロムの摂取ではないか?と僕は解釈しています。荻原功明の事件も時効となっています。そしてここからは北関東連続幼女誘拐●人事件が仕組まれているということについて触れていきます。実は全く異なった事件と見せかけてある事件との関連性が考えられます。そのことについて触れていきます。

スポンサーリンク

足利連続女児殺人の犯人とされた菅家利和と別事件の宮崎勤の共通点を考察!

足利事件の犯人である菅家利和ですが冤罪であるということが分かっています。そしてこの菅家利和ですが警察に犯人としてでっちあげられた可能性が高いですね。自白を強要されて実際には無実ですが無期懲役ということで刑が確定しそうになりました。冤罪であるということが分かり、今では無実であることが分かっています。考えられる可能性としてはアメリカciaが裏から手を回して犯人にでっちあげられたということだと僕は思います。そしてこの菅家利和とそっくりな手口とされているのが宮崎勤です。当時多くの人が鬼畜であると判断した宮崎勤ですが、おそらく無実の可能性が高いと考えられます。宮崎勤もアメリカciaから警察という流れででっちあげられた可能性が高いです。当時マスコミが世の中をうまくコントロールして宮崎勤が鬼畜な犯罪者であるという情報を流していましたが、この事件にもあきらかにおかしい部分があります。宮崎勤の自白しかないということや被害にあった女の子の歯が違ったということが分かっています。この被害者の歯が違うということはあきらかに冤罪である証拠なのではないか?と思います。目撃情報もありましたが、宮崎勤とはちがった情報でした。宮崎勤の事件もアメリカciaが後ろで絵を描いて傘下の人間にペドフェリアやアドレナクロムあるいは臓器目的という犯行に及んで子供がいなくなった状態ではつじつまがあわないので宮崎勤が犯人にでっちあげられた可能性が考えられます。足利事件の犯人である菅家利和に関してですが、無実であることや冤罪ということですが警察や検察が真犯人を探そうとしなかったという情報があります。いったいなぜ真犯人を探さないんでしょうか?このことを逆から考えるとおそらく警察の上部とアメリカciaが関与しているのではないか?という可能性が十分に考えられます。そして北関東連続幼女誘拐●人事件に関して多くの人が気になっている内容について触れていきます。

北関東連続幼女誘拐殺人事件の真犯人の名前は藤田というルパン似の男というのは本当か?

北関東連続幼女誘拐●人事件の真犯人は藤田という名前のルパン似の男という情報が知られていますが、この情報も本当なのか?という疑問が出ます。もしもこのルパン似の男が真犯人であっても後ろにアメリカciaがいることから警察は逮捕できないということでしょうね。僕はルパン似の男は犯人ではないと思います。ここから書いていく内容は僕の憶測なので正しいかどうかということはわかりませんが、僕はこのような解釈をしています。

北関東誘拐事件の真犯人について考察!

北関東連続幼女誘拐●人事件というのはアメリカciaが後ろで絵図を考えているということからきっと犯人は在日朝鮮人関係の組織が複数人で犯行に及んでいるのではないか?と思います。事件の黒幕はひとつですが、実行犯は何人もいるということだと思います。そしてこの事件は未解決事件といわれていますが、この犯行の流れが現在もまだ続いているということについて最後に触れていきます。

現在も突然子供がいなくなる失踪事件も同じ犯人グループの可能性が高いと考えられる。

北関東連続幼女誘拐●人事件の犯人は逮捕されていないという未解決事件ということですが、実は日本では突然子供が行方不明になったりするという事件が毎年発生しています。僕は日本で子供が消える事件はアメリカciaが黒幕となってその傘下の人間たちがアドレナクロムやペドフェリアといったことを目的とした犯行であると解釈しています。実はすべての事件は裏側でつながっているのではないのか?と考えるとなかなかわからないことが少しは分かるのではないか?と思います。日本はアメリカに戦争で負けてから属国となっており、そこでアメリカciaというマフィアが暗躍しているということがこの事件の根本にあるということだと思います。闇が深く気を付けないといけないことだと思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク