宮崎勉が冤罪なら日本がひっくり返るのではないか?について考察!

Pocket

今回は宮崎勉の冤罪ということについて調べていきます。このことが証明されたら日本がひっくり返るのではないか?という衝撃的な内容です。インターネットの検索で宮崎勉+冤罪と検索する人が一定数いる理由について僕なりに調べてまとめたので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

真相不明の噂の着地点は●人に口無しだからです!

今回の記事内容ですが、最初にお伝えしますが真相は分かりません。その理由はオカルト話だからではありません。この事件の真相を知っている人物である宮崎勉がすでに●んでいるからです。●人にくちなしです。というか逆を言えば何も言わないように死刑を急いだのではないか?と考える人もいます。今回の記事の最大のテーマは真相が分からないということではなく、なぜ宮崎勉が冤罪ということが言われるのか?なんで人はそのようなことを検索するのか?ということを僕なりに考えて調べてまとめていきます。まずは事件の内容から触れていきます。

宮崎勤事件の内容について。

僕がまだ子供の頃にこの宮崎勉の事件がありました。子供ながらに僕は衝撃的な事件だったことを今でも覚えています。今から約30年前の事件ですが、4人の女の子が●されました。この事件の特徴として宮崎勉が犯行声明文をだしたことや被害者の遺族に遺骨を送ったりしたことで悲惨すぎる事件ということで世の中を震撼させました。この事件でまず引っかかることがあります。実は宮崎勉の犯行動機がはっきりしていないということです。覚めない夢の中でやったとかねずみ男があらわれたとか理解不能なことを言っています。そしてこのような犯行をする人間はいかれているあるいは何を考えているかわからないというところにもってきてそのことを加速させることがおこります。そのことについて触れていきます。

宮崎勉はオタクなのか?理由は部屋にビデオが多数あったから?

この事件当時宮崎勉の部屋から多数のビデオがあったことから実はオタクなのではないか?ということが言われました。オタクだから幼児を●したということですが、ここに大きな落とし穴があります。宮崎勉の部屋にはビデオが6000本近くありましたが、その中でオタクあるいはアニメのビデオは数十本しかありませんでした。つまり宮崎勉がオタクかどうかということはわからないということです。この宮崎勉がオタクというのはこのようにマスコミが情報を操ったのではないかということが言われています。この情報操作の狙いは宮崎勉をオタクと多くの人の意識下に刷り込ませることでより犯人と感じるからです。またのちに誰なのか特定できませんが、マスコミ関係者が宮崎勉の部屋に入りこのような多数のビデオがあるという演出あるいは設定を作ったとも言われています。この話が本当なら宮崎勉が犯人ではない説つまり冤罪説が浮上してくるということですね。少しずつ明かしていきますが、おそらく宮崎勉が犯人になることあるいは犯人であることで都合がいい人間がいるということです。さらに不可解なことについてここから触れていきます。

宮崎勉の事件後の判決について。

宮崎勉は2008年に死刑が執行されています。つまりもうこの世の中にはいないということです。この宮崎勉の死刑ですが、犯行動機がはっきりとわからないまましかも宮崎勉本人の自白しかないまま急いで●刑が執行されています。おかしなてんがありますね。なぜ自白しかないのに死刑を執行したのか?しかも急いでということが疑問です。そしてここからは宮崎勉の起こした時間の中でおかしいなという点について触れていきます。

宮崎勉が冤罪と思われる3つの理由について。

ネット上でも検索する人がいる宮崎勉+冤罪というキーワード。僕も気になっているのでいろいろ調べてみるとおそらくこの3つの項目が浮上してきます。ここからそのことについてひとつずつ触れていきます。

スポンサーリンク

事件の違和感①:証拠が全くないこと!

実は宮崎勉はある女の子を●した後に遺体を自分お部屋に隠していたといっています。そして遺体の匂いがきついからのこぎりできったといっています。ここに違和感があります。宮崎勉の部屋と隣の部屋はカーテンやベニヤ板のうすいくぎりなのでもしも遺体の異臭を発したら家族が気が付くはずですが、家族は誰も気が付かなかったということ。おかしいですね。さらに犯行に使用したのこぎりも宮崎勉の証言で探したが見つかっていまいということ。つまり宮崎勉が家の中で少女をのこぎりできったということの証拠がないということです。続いて二つ目に情報について調べていきます。

事件の違和感②:嘘をつくことのできない人間の歯について。

実は宮崎勉が●したとされる女の子の歯医者がその女の子の歯について発言が意味深です。その歯医者が治療した歯がなかった。さらに亡くなった遺体には永久歯があったが実はこの歯医者が治療したときには永久歯はなかったということ。これもしかして違う女の子なのではないか?ということも考えられますね。亡くなった女の子がもしも違ったら大きな問題だと思います。この歯医者の発言はおおきなてがかりだとおもいます。そして宮崎勉が送ったとされている今田勇子という名前の犯行声明文の中にこの女の子の歯に関して強調されている。これは何を意味するのか?警察はこの歯のことを隠したかった。あるいはこの今田勇子という犯行声明文は宮崎勉が送ったと見せかけて警察の自作自演なのではないか?という解釈もあります。実際にこの事件でこの犯行声明文に関してはこのようなことが言われています。

●署長は、捜査員には、絶対に写真を見せず、言葉でしか、その写真を説明していない筈なのです

●警察も、そこまでやるようになったのだなあと思いました

●これは、警察官が、いつも心えていることでもあります

この情報からして実は警察の自作自演なのではないか?と言われています。もちろん宮崎勉と今田勇子が同じ人物であるという証拠はありません!そして違和感を感じる3つ目の内容について触れていきます。

事件の違和感③:証言のすり替えが行われた?

僕がここはおかしいなと感じることがあります。宮崎勉が女の子の遺体を車で山の中に運んだという証言がありますが、目撃証言ではトヨタの車だったということ。埼玉県警はカロ―ラⅡということで捜査していました。しかし宮崎勉の車は




ラングレ―

という日産の車なんですね。あきらかに車種が異なりますよね。車を見間違えたのか?ということですが、この車を見た人は中古車関係の仕事の人でした。しかもこの犯人の車を手伝って運転しているということです。そしてこの目撃情報では犯人は身長が170cm前後・長髪・中年で体格がよかったといっています。宮崎勉は身長159cmです。おかしいですね。そして最もおかしいことはこの目撃者と宮崎勉は対面していないんですね。そしてこの目撃情報がすりかえられたということです。このことから宮崎勉は犯人ではないのではないか?という可能性が高くなりますね。最後にこの事件の僕の解釈を書きます。

警察関係者の中に犯人と関係する人がおりでっち上げたのか?

僕の解釈なので正しいかどうかわかりません。しかし僕はこう解釈しています。警察関係者の中に犯人と関係している人がおり、宮崎勉に罪をなすりつけたのではないか?と思います。もう宮崎勉が●亡しているので真相は闇の中です。僕の解釈が的中しているかは分かりませんが、確実にこの事件で宮崎勉を犯人にしたことで笑った人間がいろと思います。それが誰なのか?あるいは何を意図してなのか?ということは僕にはわかりません。誰か分かる方いたら教えていただけたらと思います。ということで今回の記事はここでおわりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク