福島県原町市女性失踪事件(増山ひとみさん行方不明事件)について考察!

Pocket

今回は福島県原町市女性失踪事件について調べていきます。この事件は別名増山ひとみさん行方不明事件とも言われております。この事件発生から25年以上がたっていますが、現在も未解決事件でありいくつもの謎を含んでおります。この事件に関しての僕の解釈を書いていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

1994年福島県原町市で増山ひとみさんという女性が失踪した事件です。

この事件は1994年に歯科に勤務している女性が突然消えたという事件です。増山ひとみさんというこの当時21歳の女性ですが、3週間後に結婚式を挙げるということが決まっており実はこの失踪した日が最後の仕事の日でした。そしてこの失踪した次の日にコンビニでこの増山ひとみさんの車が発見されていますが、車にはロックされていたことや車内には財布があったことさらに婚約指輪も残されていたことから金品目的に狙われたという可能性は極めて少ないと考えられます。またこの事件の前に気になる情報があります。増山ひとみさんの結婚が決まってから無言電話が家に毎日かかってきたということや車に落書きをされていたということが分かっています。ちなみにこの事件の手掛かりになりそうな情報としては実は増山ひとみさんの婚約者には愛人がいたということが分かっています。なぜなのか?ということですが、増山ひとみさんの手帳にこの婚約者の愛人との電話とのやりとりというようなことが書かれていたという情報があります。ちなみに失踪した日に職場に増山ひとみさんはいるのか?という電話がかかってきていたという情報もあります。もしかしたらこの電話も失踪事件に何かしら関係があるのか?とも考えられますが実はこれ以上の手掛かりがありません。そして1994年2月19日から全く手掛かりがなくなってしまいました。この後は捜索するも手掛かりがなく、年月が経ちましたがこの失踪から約一年後に謎の電話がかかってきました。そのことについて触れていきます。

福島で行方不明の後にかかってきたお姉ちゃんだよという電話について。

実は失踪事件から約1年後に謎の電話がかかってきました。その電話の内容について紹介します。

スポンサーリンク

妹 「はい、増山です」
女 「もしもし」
妹 「はい」
女 「おねえちゃんだよ」
妹 「はいっ?」
女 「おねえちゃん」
妹 「誰ですか?」
女 「おねえちゃんだよ~」
(↑語尾を延ばし語りかけるような言い方)」
妹 「どちら様ですか?」
女 「ひとみです」
(↑なぜかキッパリと言い切る)
妹 「はぁ?」
⇒ここで相手から切電

この電話でお姉ちゃんといった人ですが実は地元の公衆電話から電話してきた年齢が50代の女性であるということが分かっています。この電話はかなり不気味ですね。僕の感想ですが、なぜ電話の主が妹であるということが分かったのか?ということがかなり疑問ですね。このことに関する真相も分かっておりません。ここから僕のこの事件に関する疑問点について触れていきます。未解決事件と言われていますが、手掛かりが全くないわけではないと思います。

増山ひとみ失踪事件と婚約者の関係について。

この失踪事件に関して謎が多いですが、実は増山ひとみさんが失踪した約半年後にこの婚約者と愛人が結婚したという情報があります。このことから考えられることはこの婚約者と愛人との間で増山ひとみさんが煩わしくなったことから実は●されたという可能性があるということです。もちろん確証はありませんが、このように考えられるということです。さらに気になる情報について触れていきます。

この失踪事件には原発の利権が関係しているのかもしれない?!

実はこの事件が発生した場所が福島県ということで福島の原発の利権が関係しているのではないか?ということです。もっというと福島の原発の利権をめぐって●されたのではないか?と言われています。増山ひとみさんの婚約者の父親が893という噂があることからもしかしたら原発利権に関係して●されたとか消されたのではないか?ということも言われています。しかし真相が分からなくてあくまでも噂レベルということです。僕は婚約者の愛人を調べればなにかしらの手掛かりがあるのではないのかな?という解釈もありますがもしかしたらそれができないのかな?と思われる内容について触れていきます。

福島の未解決事件と警察が踏み込めない理由について考察!

今回の事件だけではないですが、福島の事件で警察が踏み込めないとされている内容が原発に関係している内容と言われています。増山ひとみさんの婚約者の父親が893という黒い噂を考慮すると実は何かしら原発×893という構造から警察が踏み込めない事件なのかな?と僕は思いました。あるいは893が関与した組織的な事件という解釈もあります。事件発生から年月が経っていますが、増山ひとみさんが無事でいることを願っています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク