徳勝もなみは現在どうしているのか?事件後の家族についても調査!

Pocket

今回は徳勝もなみの現在について調べていきます。また佐世保事件の内容についても触れていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

佐世保女子高生殺害事件の犯人・徳勝もなみ(とくかつもなみ)は子供時代から鬼畜だった!

今回は徳勝もなみの現在について調べていきますが、その前に徳勝もなみという人間について調べていきます。佐世保で同級生である女子高生を●したしかもその●しかたが異常であることから今もなおこのような鬼畜な人間に世間が注目しております。

そして今回の記事のリサーチで分かっていますが、実はこの徳勝もなみは子供の頃から鬼畜というか鬼畜すぎる人間であったことが分かっているのでこの段落ではそのことについて書いていきます。

徳勝もなみの鬼畜ぶりは小学生の時からでした。猫を解剖していたといわれています。この時点で狂ってる!猫も生き物ですから、命の尊さがあります。その猫を解剖するとは・・・狂気です。

さらに小学生の時に給食に異物混入をしたことで大きな問題になています。漂白剤などを少しの量ということで給食に入れていたようですが、もしも間違っていたら小学生の体に異変が起こってもおかしくないことをしています。この時点でかなりの鬼畜ということが判明します。

この異物混入事件から徳勝もなみは小学校で孤立していたようです。当たり前ですね。小学校の給食に異物入れる人間と仲良くしたいはずがない。そんな小学生時代を経て中学校に進学しましたが、中学でも猫を●していた。正確には猫を虐待してから●しており、ここらへんから人間を●そうという欲求があったようです。鬼畜な欲求だ。

徳勝もなみが●した猫がバラバラになって駐車場に捨てられていたようです。ちなみにこのような鬼畜ぶりから徳勝もなみは高校は海外の高校に留学しようと母親が気にかけていたようだが、その母親が膵臓癌で亡くなってしまった。そしてこの母親の死後父親がお見合いパーティーで知り合った女性と親しくしくなり、その女性と再婚しようと家に連れてきたときに徳勝もなみは亡くなった母親のことはもういいのか?という憤りを感じたようです。

その気持ちはわかるな。そしてそこから徳勝もなみは父親と仲が悪くなり、祖母の養子になったということです。そしてここから徳勝もなみは父親のことを憎んでいたようで再婚しようとしたことや自分の高校の海外留学のお金を出さないということでもめあって家で父親が寝ているときにバットで殴ったことで父親は入院しました。

このとききっと徳勝もなみは父親を●そうとしてバットで殴りかかったということです。父親が他の女と再婚するということを許せないという思春期の気持ちは分からなくもないが、バットで後頭部を殴る気持ちは僕にはわからない。

そのようなこともあってか高校に入学するときには徳勝もなみは父親から家を出されたようです。そして高校に進学するもわずか3日しか学校に登校していなかった。

そしてここから事件の内容について書いていきます。この事件は残酷すぎて犯人の動機がひどすぎることから読んでいると胸が張り裂ける内容です。ということで事件について書いていきます。

【長崎佐世保殺害事件】徳勝もなみが高校の同級生の松尾愛和を●した事件について。

この長崎佐世保事件のひどさについては●しかたもひどいですが、●された松尾愛和と徳勝もなみは中学校からの友達だったということです。2人は一緒にアニメが好きということで仲良しだったということです。

スポンサーリンク

そんな仲良し関係ということで松尾愛和は徳勝もなみの遊ぼうと誘われたことから一緒に遊んでいましたが、その日に徳勝もなみは松尾愛和を自分のマンションで●しています。しかもあらかじめ●そうと画策して金槌やのこぎりや縛る紐を購入していたということから計画的●人であるということがわかります。

そしてここからが本当の鬼畜中の鬼畜がでます。徳勝もなみは●した後に人を●して解体したかったといっています。あまり内容的に良くないので書きませんが、頭を殴った後にのこぎりで体を切っているということです。

もはや人間とは思えない行為をしております。本当にこういう人間を鬼畜というと思います。僕の感想ですが猫を虐待していた時からなにかしら策を講じていれば展開が違ったのかもしれないと思います。

松尾愛和という女性は何も悪くないのに本当に事件に巻き込まれて命をなくして悲しいし、なんとも表現できないです。さらに鬼畜ですし許せないなと感じることは徳勝もなみは事件後に一切反省をしていないようです。

被害者の家族に謝罪もないということです。徳勝もなみは脳みそもおかしいなと思いますね。そしてここからは事件の後について調べていきます。

佐世保事件のその後徳勝もなみの家族について。

実は徳勝もなみが事件を起こした後に徳勝もなみの家族について衝撃的な展開が訪れております。特に徳勝もなみと関係が悪かった父親そして実は兄についてさらに徳勝もなみ本人についてここから調べていきます。

徳勝もなみの父親である徳勝仁が自●した。

徳勝もなみの父親である徳勝仁は自分で事務所を弁護士事務所を開業していた有名な弁護士でしたが、事件後に自●しています。

マスコミからの批判に耐えきれなくての自●ということですが、世間は許していないということですね。徳勝もなみのような鬼畜な娘をきちんと面倒みろということでしょうね。

さらに徳勝もなみの兄について調べていきます。

徳勝もなみの兄である徳勝丈はどうなったのか?

徳勝もなみの兄である徳勝丈は弁護士を目指して早稲田大学に通っていたようですが、徳勝もなみが起こした事件が原因で大学を退学しています。

徳勝もなみの兄は昔から弁護士になることを目指して頑張っていたようですが、妹である徳勝もなみの起こした事件で自分の夢を追えなくなりました。

そして最後に徳勝もなみの現在について調べていきます。

徳勝もなみは現在どうしているのか?

徳勝もなみは事件の後に責任能力の有無を問われていましたが、あるということで少年院に送られました。

今現在徳勝もなみは少年院にはいっていますが、2024年ころに出所するという情報があります。ちなみに徳勝もなみについては長崎地検が犯罪の再犯の可能性があるということを言っています。

たしかにこのような鬼畜な犯罪を犯す人間は刑務所に入ったからといっても根本から改まる可能性は少ないのではないか?と僕も思います。出所してからなにかしら問題を起こす可能性が高いと思われますので、そこら辺に関しては細心の注意が必要だと僕は思います。

何も悪いことをしていなくただ友達だった松尾愛和の死が悲しくてたまりませんし、このようなむごいことをした徳勝もなみに自分がした以上の因果応報が食らうことを僕は願っています。ということで今回の記事はここで終わりです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク