埼玉愛犬家連続殺人事件について考察!

Pocket

今回は埼玉愛犬家連続●人事件について調べていきます。この事件は多くの人が関心をもっている事件であり、冷たい熱帯魚の元ネタにもなっています。今回は事件の気になる情報についてまとめていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク




アフリカケンネルの関根元と風間博子と山崎永幸が犯した事件について。

今回の事件の犯人は関根元そして風間博子が主犯で山崎永幸は関根元に脅されて事件に関係していたということです。まずこの犯人について書いていきます。関根元はアフリカケンネルを作った人物ですがこの人物はペットや猛獣の扱いにかけては非常にうまかったということが知られています。しかし商売に関してはやることが汚かったということです。自分が販売した犬を盗んで他の客に販売したり、犬を●して新しい犬を販売したりしていたと言われています。またヤ●ザの金をとって左手の小指を詰められているので左手の小指がないということです。そして事件の共犯である風間博子ですが、関根元と結婚して離婚しています。ただし、アフリカケンネルの社長を務めており、会社の金銭管理やブリーダーとして活動していました。山崎永幸という人物はアフリカケンネルの役員ですが、実際には関根元の運転手や雑用をさせられていたといったかんじでした。今回の一連の事件では山崎永幸は関根元に脅迫されて事件に関係していたということが言われています。そしてこの事件で関根元が使ったのが硝酸ストリキニーネという犬を●す薬が使われています。ここからこの事件の内容について触れていきます。まず1人目に●されたのは産業廃棄物処理会社役員の人です。この人は自分で新しい商売を探しているときに関根元としりあい、犬の繁殖ビジネスに注目しますが実は関根元に大きく騙されます。本来は数十万円の犬を1000万円で購入してそのことにきつきます。また購入したメス犬が繁殖できないということで関根元に返金を求めます。さらに購入予定だったオス犬もキャンセルするということを関根元に話したところ関根元に●されることになります。関根元に硝酸ストリキニーネを栄養剤と騙され飲んで●されます。この遺体の処理をおどして山崎永幸にさせたということです。産業廃棄物処理会社役員の人が●された理由としては関根元が金銭的に困窮しており、返金を求められたことで犯行に至ったようです。ちなみにこのあと3人が●されますが、犬をめぐって●されたのはこの男性ひとりだけということです。続いては関根元が●した暴●団について書いていきます。関根元が親しかった暴●団の組長代理ですが、関根元が産業廃棄物処理会社役員の人を●したということを知って金銭をゆすっていたようです。その金銭の要求はエスカレートして土地や建物の権利証もとられそうになった関根元は風間博子と相談してこのままでは全財産をとられるのではないのか?ということからこの暴●団の組長代理と専属の運転手を●します。このときも硝酸ストリキニーネを使って●しています。そしてその後に関根元は滝口良枝という主婦を●します。この主婦の次男がアフリカケンネルが働きだしたことから知り合い男女関係になりました。そして滝口良枝が自分に好意を寄せていることを知っていた関根元は嘘の株主にならないかといった詐欺話をもちかけて財産の270万円をうばい●したということです。このときも硝酸ストリキニーネで●しています。そしてここまでの●人ですが実はなかなか証拠がなく警察の捜査も難航していました。その理由としては関根元がボディを透明にするといってその解体方法がひどかったからです。人間の身体を細かく切断して、特に骨をドラム缶で焼き一切の証拠を残さないということを徹底していたという情報があります。関根元は骨をひとつずつ焼いていたということが山崎永幸の証言から分かっておりかなりの鬼畜であるということがわかります。しかしこの一連の事件に関して山崎永幸が自供したことからわずかな証拠を手がかりに関根元と風間博子の逮捕に至ったということです。そしてここからは事件後の犯人がどうなったのか?ということについて調べていきます。

スポンサーリンク

事件後の関根元と風間博子はどうなったのか?

この事件の犯行が残虐ということから関根元と風間博子は死刑を求刑されています。関根元は病気で死亡しているということが分かっていますが、風間博子は死刑が確定して今刑務所に服役中ということです。ちなみに確証はありませんが、関根元はこの事件以外にも人を●しているのではないか?と言われています。ただし証拠がありません。関根元本人は今まで●した人数は30人以上とも言っています。究極の鬼畜です。そして気になる山崎永幸について調べていきます。

山崎永幸の愛犬家等連続殺人事件のその後の現在は志麻永幸という名前で本を書いていた!

山崎永幸は懲役3年ののちに出所して本を書いています。志麻永幸という名前で事件の内容について書かれています。僕はこの本を読みましたが内容がえぐすぎます。ちなみにこの事件が愛犬家等連続殺人と言われる理由ですが、なぜ等と言われるのか?ということですが最初に●された人だけが犬に関係したことで●されており、他の人たちは犬は関係ないということからこのように言われているみたいです。そして実はこの事件が元になっていることがあるのでそのことについて紹介していきます。

愛犬家殺人事件は冷たい熱帯魚の元ネタになっています。

冷たい熱帯魚という映画の元ネタにこの愛犬家殺人事件がなっているということです。内容的なことから18歳以下の人は見れないということです。僕が感じることはこの関根元という人物は鬼畜の頂点なのではないか?と思います。なぜそう感じるのかというと関根元の発言です。人間の生死は決まっている。理由は俺が今日死ぬといえばそいつは今日死ぬ。俺は神の命令で動いている。と言っています。狂気的な考えをもっている人間ですね。今後はこのような事件が二度と起こらないことを僕は切に願います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク