高尾の社長である内ヶ島正規が●された事件について考察!

Pocket

今回は高尾の社長である内ヶ島正規が●された事件について調べていきます。この事件には様々な噂があり、今もなお真相不明な部分が多い未解決事件です。僕なりに思うことや気になる情報について書いていきますので最後までご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク




株式会社高尾とはパチンコ台メーカーの会社だった。

今回の記事内容の高尾の社長である内ヶ島正規が●されたという事件ですが、そもそも高尾という会社について調べていきます。株式会社高尾というのはパチンコ台メーカーの会社です。この株式会社高尾の社長が内ヶ島正規ということです。またこの会社の会長が

内ヶ島マユミ

ということでこのことからわかりますが、株式会社高尾というのは家族経営の会社だったということです。もともとは内ヶ島正一が会社をつくり、その後に内ヶ島マユミそして内ヶ島正規という順番に代表をされていたということで年商200億円の会社だったということです。そしてこの事件に関係しているのではないのか?と言われている情報について触れていきます。

パチンコ機器製造・開発会社「高尾」はカイジをつくっていた!

実は高尾という会社はカイジのパチンコ台を作っていました。今回の事件について真相は分かりませんが、もしかしたらこのカイジというパチンコ台が関係しているのではないか?ということが言われています。一体どういうことなのか?ということについてですが、カイジ4という新作の台を出した際に実はファンも期待していましたが、実はこのカイジ4に関しては発売する前と発売した後の確率が違ったということが発覚しています。このことからファンが大きく失望したということも分かっています。そしてこのカイジ4に関しては高尾がこのカイジ4のパチンコ台を回収するということになりましたが、このときにこのカイジ4を営業していた社員をなんと解雇しています。ここにかなりの謎があります。この解雇された社員は営業の仕事をしていたということでこのカイジ4のパチンコ台を作っていたわけではないですが、解雇されているということです。このことからもしかしたらこのカイジ4のパチンコ台が●されたことに関係しているのではないか?といった噂も出ています。しかし真相はわかりません。さらに気になる情報があるのでそのことについて触れていきます。

スポンサーリンク

高尾の社長である内ヶ島正規は過去にも●されかけていた?!

実は高尾の社長である内ヶ島正規は過去にパチンコ業界の人と旅行にフィリピンに行った際になんと命を狙われています。この時の状況はフィリピンで車で移動中にバイクに乗った2人組に襲われて、内ヶ島正規と一緒に車に乗っていたパチンコ関係の社長が●されています。この時に内ヶ島正規がなぜ●されそうになったのか?ということはわかりませんが、すでになにかしらの恨みをかっていたという可能性も考えられます。こんもようなことから考えると内ヶ島正規は社外と社内の人間からうらみをかっていたのではないのか?ということが考えられます。そしてここから事件の内容について触れていきます。

高尾社長を●した犯人については今も分かっていない!

内ヶ島正規が●されたときは刃物で首の静脈と動脈の両方を切られていたということさらにさされたあとが何か所もあったということから相当恨みを買っていたという可能性が考えられます。またこの事件ですが内ヶ島正規が会社の人と飲み会の後に会社に戻ったときに待ち伏せされていたということから計画的な犯行なのではないか?と言われています。さらにこの事件のあった駐車場は内ヶ島正規が車を止めているということをほとんどの人が知らなかったということから犯人は下調べが入念だったということになります。またこの駐車場の防犯カメラに不審な男の画像がうつっていますが、犯人特定には至っていないということです。内ヶ島正規の行動を分かっていた人物の犯行なのか?はたまたパチンコ台をめぐってのうらみから●されたのか?ということはわかりませんが、早く犯人が逮捕されることを祈っています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク