栃木■ン■●人事件と犯人のその後の現在について考察!

Pocket

今回は栃木で発生した●ン●事件について調べていきます。日本の中で悲惨すぎる凶悪事件についての情報についてリサーチしてまとめていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

栃木●人事件というひどすぎる不良が犯した事件について。

栃木県でおきた日本の中でも類をみない凶悪事件です。この事件の被害者は19歳の須藤正和という男性ですが、この男性が犯人の3人にひどすぎる暴行を受けて●されます。この事件のきっかけですが、犯人3人の中で主犯の男が他の2人に金銭を恐喝していましたがこの2人がお金を用意できないといったら他に誰か金を用意する人間を探せということで何も罪のない須藤正和という人物が的にかけられたということです。須藤正和と犯人が同じ日産自動車という会社だったということです。そして犯人3人は須藤正和に消費者金融にお金を借りにいかせ、さらには友達にも金を借りさせ会社の同僚にも金を借りさせその金額は合計で700万円にもおよんだといいます。このお金を700万円近くおどしたことだけでもひどいですが、犯人3人は須藤正和に熱湯のシャワーを浴びせて熱がる姿を見て笑っていたようです。人間とは思えません。さらにライターをスプレーを一緒にして火炎放射器といって須藤正和の身体を焼いていたという情報があります。まさに人間の顔をした鬼畜だと僕は思います。そして最後に須藤正和の首を絞めて●してその後に遺体を山に埋めてコンクリートで隠したということです。このような形で須藤正和という被害者を●したということです。このようなひどすぎる事件ですが、実はこの事件にはほかにも気になる情報がありますのでそのことについてここから触れていきます。

栃木●人事件はなぜ石橋事件と言われるのか?

実はこの事件ですが別の名前で呼ばれることもあります。その名前が石橋事件ということです。なぜこのようなことが言われるのか?ということですが、この事件に対する石橋署の対応がひどすぎるということからです。須藤正和の両親が自分の息子の身の危険から石橋署に相談にいったんですが、なんと石橋署が両親の捜索願を受け取らなかったということがわかっています。さらに警察は事件がおこらなければ動かないというようなことを言ったとも言われています。またこの石橋署では須藤正和の両親が相談したときに自分の息子が悪いのではないか?ということを言ったとも言われています。このことの背景には後ほど触れますが、主犯格の父親が警察だったことが関係していると言われています。またにわかに信じがたい話ですが、須藤正和の父親が石橋署にきているときに犯人から電話がかかってきたんですが、そのときに犯人の動向をさぐろうと思ってこの石橋署の警察が電話を替わって話した際に犯人が何者かと聞いてきたときに警察官だと答えて電話が切れたといいます。そしてこの警察官と答えたことが犯人3人に分かったことから須藤正和が●されたのではないか?と言われています。このことはきらかに警察の失態と言えます。このようなことから石橋事件と言われるということです。ありえない失態だと僕は感じます。そしてここからこの犯人が鬼畜だなと感じる内容について触れていきます。

スポンサーリンク

栃木●人の主犯が放った『須藤君の分まで長生きしたいです』という嘘について。

実はこの事件の犯人は3人ですが、その中での主犯の裁判での発言が鬼畜です。主犯の男はこの事件に対して●行しているときの話を楽しかったと話していました。本当に鬼畜です。死刑を覚悟しているといっていたようですが、途中からなんと発言を変えて須藤君の分まで長生きしたいです。といいだしました。自分で●しておいてよくもまあそんな言葉が言えるなと僕は感じます。この主犯の発言は多くの人がありえないおかしな発言だということで注目されました。僕もおかしすぎると思います。そして気になるのはここから犯人のその後について触れていきます。

栃木●人事件の犯人(荻原克彦・梅沢昭博)は現在どうしているのか?

この事件の犯人は3人です。この3人以外にも高校生がいたと言われていますが、この高校生が自首したことで事件が明るみに出ました。この犯人の名前から調べていきます。萩原克彦(おぎわらかつひこ)・梅沢昭博(うめざわあきひろ)・村上博紀(むらかみひろのり)ということです。主犯の萩原克彦と梅沢明博は無期懲役が言い渡されています。村上博紀は懲役5年から10年ということです。このことから考えると萩原克彦と梅沢明博は刑務所にいるということです。また村上博紀はすでに出所している可能性が高いということですね。さらにこの事件でおかしいなと感じる他の情報があるのでそのことについて触れていきます。

被害者が勤務していた日産が●行された人に対する対応がひどすぎる件について。

実はこの事件で注目すべき別の点があるのでそこに注目していきます。実は被害者は日産という車の会社に勤務していました。そして須藤正和という被害者に日産からきていた通知の内容が従業員就業規則から退職扱いにするということだったということです。退職扱いになると退職金が出ないということなんですが、●行事件で会社に行けなかったわけですからこの処分はどうなのかな?と僕は思います。事件の被害者なんですから。ちなみに日産自動車の中でこのことに疑問を感じてそのことに対して違和感を感じた人が違和感をいったところなんと人事で飛ばされたとか退職させられたという黒い噂もあります。このようなことから実は日産もこの事件に何か関係しているのではないか?という噂が出ています。もちろん真相は分かりません。最後にこの事件をリサーチした僕の解釈を書きます。

栃木●人事件の始まりは栃木県警(栃木警察署)が原因だったのか?について。

実は主犯の荻原克彦の父親は警察官だったということが分かっています。真相こそわかりませんが、この荻原克彦の父親が警察官であったことから何かしら捜査に支障が出たのではないか?という僕は解釈があります。実はこのように感じているのは僕だけではなく、石橋警察署の対応が違ったものであれば事件は防げたのではないか?という見方もあります。僕もそう感じます。石橋警察署が最初から被害者の父親の意見に真剣に向き合っていれば違った展開になっていたのではないか?と考えると無念でありません。亡くなった須藤正和さんのご冥福をお祈りいたします。今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきまして有り難うございました。

スポンサーリンク