加茂前ゆきちゃん失踪事件について考察!真相は現在も謎のまま!

Pocket

今回は加茂前ゆきちゃん失踪事件について調べていきます。この事件今も未解決事件で多くの謎があります。今回はこの事件の謎や僕の解釈を含めて書いていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

加茂前ゆきちゃん失踪事件について。

今回は加茂前ゆきちゃん失踪事件について書いていきます。この事件は1991年3月15日にこの当時8歳だった女の子の加茂前ゆきちゃんが突然消えたことでいったい何があったのか?と大きな話題になりました。ここからはこの事件でおかしな点について触れていきます。

加茂前ゆきちゃんが消えたことに関する様々な不可解なことについて。

この事件にはいくつかの不可解な点がありますので、そのことについて触れていきます。この当日母親が家に電話したお昼の二時半には加茂前ゆきちゃんは電話に出ています。そしてその後に次女が帰っていた時に加茂前ゆきちゃんはすでにいなかったということですが、温かいココアが机の上にあったという情報があります。加茂前ゆきちゃんはココアが好きだったということが分かっているので、自分の好きなココアを飲もうと思って飲まずに外出したというのもおかしな気がします。また加茂前ゆきちゃんはいつも自転車で出かけることが多かったんですが、自転車もそのまま置かれていた。さらによく来ているピンクのジャンパーもそのまま置かれていたということです。このことから考えると誘拐されたのか?という気もしますが真相が分かりません。さらに最も謎なことは実は加茂前ゆきちゃんは友達にこの事件当日誘われていますが、断っているということです。僕の解釈ですが、この情報を組み合わせる誘拐されたとしても顔見知りの犯行なのではないか?と考えられます。顔見知りであれば自転車に乗らないで行ったということやジャンパーを着なかったことあるいはココアをの飲まないででていったということもつじつまが合いますがいったいどんな顔見知りなのか?という情報がないので分からないということです。続いてこの事件の謎について触れていきます。

スポンサーリンク

ゆきちゃん失踪事件後の怪文書について。

実はこの事件の後に怪文書が届いています。加茂前ゆきちゃんの父親あてに届いている怪文書ですが父親の名前が間違っていました。加茂前秀行という名前で届いていましたが、実際の名前は加茂前芳行なので単なる間違えとも解釈できます。そしてこの怪文書の中でとても気になることについて触れていきます。

ミユキカアイソウとかミユキサンカアイソウという内容が謎すぎる件について。

この怪文書に関して様々な解釈があるみたいですが、真相や内容に関してはわかりません。ただし分かっていることはこの怪文書の中で失踪した加茂前ゆきちゃんの名前の言い方が統一しておらずさんがついていたりいなかったり理解不能です。内容に関しても全く分からないし理解不能すぎます。ただし名前が統一されていないということが気になります。この怪文書に関しては理解できませんが、さらにこの後に謎なことが続きます。

加茂前ゆきちゃん失踪事件後にかかってきた電話について。

実はこの事件の後にある電話がかかってきたんですが、その電話内容がかなりおかしいということです。この電話での通話内容が髪型に関してのものだったんですが、髪型がパンチパーマということだったんですが実は事件直後に白いライトバンの運転手と加茂前ゆきちゃんが一緒にいたのではないか?という目撃情報がありました。そしてこの電話内容の最大のポイントがこの髪型のパンチパーマという情報は非公開のものだったということです。つまりこのことから実は犯人は目撃情報にあった白いライトバンの運転手なのではないか?ということが考えられます。しかしこの電話に関しては悩ましいことがあります。事件が発生したのは1991年でこの電話が2003年ということです。事件後12年がたっており、時効が7年ということなのですでに時効になってしまっているんですね。最後にこの事件のまとめについて書いていきます。

加茂前ゆきちゃん失踪事件の真相は今も不明のまま!

この事件の時効は2006年ということなのでもしもこの白いライトバンの運転手が犯人だったにしても時効になってしまっているということですし、証明できないことから真相は分からずに不明ということです。僕は加茂前ゆきちゃんが元気で過ごしていることを願っています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク