渋谷区短大生切断遺体事件について考察!

Pocket

今回は渋谷区短大生●断●体事件について調べていきます。この事件は悲惨すぎます。この事件に関する気になる様々な情報について触れていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

武藤勇貴(むとうゆうき)が武藤亜澄(むとうあずみ)を●した事件です。

この事件は5人家族の中でおこった事件です。父親・母親・長男・次男・長女という家族構成ですが、次男である武藤勇貴が妹である武藤亜澄を●したという事件です。事件の要因となったことは武藤勇貴が医学部を目指していて浪人していたところに妹がお兄ちゃんには夢がないといったことから事件に発展したと言われています。妹は短大生ですが、芸能活動をしていました。そんな自分のやりたいことをしていきている妹と3年間浪人している兄にはみてる世界が違ったんでしょう。妹の言葉から兄は木刀で殴り、その後首をしめて●した。さらに●した後に身体を細部まで切断しました。この事件の悲惨さを物語っています。そして武藤勇貴は自分の部屋に●体をおき、家族には友達からもらったサメが死んだので匂いがするかもしれないが部屋をあけないでくれということをいっていました。しかし家族がおかしいということで警察に通報して事件が発覚しました。そしてここからは気になる事件の判決について調べていきます。

スポンサーリンク

渋谷区短大生●断●体事件後の判決について。

この事件の裁判ですが犯人である武藤勇貴には懲役12年の判決が言い渡されています。裁判では精神的に問題があったのかということに焦点があたり結果的には懲役12年という判決が下されました。妹を●して●体をバラバラにして懲役12年は短いのではないか?と感じる人が多くいるということです。僕もそう思います。ちなみに犯人である武藤勇貴は2021年に出所する予定になっています。もう間もなくということです。さらにこの事件では他にも注目されたことがあるのでそのことについて触れていきます。

被害者の両親の手記に関する世間の声について。

実はこの事件では被害者の両親(=加害者の両親)の手記が注目されました。この手記の内容は加害者である兄を若干擁護するといったスタンスで妹が謝罪していれば違った形になっていたかもしれないという内容であったために実は●された被害者は家族の中で関係がよくなかったのかもしれないですね。さらにこの事件で実はマスコミが報じた内容に関しても注目があった件について触れていきます。

日本でおこったこの事件の裏には近●そうかんがあったのか?

実はこの事件の裏には近●そう●んがあったのではないか?ということが噂されたことがありました。なぜこのような噂が出たのか?ということですが、あずみんの勇君と呼んでいたことから実は昔のドラマの内容と混同してこのような噂が出たようですが、あくまでも噂レベルであって確証が全くありません。きっとガセネタ情報だと思います。ひどいガセの噂だと思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク