吉川友梨ちゃんが消えた真相及び犯人の動機について考察!

Pocket

今回は吉川友梨(よしかわゆり)が消えた真相や犯人の動機について考察していきます。未解決事件とされていますが、おかしなことがいくつもあるのでひとつずつ調べていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

吉川友梨(よしかわゆり)ちゃんが失踪した件について。

2003年5月20日に吉川友梨という小学校4年生の女の子が学校帰りに消えました。普段よりも帰宅時間が遅いことを心配した家族が警察に通報して行方不明事件として捜査するものの発見には至っていません。失踪した10年後に事件当日に付近で白いクラウンを発見したという情報もありますが、疑問なのはなぜ10年後にこのような情報が寄せられたのか?ということです。そしてこの白いクラウンの目撃情報では助手席に吉川友梨が乗っていたということや運転していた人物が顔の輪郭が細いことや目じりが上がっていたということからある憶測が出ています。ここからそのことについて触れていきます。

吉川友梨(よしかわゆり)ちゃんが消えた真相はなぜわからないのか?

実はこの目撃情報から顔の輪郭が細いことや目じりが上がっていたということから実は北朝鮮の拉致の可能性が考えられるのではないか?という見方があります。日本国内の誘拐事件なのか?それとも北朝鮮に誘拐されたのか?ということの真相は分かりませんが、まるで神隠しにあったように消えたことからこの北朝鮮の拉致の可能性もあり得るとは思います。ここで僕もおそらく読者さんも感じることですが、なぜ真相がわからないのか?ということですね。なぜ消えたのか?ということが全く分かりません。さらにこの事件に関するひどすぎる情報について触れていきます。

スポンサーリンク

吉川友梨さんに対する犯人のなりすましの詐欺行為がひどすぎる件について。

この事件に関して家族が不安な時にその心の弱みに付け込むようなひどすぎる事件が起こりました。吉川友梨ちゃんを探すと家族にいってなんと7000万円をだまし取るという詐欺事件が起こりました。この詐欺事件を起こした人間は最低だと僕は感じます。吉川友梨ちゃんがいる場所が分かっているといって保護するのにお金がいるとか生活費がいると言って約4年間で7000万円を吉川友梨ちゃんに両親からだまし取ったということです。吉川友梨ちゃんの両親としてはなんとか子供が戻ってきてもらいたいという願いで頑張っている中でそこにつけこんだ犯人の犯行ということですね。この7000万円というお金を両親は土地を売ったり保険を解釈して用意したという情報があります。最低な犯人だと思いますが、この詐欺で得たお金で犯人は贅沢三昧をしていたそうです。この事件の主犯である中谷浩気は懲役9年そして共犯川上佳代は懲役2年執行猶予4年が言い渡されています。この判決は僕は軽すぎるのではないか?と思います。人の心の弱みに付け込む最低な人間ですね。吉川友梨ちゃんの母親は現在も大阪でビラ配りをして娘の行方に関しての情報を探していると言われています。そして今回の事件について僕なりの解釈を書いていきます。正しいかどうかということはわかりませんが情報を組み合わせるとこうなのではないかな?ということについて憶測していきます。

吉川友梨ちゃんを誘拐した犯人の本当の狙いは北朝鮮への人身売買だったのか?

2003年から17年がたちますが、この事件のリサーチをして僕が感じたことについて書いていきます。

★白いクラウンという情報

★顔の輪郭が細いことや目じりが上がっていた

この白いクラウンということと犯人の顔が朝鮮の顔っぽいということから実はこの事件の犯人は北朝鮮への人身売買を犯行の狙いだったのかもしれません。北朝鮮に人身売買をするときには白いセダンが使われるという情報もあることから人身売買の被害にあったのではないか?ということが考えられます。日本の闇とされている組織が関係している被害にあった可能性を否めないと僕は思いました。吉川友梨ちゃんが見つかることを心から願っています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク