高知白バイ事件は冤罪なのか?それとも冤罪ではないのか?を考察!

Pocket

今回は高知白バイ事件について調べていきます。この事件が冤罪なのか?それとも冤罪ではないのか?ということに多くの人の関心が集中した事件です。この事件には多くの人が関心を持っています。僕なりに調べたことを書いていきますので最後までご覧いただければと思います。

高知白バイ事故に関する情報に嘘が多い?と言われている件について。

実はかなり衝撃的な内容ですが、この高知白バイ事故に関しては嘘が多いのではないか?ということが言われています。というか多くの人がそう思っているということです。なぜそのようなことを思うのか?ということに関して分かる範囲で調べていきます。気になる情報から順番に触れていきます。

高知白バイ事件は冤罪なのか?それとも冤罪ではないのか?について。

高知白バイ事件に関してもっとも関心が集まる内容がこの事件は冤罪なのか?それとも冤罪ではないのか?という内容です。なぜこのようなことが言われるのか?ということは違和感が多数あるからです。冤罪か?冤罪ではないか?という確証はありませんが、僕はこの事件は冤罪であると思います。つまり濡れ衣を着せられたという可能性が非常に高いと思います。ここから順番に調べていきます。

高知県警の白バイが衝突死した事故というが本当か?事件の可能性はないのか?

2006年3月3日に高知県警の白バイがスクールバスにぶつかって白バイ隊員が死亡したということですが、ここにまずひとつめの疑問がでます。これは事故なのか?それとも事件なのか?ということです。事故なのか?あるいは事件なのか?ということは大きく変わってきます。このことについて気になる情報について触れていきます。

目撃証言が正反対になっている違和感について。

実はこの白バイがぶつかった時の目撃情報が正反対のものがあります。バスに乗っていた生徒やバスの後ろにいた校長の証言ではバスが止まっていたということです。しかしこの証言と正反対な内容を白バイ隊員が証言しています。その白バイ証言の発言は、バスは時速10キロで走っていたといっています。またこの白バイ隊員は白バイは法定速度で走っていたといっています。この事件で大きく問題となるのが実はこの白バイ隊員の発言は嘘あるいは捏造なのではないか?ということです。いったいなぜ捏造したのか?ということは記事の後半部分でまとめていきます。またこの事故で注目されることが白バイの走っていた速度ということです。このことについて触れていきます。

高知白バイ事故に警察が意地でも時速60キロにこだわる理由が衝撃的だった?!

実はこの高知白バイ事故で大きな注目点になるのが実は衝突したとき白バイはいったい何キロで走っていたのか?ということです。僕の感想ではバイクの壊れ方からしてあきらかに時速60キロではないと思います。もっとスピードがでていただろうなという感じです。バイクの事故後の壊れ方が明らかにおかしいと感じます。というのは僕の解釈ですが、実はおかしなことが判明しています。この事故の前になんと日本全国の警察の本部長に公道での高速走行訓練について黙認するという内容が届いているということです。ということはこの白バイは時速60キロで走っていなかった可能性が高くなります。さらに目撃情報があり、事故の白バイの後ろを走っていた軽自動車の運転手はいきなり白バイが加速して走っていったという情報があります。このことを考慮するとこの白バイは高速走行してバスに突っ込んでいった可能性が考えられますね?つまりここから考えられることはこの白バイの自損事故なのではないか?という憶測です。僕はそのように解釈しますが、そのようにはならないんですね。いったいどうなったのか?ということについて触れていきます。

スポンサーリンク

高知白バイ事件のその後はどうなったのか?

この高知白バイ事件のその後このバスの運転手・片岡晴彦は免許証を取り消されて2日後に釈放されています。さらに禁固刑1年4か月をくらってその後に釈放されています。このバスの運転手は自分が運転していたバスが停車していたということからこの後に再申請をしていますが、棄却されています。おかしいですね。さらにこの事件の謎について触れていきます。

高知白バイ事件の謎を考察!

この事件に関して実は専門家の意見があるのでそのことについて紹介していきます。まず

タイヤには必ず溝が付いているが、この写真には溝が写っていない

スポンサーリンク

といっています。警察がだした証拠写真が捏造ということを専門家が伝えています。さらに

ブレーキ痕には、必ずあるはずのタイヤの溝が写っておらず、また飲料水とブラシで簡単に写真のようなブレーキ痕が作ることが出来るとして捏造疑惑を主張した

という専門家の意見もあります。この専門家の意見ではなにかしらの液体で証拠写真を捏造したということを言っています。そしてこの捏造に関しては合成された捏造画像であることが分かっています。ここからおかしな話について触れていきます。この高知白バイ事件の裁判官は東京高等裁判所の刑事部に異動というすさまじい出世をしているという情報があります。また警察に不利な証言をした裁判官は左遷されているとも言われています。さらに気になる情報について触れていきます。

高知白バイ事件の裏側に隠れているものについて憶測!

実はこの高知白バイ事件の問題点は保険金だと言われています。死亡した白バイ隊員には公務中に亡くなったということで全国自治教会と保険会社から1億円が支払われています。この事件がもしも白バイの自損事故であるということが証明された場合はこの1億円は警察が遺族に払うということになるのでこの事故を事件として証拠捏造したということが考えられると僕は思います。最後に今回のリサーチと僕の解釈をあわせて書いていきます。

高知白バイ事件という日本の闇について。

この高知白バイ事件というのは日本の闇です。表現を変えると警察が事件を隠蔽したという可能性が極めて高いということです。警察と司法もグルということです。いったいどういうことかということですが、この事件では警察そして裁判官が証拠を捏造して出世したという解釈を多くの人がしています。僕もそう思います。事件の真相についてあかされることはなく自分たちの出世ばかりを考えていたということです。この事件はスクールバスは止まっていた。この証言が正しいと思います。しかし警察は白バイ隊員の嘘の目撃情報を用意したということ。それは保険金の問題だと思います。そしてそのことを全て隠すために高知県警と検察そして司法がグルになって事件の捏造あるいは隠蔽を図ったということだと僕は思います。つまりバスの運転手・片岡晴彦は何も悪くないということだと思います。ちなみにこの事件は高知では新聞も完全に触れないということです。マスコミは警察に情報を求めようにも警察は情報は出さない。つまり警察が事件を隠蔽してバスの運転手・片岡晴彦を犯人にしたということですね。この事件には多くの人が疑問をもっていて、いろいろなことを調べています。僕のリサーチではこうなのではないかな?と解釈しています。今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク