中森明菜が同和出身という噂が報道されない本当の理由を考察!

Pocket

今回は中森明菜について調べていきます。実は同和出身とか部落出身とかと言われますが本当なのでしょうか?また多くの人が誤解している部落に関する差●の誤解に関して調べたので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

日本の芸能界の在日システムについてさらに深く調査!

今回は日本の在日システムをより深く調べていきます。日本の芸能界の中心には在日という人種が多く配置されております。このことには理由があります。日本がアメリカに戦争で負けて以来日本はアメリカの属国ということですが、アメリカciaに支配されております。このアメリカciaが日本を支配するやりかたが間接統治とか分断統治と言われて、日本とアメリカの間に日本人と顔や肌の似ている在日をはさむ在日支配システムです。誤解の内容に言いますがよく日本の中で在日や部落や同和を差別する人がいますが、実はこのような差罰意識もアメリカciaの考えなのではないか?という可能性があります。最後にそのことを触れていきます。アメリカciaの在日支配システムは芸能界や政治の世界だけではなく、他にも異なった形で使われているのではないか?ということが考えられます。この内容は最後に触れていきますが、まず中森明菜に関して気になる情報を分かる限り触れていきます。

中森明菜は部落出身で実家が肉屋なのか?という噂について。

中森明菜が部落出身という噂があります。中森明菜の実家が肉屋をやっているという情報があります。たしかに部落の人は肉屋をやっているという確率が高いことからこの可能性が考えられます。しかしこれ以上はっきりとわかりません。ただし中森明菜の父親の出身について分かっている情報があります。埼玉県志木市幸町なのか?ということが言われているので調べてみました。

埼玉県・中森村が中森明菜の生まれた場所で同和なのか?

埼玉県志木市に中森村という場所があるということです。埼玉県志木市幸町というのが昔の名前で1972年以降にこの場所が中森村という名称になったようです。この場所には中森という名字の人が多いということです。この場所が中森明菜の父親の出身地ということです。しかし実家が肉屋をやっていたかどうかということはわかりませんでした。昔はこの場所は差別があったようですが現在はなくなったみたいです。埼玉県には同和エリアがあるということが分かっておりもしかしたらここが同和エリアなのかもしれません。そしてここから中森明菜が同和あるいは部落出身ということがなぜ明かされないのか?ということについて考えていきます。実は差●ということではない別の理由があると言われています。アメリカciaが関係しているといった内容について触れていきます。

スポンサーリンク

中森明菜が同和や部落ということが報じられない理由について。

一般的には同和や部落は差●ということから報道されないと言われています。しかしこの話が実はさらに奥があると言われております。同和団体や部落解放同盟はアメリカciaが作ったものと言われています。日本の戦後に共産主義が大きくなってきてこのことを懸念したアメリカciaが部落解放同盟や同和団体をつくり、ここから共産主義を弾圧していきます。アメリカciaは部落解放同盟や同和団体に在日や朝鮮人を配置して、日本を裏側から支配していたということです。部落解放同盟や同和団体のバックにはアメリカciaがいたということです。日本でよく言われる差別は良くないとかといいますが、そのことは口実ではないか?と言われております。部落解放同盟や同和団体のお金が後ろにいるアメリカciaに流れていると言われております。マスコミが同和問題や部落問題を取り上げない理由は差●ということではなく、アメリカciaの傘下ということやお金が流れているということを明かさないからと言われています。このことから考えると日本人が同和や部落に対してマイナス感情を持っていますが、ここにも在日支配システムが使われており、利益がアメリカciaに流れていくということみたいですね。多くの人が差別は良くないとか日本人は同和が嫌いであるとかということもアメリカciaが部落解放同盟や同和団体に在日や朝鮮人を配置していたということから説明がつくような気がします。アメリカciaの日本を分断統治しているというのはこのようなことなのかもしれません。日本の芸能界に在日を配置して間接統治していることと同じ構造で部落解放同盟や同和団体に在日を配置して利益をとっているという構造ということが考えられます。実は裏側ではこのようなことが行われていた可能性が非常に高いということです。日本の戦後にアメリカciaが間接的に支配していたということを考える内容だと思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク