椋平広吉が地震について研究していた件と椋平虹の謎について考察!

Pocket

今回は椋平広吉について調べていきます。地震に関する内容ですが様々な情報が隠されている感じでなかなかわかりませんが分かっている情報とそこから憶測したことを書いていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

信じるか信じないかはあなた次第です。

今回の記事内容に関して信じるか信じないかの判断はお任せいたします。時期が昔であるということや様々なことが隠されているのではないか?ということから真相部分がなかなかわかりません。このことから分かっている内容から逆算してこのような感じなのかな?ということを憶測していきます。もちろんデタラメではありませんが、真相かどうかということははっきりしたことがお伝え出来ませんのでそのことを了承していただけるようにお願いいたします。

椋平広吉(むくひらひろきち)が地震を研究していた白い虹の関係について。

椋平広吉という人物は地震を研究しておりました。この地震の研究は虹が関係していたということが分かっておりますが白い虹なのか?というとそうでもないみたいです。地震の研究をすごくしていたということはわかりますし、虹を研究していたようですが白い虹は特に関係ないみたいです。この白い虹ではありませんが、この椋平広吉という人物は地震を的中させております。ここからそのことについて考えていきます。

椋平広吉は巨大地震を椋平虹(むくひらにじ)という方法で的中させていた!

椋平広吉が虹を椋平虹という方法で研究して的中させたということが分かっております。この話はデタラメではありません。椋平広吉が京都の宮津湾の虹から地震を予想しましたが的中しております。京都帝国大学の石野という博士にこのような電報を送りました。

アス アサ イヅ 四ジ ジシンアル ムクヒラ

昭和5年の話ですが、椋平広吉は完全に的中させました。北伊豆の大地震ですが、日にちと時間が完全に一致していたということで石野という教授も驚いたと言われております。この地震の的中率が約9割であったと言われております。さらに衝撃的なことも分かっております。そのことについてここから触れていきます。

椋平広吉は関東大震災という大地震を予測あるいは予言して的中させた!

椋平広吉は虹の予想で関東大震災も予測して的中させております。関東大震災のときも電報が送られたということです焼けてしまったと言われております。しかしこの電報を前日に送ったということから分かっております。しかしこの後に事態が大きく変わっていきます。そのことについて触れていきます。

地震予兆雲や地震雲で予知するという可能性を全て隠したのではないか?という疑惑について。

ここまでで巨大地震を2つ的中させた椋平広吉ですがその後に地震予想はインチキなのではないか?という疑いをかけられました。葉書で地震予想をインチキしていたのではないか?という疑惑をかけられてそこから地震業界を追放されました。しかし僕はこのことはおかしいと思います。それまでに電報で2回大きな地震を的中させていますがいきなりはがきになったというのもおかしな話です。毎日新聞の記者が椋平広吉は不正をしたということで騒ぎ立ててその結果追放されたということですが僕はマスコミが何かしらはめたのではないか?と思っております。椋平広吉はインチキという疑いをかけられていたがその後も人生が終わるまで椋平虹を研究していたということがわかっています。このように地震の研究に人生を支えた人でした。そして最もおかしいことですが、椋平広吉が亡くなった後に地震の研究データが全くないということです。大変重要な資料がなぜないのでしょうか?椋平広吉の地震の研究ですが生前にアインシュタインやエジソンも称賛していました。巨大地震をいくつも的中させて他にも的中させていたということです。椋平広吉は虹やあるいは地震雲から地震のことが分かっていたと思いますがおそらくこの研究と真実をマスコミとその背後関係者が不都合ということで消したのではないか?と僕は考えます。いったいなぜそのようなことをするのでしょうか?ということについて考えていきます。

スポンサーリンク

椋平廣吉の地震雲の根拠が明らかになるとまずい人がこの世界に入るのか?!

もしも椋平広吉をはめた人間がいるとすれば当然ですが考えがあるはずです。地震雲から地震のからくりあるいは地震の根拠を明確化されるとこまるということだと思います。地震雲などはないし、地震雲は地震の根拠にはならないということをいいたいということだと思います。昔から言われていますが人工地震というものがあります。そのことを考えていきますが、地震のからくりが明確化されることで人工地震がばれるからではないでしょうか?そのことから椋平広吉をおとしいれたと考えられます。人工地震ときくと本当かな?と思われるかもしれませんのでそのことについて触れていきます。

日本では人工地震があることが証明されている件について。

人工地震ときくとデタラメなんじゃないか?と感じる人がいるかもしれませんがデタラメではありません。きちんと公表されております。日本では1894年の10月5日に人造地震というものがおこすことができるということが新聞に出ています。100年以上前から日本では人工地震は引き起こせたということです。しかしその後人工地震はおこしてはいけないということになっています。日本では人工地震はあることはわかっていますがおこすことを禁止しております。しかしもしも隠れて人工地震を起こしていた場合はどうなるでしょうか?地震雲の形から地震が判明します。このような背後関係があり陥れられたのではないか?と僕は思います。また日本では人工地震を追求するとどうなるのか?ということについてここから触れていきます。

人工地震を深く追求するとアメリカciaが動き出すのか?

ちなみに日本だけではありませんがアメリカは人工地震や人口津波が可能であるということを明かしております。アメリカciaが認めています。そして日本で人工地震を追求するとどうなるのか?ということについて考えていきます。はっきりとわかりませんがおそらくこのようなことがおきると僕は感じます。実は太平洋戦争の時に日本はアメリカに地震兵器で人工地震をおこされています。1944年の昭和東南海地震がアメリカ軍の地震兵器の可能性が高いですがこのことを追求した五十嵐忠夫という夫婦が自宅で亡くなっておりますが、これはアメリカcia傘下の人間に●された可能性が考えられます。日本で人工地震について追求し何かしらをつかむと●される可能性があります。他にも小川信行という千葉大学の教授が311の何かしらをつかんだということでアメリカcia傘下の人間に●された可能性が考えられます。証拠こそないというか証拠が分からないようにアメリカciaが日本で人工地震を仕組んでいる可能性があります。そして追求すると消されます。この際に椋平広吉の地震の根拠があると具合が悪いでしょうからきっと罠に嵌めてその後重要な書類は処分したと思います。地震の背後には大きな利権があるのでは暴いてはいけないということでしょうね。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク