小林雅尚ちゃんが岡山県から消えた未解決事件について考察!

Pocket

今回は小林雅尚ちゃんが消えた事件について調べていきます。未解決事件ということになっておりますが、非常におかしな点があり調べるほどに違和感を感じます。僕なりの解釈を書いていきますので何かしらの参考になっていただければと思います。

スポンサーリンク

小林雅尚ちゃんが吉備中央町から消えた事件について。

この事件ですが、岡山県の吉備中央町という場所の自宅の庭から小林雅尚ちゃんが消えたという事件です。子供が消えた事件ということかもしれませんが、小林雅尚ちゃんの年齢は1歳10か月です。1人で歩くことができません。またこの家の周辺情報ですが、山の中にあり大人も歩くのに苦労するということです。そのような状況にもかかわらず全く何もわかりません。神隠しということではなく、誘拐の可能性しか考えられないと思います。この事件に関して不可解な点がいくつもあるのでそこに注目していきます。

事件に関する理解不能な点について。

この事件で4歳になる兄が一緒にいたということが分かっておりますが、兄は何も気が付かなかったのでしょうか?4歳と1歳の子供で1歳の子供がいなくなったら気が付くと思います。またこの家には犬が二匹いたということが分かっておりますが、犬も全く吠えなかったということが分かっております。捜査で警察犬を使っていますが警察犬も家の前でにおいが分からなくなっているということです。ここまでの流れから考えて顔見知りの人間がきて誘拐したのではないでしょうか?もしも顔見知りの犯行であれば兄が気が付かないということや犬が吠えないということもつじつまがあいます。警察犬が家の前でにおいを分からなくなったのは家の前から車で誘拐されたからではないでしょうか?この事件全てが謎とされておりますが・・・実は僕なりにある仮説があります。その仮説をここから書いていきます。

スポンサーリンク

事件の鍵は吉備中央町にあるのではないか?

ここから書いていくことは僕の憶測になりますので正しいかどうかわかりません。しかしこのようにしか考えられないのではないか?と思います。この事件の当日に事件現場付近に2台の車が通ったという情報がありますが、警察はこの2台の車は事件には関係がないと判断しております。この事件現場付近は車がほとんど通らないという情報があります。他に車が通っていないとなるとこの車の可能性が非常に高いと思います。しかし警察はこのことを否定しています。考えられる可能性があります。警察の裏側に何かしらの圧力がかかりこの事件を迷宮入りさせたのではないか?という疑惑です。いったいどんなことがおこっているのか?ということを考えてみました。全く手掛かりが少ないんですが、岡山県の吉備中央町という場所が関係しているのではないか?と思います。この場所は日本の部落問題があるということが分かっております。部落と聞くと何か差別的なことを感じるのかもしれませんが戦後の日本で部落というのは扱いが異なっています。日本の戦後にアメリカciaが共産党勢力を弾圧しようとしたときに作ったのが部落解放同盟や同和団体ということです。日本の構造ですがアメリカciaの下には日本人はいません。日本人とアメリカciaの間日本人と顔や肌の似た在日という別の人種がいます。このシステムを在日支配システムといいます。アメリカciaが直接日本を支配すると日本人が反感をもつのでこのような間接的な支配をとっているということです。日本人の上に位置している在日というグループに部落解放同盟が入るということからもしも何かしら関係していたら日本の警察は手出しができないということです。僕の予想ですがきっと警察は犯人を分かっているのではないか?と思います。しかしこのような事情があり警察が事件に手出しできないということだと思います。1歳10か月の子供が消えるとかということはありえないことです。このようなありえないことがおこり、未解決になっているということは何かしらの事情があるとしか考えられません。この事件ですが犯人が分からないとか未解決事件ということですが事件の真相が明かされない理由があるということだと思います。この事件がおこったのが2001年なのでそこから20年が経過しております。小林雅尚ちゃんに関して20年が経過しているのでどうなってしまったのか?ということが非常に心配されるところですね。日本の未解決事件には2種類あるということが言われており

①:警察が犯人をわからずに探し回っているパターン

②:警察が犯人を分かっているが事情があって捜査できないパターン

今回の事件は警察が犯人を分かっていて犯人を捜査できないパターンだと思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク