滝村隆規君の行方不明事件の真相を考察!

Pocket

今回は滝村隆規君が行方不明になった事件の真相を考えていきます。あらゆることが隠されているのではっきりとわかりませんが、僕がリサーチした感じでは違和感があります。分かっている情報を組み合わせて事件の真相を憶測していきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

滝村隆規君の行方不明事件というのはあらかじめ仕組まれた事件の可能性が高い?!

滝村隆規という男の子が行方不明になった事件ですが、僕が調べた感じ明らかに事件の可能性がありしかもあらかじめ事件を画策していたのではないか?ということが考えられます。みたけ養護学校に通っていた子供だが過去におこったことを考慮すると事件の計画性が見えてきます。

■滝村隆規は過去に迷子になったことがある。そのときは無事に戻ってくることができた。

■滝村隆規が以前から子供をみてくれる人数が少ないのではないか?といっていたが状況が改善されることがなかった。

滝村隆規という男の子が突然いなくなったということでどうしたのか?ということになっている事件ですがあらかじめ事件を仕組んでいた可能性が考えられます。過去に滝村隆規は迷子になったことがあります。このことから迷子になることをみせかけて誘拐された事件である可能性が考えられます。また消えた当日ですがnpo職員が一緒にいたということですが実は滝村隆規の母親がnpo職員が少ないということをいっていたが金銭の問題なのかわかりませんが職員を増やすことができなかった。つまりnpo職員の目が行き届かないということをわかっていて犯人及び犯行グループは狙って犯行におよんだ可能性が考えられます。事件を起こす前に水面下で計画していた可能性が非常に高いと考えられます。このようなことを準備されていた可能性があることから事件がおこってもなかなか真相がわかりません。さらにこにような情報についても考えていきます。

スポンサーリンク

滝村隆規君が川に落ちた可能性は考えにくい!?

滝村隆規が行方不明になり近くの川に落ちたのではないか?つまり事故なのではないか?ということですが事故の可能性は極めて考えにくいということです。警察が大人数でヘリコプターとかで全力で探しておりますが、全く見つかりません。これは何を意味しているのか?ということを考えます。警察のおおがかりな捜査もかわすほどの完全犯罪を仕組んでいるからではないでしょうか?本当に迷子になったりということや何かしらの事故であれば何か手がかりがあるはずです。滝村隆規がきていた洋服とかが何も見つかっていないということはやはりあらかじめ子供を見る人数がすくないといったこともすべて分かったうえで仕組んだ犯罪あるいは誘拐である可能性が非常に高いと考えられます。そしてここからは個別具体的に考えられている事件の裏側の繋がりについて考えていきます。

日本でおこる子供行方不明事件の犯行グループについて。

日本全国各地で定期的に子供が消える事件あるいは子供の行方不明事件が発生します。僕は子供が消える事件の犯行グループは同じであると解釈しております。日本全国でおこっている別々の事件であるというような印象を受けますが、おそらく犯行グループは同じであり犯行の目的も同じであると僕は思います。まず犯人あるいは犯行グループですがアメリカcia傘下の人間である可能性が高いです。犯行目的は誘拐した子供に対するペドフェリア・アドレナクロム・臓器売買というものが考えられます。このような目的を隠すためにここの事件を違ったように見せたり、別の場所で事件を起こしたりしていると僕は思います。日本がアメリカに戦争で負けてからアメリカの属国となっています。アメリカciaはわからないように日本を間接的に支配しております。もしもこのような事件が判明しても日本の警察は事件を捜査できません。日本の警察はアメリカciaの関与している案件は調べられないということです。もちろんアメリカcia傘下の人間たちも事件を起こす前にはいろいろなことを画策しています。このようなことから子供が突然消えたというような事件となりますが、裏側ではこのような闇組織がペドフェリア・アドレナクロム・臓器売買をたくらんで起こしている可能性が高いと考えられます。日本全国でこのような事件を引き起こします。事件の全体像がつかめなかったり事件が別々であるというカムフラージュにあったりということから真相部分にはなかなかたどり着けませんがおそらく裏側でこのようなことがなされているのではないか?と僕は解釈しています。定期的におこる日本で子供が消える事件ですが、事件を根本から解決する日が来ることを僕は願っています。今回の記事がなにかしらの参考になっていただければと思います。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク