和歌山市の園部地区で新聞配達中に女子高生が●された事件を考察!

Pocket

今回は和歌山市の園部地区で新聞配達中に女子高生が●された事件について調べて考えていきます。ひどすぎる事件であると思いますがわかる限りの情報を組み合わせて考えていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

事件内容と犯人が逮捕されずに時効を迎えた件について。

1988年に和歌山市園部の道路で新聞配達中の15歳の女子高生が血を流して倒れていたところを新聞配達中の同僚が見つけました。頸動脈を5か所刺されて出血多量から亡くなったということです。この事件の後に犯人を捜査するも犯人への手掛かりがなく時効を迎えてしまったという未解決事件です。ちなみに犯人の手掛かりとなりそうな情報がありますので紹介して考えていきます。

■現場に足跡があり、足のサイズが24.5cm

■現場に右足の足跡が残されていた

■事件の時に現場で悲鳴が聞こえていなかった

ということがわかっています。ちなみにこの事件と関連がありそうかなと思われる内容について少し触れていきます。

スポンサーリンク

和歌山市園部地区でヒ素カレー事件がおきている。

実は今回調べている事件と多くの人が知っている林真須美が犯人とされている事件の起こった場所が非常に近いです。僕の解釈ですが和歌山のカレー事件は林真須美は犯人ではないと思います。犯人にならない情報が多いですが、犯人として逮捕されています。この和歌山のカレー事件は被害者が時間がかかって体調が悪くなっていったことから日本の戦争中に様々なものを研究していた登戸研究所の人間が犯人であると考えられます。ちなみに登戸研究所は日本が戦争に負けてアメリカciaに吸収されていますので、アメリカciaの傘下ということになります。日本の警察はアメリカciaの事件に関しては捜査できません。このような場所が近くでおきていることから和歌山市園部の道路で新聞配達中の15歳の女の子も登戸研究所の人間が関与しているのか?と思いましたが、よく考えてみると難しい気がします。登戸研究所の人間は研究者で細菌兵器などを研究していたことからこの事件とは関係ないと思います。ということでここからこの事件の犯人について憶測していきます。

犯人の手口からプロのヒットマンである可能性が高い。

足のサイズが24.5cmということから大きくない男である可能性が高いと思います。悲鳴が聞こえなかったということからプロのヒットマンである可能性が考えられます。また事件の情報から●してすぐに道路に血液が残らないということから被害者の女の子を刺した後に現場に残っていたということがわかります。確実に亡くなることを確認していたという可能性が考えられます。登戸研究所の関係者ではないと思いますが、別の角度から考えてこの事件の犯人は戦争経験者あるいは軍隊経験者なのではないか?と僕は思います。犯行時間が28分だったということから素人が●せない事件であると考えられます。この●された女子高生は家族の生活が少しでも良くなればという思いから新聞配達のアルバイトをしていたということが分かっています。●される理由がなかったと思われる悔しい事件です。亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク