人工地震は可能か?それとも不可能か?について考察!

Pocket

今回は人工地震について調べていきます。人工地震は可能なのか?それとも不可能なのか?ということについて様々な情報の中から厳選して信じられるのではないか?という情報を考察していきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

人工地震は可能か?それとも不可能か?について考察!

よく聞く人工地震という言葉ですがいったい本当なのかな?嘘なのかな?と思われる方もいると思います。地震というのは自然現象であってまさか意図的におこることはないんじゃないか?という考えもあると思います。僕は少し前に地震が意図的に起こせるのではないか?と感じたことがありました。今回はいろいろなことを調べてみてこの情報は考えるに値するのではないか?という情報を3点紹介していきます。ひとつずつ考えていきます。

1894年10月5日の日本の新聞に書かれていた人工地震について。

実は人工地震に関してはなんと今現在から100年以上も前から可能であったという情報が新聞にありました。1894年の10月5日の新聞に人造地震という言葉で出ておりますが、このことは人工地震をさしていると思います。この新聞の情報では約1000メートルの深さで人工地震を起こすことが可能であったというように表記されていることから本当の話であると考えられます。今現在よりも100年前に人工地震が日本で起こせていたということなんですね。かなり衝撃的な内容でした。さらに続いては国会での政治家の証言について注目していきます。

国会での浜田和幸の人工地震に関する証言について。

浜田和幸という政務官が国会で人工地震について語っています。他の政治家がスマトラ沖地震と人口津波はアメリカ地震兵器というようなことやこのときにビンラディンの勢力を一掃したというようなことをいってアメリカがほとんど地震を意図的に起こしたのではないか?ということを言われて浜田和幸が次のように答えています。

スポンサーリンク

地震や津波を人工的に起こすことは可能である

そしてアメリカ以外にも人工地震を考えており、海外では常識といっています。このような浜田和幸の発言は信じるに値すると僕は思います。アメリカは人工的に地震をおこしたりあるいは津波をおこしたりできるということなんですね。そして最後にかなり気になる情報について触れていきます。

オウム真理教の村井秀夫が阪神大震災が人工地震であるといった件について。

村井秀夫はオウム真理教という宗教に洗脳されておかしなことを言ったりしているというイメージがありますが実はものすごく頭がいいということです。大阪大学を出ている理系の天才的な科学者です。麻原彰晃が阪神大震災が地震兵器によった攻撃ということを言ったことに対して村井秀夫は事前に地震が準備されていたといっています。計画的におこされたものであるということを言っていますが、ひっかかるのが時期を考えていたということです。阪神・淡路大震災は1995年1月17日におこっています。1+17が18ということでここにイルミナティの悪魔の数字18=666があらわれます。また村井秀夫は誰がおこしたのかということに対してアメリカ軍とは答えませんでした。かなり力を持った団体といっていることからこれはアメリカciaをさしているのではないか?と考えられます。阪神大震災ですが一つ有力な説として水素核融合で水爆で引き起こされたという説があります。僕はこの水素核融合で水爆という説が有力なのではないか?と思います。阪神大震災はイルミナティが画策してアメリカciaが引き起こした人工地震である可能性が高いということですね。ここまでの流れから考えると今現在において人工地震がおこるというのはオカルトではなくありえることだと感じます。新聞に人工地震に関する情報が出ていたり、政治家が国会で話していたり、理系の天才的な科学者が発言していることからこれらの情報は信じるに値するものだと僕は思います。ということで人工地震はあるというのが僕の解釈です。今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク