埼玉県朝霞市でおこった齋藤杏花さん誘拐事件の深すぎる闇を考察!

Pocket

今回は齋藤杏花 (さいとうあんな)という少女が誘拐された事件について考えていきます。この事件では様々なことが隠されており多くの出ている情報が嘘であるのではないか?と僕は思います。ここまで隠している事件はなかなか真相が分かりませんが違和感をつないでいき少しでも事件の中心部分に迫っていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

信じるか信じないかはあなた次第です!

今回の記事内容を信じるか信じないかはあなた次第です。多くの人を騙しているのではないか?という情報について分かれる限り迫っていきます。この事件に関して隠されていることが多いので他の事件から分かる情報なども駆使しながら考えていきます。まずこの事件の謎と思われる部分から順番に調べていきます。この事件をどうしてでも隠したいといったことを感じます。

埼玉県朝霞市でおこった誘拐事件の深すぎる闇について。

この事件ですが誘拐事件ですが、ネット上では誘拐ではない家出だと主張する人が一定数おります。誘拐というか拉致の可能性もある事件ですが、なんとしても違うということを主張してネット上で火消しをしているのか?あるいは工作員なのか?とも考えられる人たちがいます。親がひどい親で家出したんだということで誘拐事件から目を背けさせようといった感じです。僕はもちろん誘拐あるいは拉致事件しかもひとりの犯行ではないと感じたりもします。裏に何かしらの組織がいる犯罪の可能性です。ひどい親と言われる件について調べていきます。

犯人である寺内樺風(てらうちかぶ)の両親(父親)について。

この事件は家出ではなく誘拐事件ですが、犯人とされているのが寺内樺風(てらうちかぶ)という人間です。この両親について調べてみました。父親が会社を経営しているという情報があります。防犯グッズを販売している会社みたいです。また母親は専業主婦ということが分かっています。ここからは本当かどうかわかりませんが気になる情報について触れていきます。両親が創価学会という宗教を信仰しているのではないか?といった噂があります。もしも創価学会が関与しているということになればこの事件が謎であることも説明がつきます。創価学会という宗教には目には見えない力があります。

①:アメリカciaの下にある在日のグループに入る。日本は戦後アメリカの支配下でありアメリカは日本人の上に顔や肌の似ている在日を使って日本を支配しています。この日本とアメリカの間に在日がおり間接的に支配されています。このことを在日支配システムといいますが、この日本人の上にいる在日のところに池田大作という在日朝鮮人の創価学会という宗教がありますのでアメリカciaの息がかかっていることから、日本ではなかなか問題が表面化しません。日本の警察はアメリカciaの関与する事件には触れられません。

②:創価学会の池田大作がとなえた総体革命というのがあり、創価学会員が警察や司法の重要ポジションに配置されており、もしも何かしら問題がおきても創価学会員同士で事件をけしてしまう可能性があります。このことを池田大作が日本の警察は創価学会の手の中にあると発言していたことからもわかります。

このような事情があり齋藤杏花 (さいとうあんな)という少女が誘拐された事件がなかなかわからないという可能性が考えられます。この事件の核心部分はきっとすべて隠されております。しかしこの事件だけからでは分かりませんが他の事件で分かっている情報なども使いながら中核部分に迫っていきます。寺内樺風に関して手がかりになるのではないか?という情報について触れていきます。

事件の犯人である寺内樺風が千葉大学に通う前の衝撃の学歴について。

寺内樺風は千葉大学に通っているという情報があります。大学時代に留学したというような情報やイケメンであるとかといった情報がありますがこの情報よりもよほど重要な情報があります。寺内樺風のかよっていた中学と高校です。大阪教育大学附属池田中学・高校ということが分かっています。大阪教育大学附属池田といえば宅間守が無差別テロ事件をおこした学校です。この事件ですが事件の裏があると言われており、宅間守の単独犯行ではないという疑惑や事件のときに岩崎真季という女の教師が警察と電話していたということを警察も隠していたり、事件の目的はこのような無差別テロ事件を引き起こしてスクールバスを設置するために日本から多額の税金を引き出そうとしたのではないか?とも言われています。今もなお疑問が残っている事件です。この事件の犯人である宅間守も創価学会なのではないか?と言われています。もしも宅間守が創価学会ということであれば在日支配システムで物事が動く可能性があることが考えられます。寺内樺風の両親に創価学会の疑惑があることも偶然ではないんじゃないでしょうか?はっきりとした繋がりこそわかりませんがなにかしらが見えない裏側でつながっていると考えられます。もしも創価学会が関係している事件であれば警察にストップが入るので真相が分かりません。さらにこの事件で最もおかしいと感じる部分について触れていきます。

スポンサーリンク

齋藤杏花の証言からすると周囲の発言が異常な件について。

この事件ですが約2年間監禁されていた事件ということですが齋藤杏花 (さいとうあんな)は逃げられなかったのか?ということがよく話題になります。アサガオを使って洗脳していたということから逃げられなかったということになっています。ひとりで少女を洗脳できるのか?ということも疑問ですが実は齋藤杏花 (さいとうあんな)が逃げようと試みた時があるんですがこのときに非常に不可解なことがおきています。そのことについて紹介します。

そこで子供連れの女性に「ちょっといいですか?聞きたいことがあるのですが」と話しかけたが、「忙しいから無理」と言われた。車に乗っている人と目が合ったため助けを求めようとしたが、車は行ってしまったという。公衆電話を探したが見つからず、いったん部屋に戻った後、再び公園に来て年配の女性に「ちょっといいですか」と声をかけたが、「無理です」と断られた。

齋藤杏花 (さいとうあんな)が何とか逃げだしたんですが助けを求めた際に複数人の人に拒まれたと言われています。ここで考えられる可能性がふたつあります。もしかしたら齋藤杏花 (さいとうあんな)が洗脳されておかしくなっていたのか?ということがひとつ考えられます。もうひとつ可能性があります。近所の公園にいた人間が実はグルだったのではないか?という疑惑です。もしこの可能性がただしいということであれば単独犯行ではない組織的犯行ということになります。組織的犯行の可能性も十分考えられます。このような状態から齋藤杏花 (さいとうあんな)は絶望して犯人のアパートにもどったということです。すごく悔しかった気分だったと思われます。またこの事件で多くの人が気になって検索する内容について調べていきます。

埼玉少女誘拐事件の被害者・齋藤杏花を寺内樺風が妊娠させたという嘘について。

犯人と被害者の関係について多くの人が気になるということなので調べてみました。年下の女性に対するロ●コン目的なのか?ということですが一切男女関係がなかったということが分かっています。さらに妊娠したという嘘が出るようですが全くの嘘です。犯人がアメリカでおきたクリーブランド事件という事件に関心があったと言われています。この事件は3人の女性が10年間犯人に拉致監禁されて妊娠して出産したという事件なのでここから噂が出たということかもしれません。男女関係も妊娠もしていなかったということで良かったです。ここで疑問ですがこの事件の目的は何だったんでしょうか?調べてみたんですが全く分かりませんでした。この事件の目的がはっきりしないという事件も不可解であると思います。さらにこの事件の恐怖を感じる内容について触れていきます。

寺内容疑者こと犯人である寺内樺風は●されろうになっていたという疑惑について。

寺内樺風という犯人の犯行動機が分からないということも違和感ですが僕は少し違ったことも感じました。寺内樺風ですが、静岡県伊東市で血だらけであるところを逮捕されています。なぜ血だらけだったんでしょうか?自ら命を絶とうとしたといいますがおかしいです。このおかしさから事件の黒幕に口封じされそうになったのではないからなのではないでしょうか?静岡・伊東市ですが創価学会に感謝状を贈っていた過去があります。事件の場所は東京でしたがなぜ静岡・伊東市にいたのか?ということも説明がつきませんし、怪我をしていたことも説明がつきません。創価学会がなにかしらの形で関与しているということになれば警察が捜査できない理由も納得です。つまりこの事件にははっきりとこそわかりませんが黒幕がいる可能性が非常に高いと考えられます。最後にこの事件のその後についてここから調べていきます。

齋藤杏奈が発見された後の裁判について。

齋藤杏花 (さいとうあんな)が逃げて助かったのでよかったんですが、その後の裁判の様子がおかしいということで注目されました。寺内樺風が裁判で奇声をはっしていたとか意味不明なことをいっていたと言われています。このおかしな行動ですが自作自演という考え方もあるようですが何かしら洗脳されたのではないか?とも考えられます。その後の裁判では2019年に懲役12年を言い渡されているので現在刑務所にいるということでしょうね。このままであれば2031年まで刑務所に入るということですね。僕の解釈ですが創価学会とアメリカciaが組んでいればいくらでもやらせ裁判できると思います。とりあえずは刑務所に入っているということみたいです。あまりこのようなことを考える人はいないかもしれませんが、寺内樺風が刑務所で謎の死を遂げるかもしれませんね。角田美代子も刑務所の中で自●ということで口封じされた可能性が高いと思います。寺内樺風も●されかかっていますのでどうなるのか?という恐怖があります。この事件には黒幕がいるので何が起こってもおかしくないと僕は思います。寺内樺風が事件を起こした犯行動機がわからないということがこの事件の謎であり、創価学会の影がいろいろなところにちらつくのも怖いと感じました。ということで今回の事件はここで終わりです、最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク