元都知事の舛添要一が在日韓国人なのではないか?という噂について考察!

Pocket

今回は舛添要一という元東京都知事が在日韓国人なのではないか?ということについて調べていきます。有名人や政治家に在日が多くいるというのは日本の在日支配システムということが関係していると思います。アメリカに戦争で日本が負けてそこから日本はアメリカの属国ということですが支配下にあります。アメリカの支配下では直接アメリカが支配するのではなく、アメリカと日本の間に在日を挟んで間接統治が行われているということで日本では在日が活躍します。このような観点からも舛添要一が在日であるという可能性が高いと考えられますが気になる情報について今回はひとつずつ調べていきます。

スポンサーリンク

舛添要一が朝鮮飲みをしていることから疑惑が浮上した!?

舛添要一が過去に朝まで生テレビ!の出演したときに自分は日本の文化を理解した朝鮮人であるということを言っていますが、この話からしても本当の可能性が高いと思います。そしてこのほかにも疑わしいとされる情報があります。それが朝鮮飲みです。舛添要一が朝鮮飲みしている画像があります。朝鮮飲みというのは韓国では目上の人に対して顔を横にして口元を手で隠して横を向いて飲むことが失礼に当たらないとということです。明らかにこのような飲みかたや概念は日本人にないということです。この舛添要一の朝鮮飲みからしても在日である可能性が非常に高いと思います。また今回のリサーチでいろいろ調べてみて有力情報があったのでここからそのことについて触れていきます。

舛添要一の書いた「私の原点、そして誓い」という本について。

舛添要一が自分の生い立ちなどに関して記した本があります。「私の原点、そして誓い」と追いう本ですが、この本が何かしらの参考になるかと思って読んでみました。この本の中に書かれていた気になる情報をここから書いていきます。この本にいろいろなことが書かれており僕の解釈では在日である可能性が非常に高いということが分かりました。なぜそう思ったのか?ということをひとつずつ触れていきます。

スポンサーリンク

舛添要一の父親である舛添彌次郎が在日朝鮮人の疑惑について。

舛添要一の父親は舛添彌次郎(ますぞえやじろう)ということが分かっています。本の中で舛添要一は父親が選挙の際にビラにハングル文字を書いていたという情報が分かっています。選挙ビラにハングル文字を書く理由は戦前の日本では朝鮮人にも選挙権があり、ハングル文字を表記するということで朝鮮人からの支持をえようとしたということが考えられます。もしも日本人ならこのようなことをしないと僕は思います。つまり舛添要一の父親は在日朝鮮人である可能性が非常に高いということです。この父親の件は現在も分かっていることからほぼ確定なのではないか?と考えられます。舛添彌次郎が在日朝鮮人だったから同じ朝鮮人から支持されようとしたと考えればつじつまがあいます。さらに母親に関して書いていきます。

舛添要一の母親である舛添ユキノが在日韓国人の疑惑について。

舛添要一の母親は舛添ユキノということが分かっています。本の中で母親に関して触れていますが、母親のことをオモニと表記しています。日本人が母親を呼ぶ呼び方ではないということです。また母親の料理についても書かれており、母親の料理の味が韓国料理の味と似ているということが書かれているのでこのことから舛添ユキノが在日韓国人である可能性が非常に高いと思います。ここまででわかることですが、舛添要一の両親が朝鮮人と韓国人ということでしょうね。さらにこの本で書かれている気になった内容と関連情報について触れていきます。

舛添と韓国のつながりについて。非常に韓国寄りである可能性大!?

舛添要一は本の中で韓国への造詣をふかめるとか韓国とえんがふかいということを言っています。このことから舛添要一は日本ではなく、韓国寄りなのではないか?ということが考えられます。さらに金融機関で在日に低金利で融資するべきだといっていることからも完全に韓国よりであると僕は思います。まさに在日支配システムということを感じます。また舛添要一のことを韓国が応援しているということも分かっています。韓国応援団がこのような内容を掲げています。

★韓国民団と仲良しのますぞえ先生を都知事に

★学会員と舛添先生を応援しよう

舛添要一の裏には韓国がバックアップしていることが分かります。ちなみの舛添要一の国籍ですが日本です。理由は日本国籍でないと選挙に出れないので帰化したということでしょうね。つまり舛添要一は在日帰化人ということです。元東京都知事の裏には韓国の存在があったということでしょうね。日本の政治家には在日が多いということですが、今回の舛添要一がまさにそうだったということですね。アメリカの支配のもとに在日が政治の世界の主要な位置に入っているということが分かりました。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク