創価学会と在日の噂は池田大作が出所だったのか?について考察!

Pocket

今回は創価学会と在日の関係について調べていきます。やはりこの話に深く関与してくるのは会長である池田大作ということなんでしょうか?また多くの人が関心をもつであろう内容に関しても分かる限りで触れていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

信じるか信じないかはあなた次第です。

今回の記事内容に関してははっきりした証拠というものがありません。いろいろなことを調べてみて分かっている情報を組み合わせて考えていくとこのような結論に至るのではないか?という僕なりの解釈を書いていきますのでそのことを踏まえてご覧いただければと思います。まずは多くの人が気になっている情報から触れていきます。

池田大作は在日韓国人あるいは在日朝鮮人という噂について。

インターネット上で多くの人が検索する池田大作+在日というキーワードですが、この検索するには人々のいろいろなおもいがあるのではないか?ということを僕は思います。この疑問点に関してはっきりとわかりませんが、おそらくこうなんだろうなという情報があることから憶測していきます。池田大作が創価学会を拡大していくときに関西エリアで韓国人に同胞よよく頑張ったなという言葉をかけたという情報があります。この同胞という言葉から池田大作は在日韓国人ではないか?という疑惑が浮上します。在日朝鮮人ではないかもしれませんが、在日であるということが分かります。さらに気になる名前について触れていきます。池田大作の名前を検索する人もかなりいるということですので調べてみました。

池田大作の本名は成太作なのか?

ここまでで池田大作が在日であるのではということまでが分かりました。さらにネット上では池田大作の本名は成太作なのではないか?ということを検索する人もいます。在日なのでこのような名前であってもおかしくはないと思います。池田大作の生い立ちについて永田町の議員の方が調べたようです。池田大作の父親の名前がソン・ジョンジャクというみたいです。ここから苗字がソンであるということ。また池田大作の元々の名前が太作ということみたいです。太いという文字を大という文字に変えたみたいです。この調べた方がこのような情報を出していました。

太作を韓国語読みするとテジャク

このことから名前はソンテジャクということですね。この情報は信用できるのではないか?と僕は思います。池田大作は在日であり、本名がソンテジャクということですね。そして創価学会という宗教の求心力を持っている人間が在日であるということから創価学会という宗教が在日に関係があるとかあるいは在日に寄っているといったことも考えられる話だと思います。そして多くの人が創価学会に関して検索する内容があるのでそのことについても触れていきます。

創価学会の旗の色と韓国の関係から在日韓国寄りの宗教であるということが分かる?!

創価学会のシンボルマークの3色の旗がありますが、この旗が韓国と密接に関係しているということも言われています。韓国のうちわに創価学会の旗と同じ赤と青と黄色がつかわれており、日本と韓国のスポーツの試合の時には韓国はこの赤と青と黄色の内輪で応援するみたいです。これは何を意味するのかということですが創価学会という宗教が韓国に寄っているということだと思います。またこの旗以外にも創価学会は韓国で1960年代くらいから布教活動をしていたということも分かっています。1965年に日韓条約が締結した後に在日が韓国に戻って創価学会を布教したことで広まったようです。その時の言葉が

スポンサーリンク

祈れば病 気が治って、金持ちにもなれる

ということでこのような言葉を信じたことから韓国の創価学会の会員はなんと100万人にをこえていたようです。このことから創価学会という宗教は韓国よりの宗教であるということが分かります。しかし日本では全くこのようなことは触れられずにあたかも日本のための宗教であるというようなイメージを持っているのではないでしょうか?実はこのような構図になるにも理由があります。なぜこのような構図になるのか?ということについてここから書いていきます。

日本で在日が台頭する理由と創価学会とアメリカciaについて。

日本の中では在日や在日系の宗教である創価学会が台頭しています。この背景にはアメリカciaの存在があります。日本が戦争に負けてからアメリカの属国になりましたが、そのときにアメリカciaが日本人と顔が似ているあるいは肌の色が似ている在日をいろいろなところに配置しました。芸能界や政治あるいはマスコミに在日を送り込みました。アメリカciaが直接日本を支配してしまうと日本が反感をもつことから日本人と似た在日を起用したということです。そして在日韓国系の創価学会もアメリカciaの下に入り活動していたということです。最後に気になる情報について触れていきます。

創価学会に反日思想を抱いているというのは真実なのか?

多くの人が検索することに創価学会+反日というものがあります。このような噂の出所としては池田大作の発言が関係しているのではないか?ということが考えられます。このようなことを言ったようです。

日本を
・「東海の小島」
・「小国」と表現

韓国を
・「あまたの文化文物をもたらし尊き仏法を伝え来た師恩の国」
・「隣邦を掠略せず天地を守り抜く誉の獅子の勇たぎる不屈の国」と表現

日本の朝鮮出兵と日韓併合を
・「小国(日本)の倨傲、大恩人の貴国(韓国)を荒らし」と表現

池田大作は日本のことを小島とか小国といっているんですね。韓国のことをよく表現していますね。さらに朝鮮に関しても日本を悪くいっていますね。このようなことから創価学会は反日思想を持っているとか反日とか言われるということですね。また池田大作は関西で韓国人に同胞のために創価学会が助けるといったようです。完全に韓国に寄っている宗教であると言えるのではないでしょうか?そしてこの創価学会の後ろにはアメリカciaがおり、日本の中でアメリカciaの傘下に入り創価学会やあるいは統一教会という宗教が活動しているということが実態であると僕は思います。日本には宗教や信仰の自由がありますが創価学会が反日思想をもっているということをしれば少しは解釈が変わるのではないか?と僕は思います。創価学会は在日韓国系あるいは在日朝鮮系の宗教であるということが今回分かりました。今回の記事が読者さんのなにかしらになっていただければと思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク