在日とus(アメリカ)と日本の見えない関係について考察!

Pocket

今回は在日とus(アメリカ)と日本の関係について調べていきます。表面上はどこにも繋がりがないような感じですが、実は裏側では密着関係にあるのではないか?ということが考えられます。内容的には難しいですがわかる限り調べてまとめていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

信じるか信じないかはあなた次第です。

今回の記事内容は難しいことや証拠といったものがなくわかる情報を組み合わせて憶測していきますので、信じるか信じないかはあなた次第ということになります。しかしデタラメとかではなくいろいろな情報を調べての結果です。まず日本はいったいどのようなことになっているのか?ということを真剣に考えていきます。日本の中心には誰がいるのか?あるいは日本の構造というのはどうなっているのか?ということですが、日本の最上にはアメリカがいて、その下つまり真ん中には在日がおり、日本人は底辺にいるという極めて苦しいあるいは厳しい現実です。何が問題なのかというと僕たち日本人が住んでいる日本という国ですが、日本人が思い通りにできていないということです。むしろ日本人がいいように利用されてしまっているという構造だったりします。いったいなぜこのような構造になっているのか?ということについて分かり限りの情報や明確な理由がありますのでそのことについて触れていきます。

在日とus(アメリカ)の関係について。

そもそもアメリカと日本の関係ですが、戦争に負けて以来日本はアメリカの属国と言いますが完全に日本とアメリカには見えない上下関係があります。しかし上下関係がはっきりしてしまうことをよくないと感じているアメリカは日本人と顔や肌が似ている在日という人間を間に挟むことによって日本がアメリカに敵対する目が向かないと思ってそのような配置をしたのではないか?ということです。アメリカあるいはアメリカcia→在日→日本という構造が現れます。この構造から日本人よりも在日韓国人や在日朝鮮人という人間が日本のキーポジションに入ってしまうということです。特に多くの人が疑問に感じる芸能界にこの図式が当てはまります。そしてこのような構造にするにはいろいろなところでいろいろな力が働いています。まずはこのような情報から触れていきます。

スポンサーリンク

マスメディアの情報を自由に操っている電通とアメリカの3S政策について。

日本の戦後にアメリカの支配下に置かれているというのが広告代理店の電通です。そしてこの電通を裏で操っているアメリカに完全に日本人がやられています。アメリカが提案した3S政策です。スクリーン・スポーツ・セ●ク●という日本人はテレビや映画を見ていればいい。そしてスポーツをして男女関係をしていればいいということです。あらゆることに疑問をもつなということとも解釈できます。このアメリカが提案した3S政策を電通がコントロールしているということです。電通という会社はアメリカあるいはアメリカciaの手先である可能性が非常に高いということです。そしてここから多くの人が知っている巨大宗教に関して触れていきます。

電通と創価学会の共通した繋がりについて。

電通と創価学会ですが意見すると無関係なように感じますが、実は共通点があります。電通の最高顧問だった成田豊と創価学会の会長である池田大作は在日ということです。日本の広告代理店の大きな会社のトップと日本には信者が多数いるカルト宗教のトップに在日の疑いがあるということです。このことからも日本が在日にコントロールされているということを感じます。もう少しこのことについて触れていきます。

創価学会という宗教の在日の割合について考察!

多くの人が創価学会に在日はどのくらいの割合なのか?ということを調べる方がいますが、この問題が実はかなり難しいんですね。創価学会という信者の問題だけではありません。創価学会の公明党である与党にも在日が多くいるということです。また自民党の清和会というのはアメリカの言いなりの議員が多いということから自民党と公明党という連立与党が在日にコントロールされているのではないか?ということになります。日本の自民党・清和会そして創価学会さらに情報をコントロールする電通という会社に在日が多くいるというのがかなり日本の闇の問題であると僕は思います。日本という国は日本人が自由にできないということが分かるので少しこのことについてかんがえていただけるきっかけになっていただければと思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク