パチンコと在日の関係及びパチンコ経営者になぜ日本人はなれないのか?

Pocket

今回はパチンコと在日の関係について調べていきます。また日本人がパチンコ屋を経営できないとか日本人はパチンコの経営者になれないといったことについても様々な角度から調べていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

日本の中核部分には在日が多く、日本人はパチンコ経営者にはなれない?!

ネット上で日本人はパチンコ経営者になれないということを検索する人がいます。この話は本当の話であり、いったいなぜなのか?ということを考えていきます。その理由としては日本とアメリカの関係から理解する必要があります。日本はアメリカに戦争で負けており、それ以降日本はアメリカの属国ということが言われています。この表現をより具体的に考えていきます。日本が戦争に負けてから日本はアメリカの監視下や支配下にありますが、いったいどのようにアメリカが支配や監視を行っているのか?ということについて考察していきます。そこで出るのが在日ということです。日本人と似ている朝鮮人や韓国人が在日ということで帰化して日本の中核部分に入っているということです。日本の重要ポジションに在日が多くいる理由や背景にはこのようなことが考えられます。日本はアメリカの属国ですが監視下に置かれているので監視役が在日という考えにたどり着きます。パチンコ業界は巨額のお金が動きますが当然ですが、このようなお金の動くところに日本人が配置されることはありません。在日が経営者に入る可能性が高いということです。こう考えると日本人がパチンコ経営者になれないということの理由が説明つくと思います。さらにこの内容についてもう少し深く調べていきます。

パチンコのオーナーや経営者は在日が圧倒的に多い件について。

パチンコ屋のオーナーに日本人がなれないということについて触れましたが、いったい誰がなっているのか?というと在日の人間です。全国のパチンコ屋の経営者の9割が在日と言われています。このことからも完全に日本はアメリカの支配下にあり、巨額のお金が動くところを抑えられているということがわかります。そして多くの人が知ってるであろう内容について確認していきます。

マルハンのオーナーが在日である件について。

パチンコ業界で一年間で2兆円の売り上げがあると言われているマルハンという会社ですがオーナーが韓昌祐(かんしょうゆう)という人物ですが在日であることが分かっています。パチンコ業界は韓国が牛耳っていることからそこには在日韓国人がいるという当たり前の構造が成り立っている可能性が考えられます。このことから他のパチンコの会社のオーナーも在日が多いということが分かっています。そしてここからは日本の議員と在日とパチンコの関係について触れていきます。

スポンサーリンク

小川勝也参院幹事長が在日であり、パチンコの利権に関与している疑惑について。

小川勝也ですが在日の疑惑があり、名前が林克二ではないか?ということが噂されています。そして小川勝也はパチンコチェーンストア協会の役員をしております。民進党がパチンコ利権に関与している疑惑が浮上します。パチンコはギャンブルで世間体が悪いですが、そこに政治家が関与しているということ自体かなりイメージが悪いでしょうからおそらく隠しています。パチンコという巨大利権に裏側で在日が関与しているということです。そしてその後ろのアメリカがいるという構図であるということでしょう。そしてアメリカと政治家が強く結びついているという可能性を感じる内容について触れていきます。

パチンコ議連という自民党・清和会とパチンコ業界の結びつきについて。

パチンコ議連というものがあります。この件ですが表向きいろいろなことが言われていますが、表側ではなく裏側に何が隠されているということに注目します。自民党の清和会というのはアメリカに賛成している議員がほとんどです。つまりアメリカの手先になっているのが自民党の清和会ということです。そしてこの仮説が明らかになった件があるのでそのことについて考えていきます。パチンコ屋の七洋物産の吉本章治と安倍晋三の関係です。吉本章治は安倍晋三の父親である安倍晋太郎とズブズブな関係にあるということが分かっており、過去に指摘されています。安倍晋太郎は在日朝鮮人ということがわかっており、このことから実は安倍晋三は李晋三ということも言われています。つまり自民党の清和会というところには在日がおり、パチンコ産業にびったりしているという関係が分かります。アメリカ→自民党の清和会→パチンコ業界という流れがあることでここに日本人が入り込む余地がないということが考えられます。このように日本の裏側でパチンコそして在日さらに政治家ということがつながっているということが分かるということです。この構図から考えても日本人が中核部分にはいれず在日がパチンコや政治家として活動しているということが分かります。このようなことから日本人はパチンコ利権には入れないということが分かります。多くの人がパチンコと在日という関係を調べるのはきっとうすうすこのようなことに気が付いているからなのではないか?と思い僕なりに調べて書いてみました。この記事がなにかしらの参考になっていただければと思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク