ぺドフィリアというアメリカや日本でおきている深刻問題について考察!

Pocket

今回はペドフェリアという日本やアメリカあるいは世界の中でおこっている深刻な問題について調べて考えていきたいと思います。ペドフェリアという言葉はよく聞くかもしれませんが、いまいちわからないといった感じがあったりということもあると思うので今回は様々な角度から調べていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

ペドフェリアあるいはペドとはどういうことなのか?

この記事をご覧の読者さんもペドフェリアあるいはペドという言葉を聞いたことがあると思います。よく聞きますがいったいどういう意味なのか?あるいは何を定義しているのか?ということですが幼児あるいは小児を対象にした性的嗜好(せいてきしこう)ということなんですがこれがかなりやばいということが分かっています。いったい何がやばいのか?ということについて触れていきます。

赤ちゃんでもなぜか性的対象になるという性異常者がいる現実について。

僕は信じられないなという感じですがイギリスで生まれて6か月の赤ちゃんにレ●プしようとした男が有罪になりました。50歳のマシュー・ロウという人物であることが分かっています。イギリスでは小児性愛を撲滅しようということをスローガンに掲げているということです。ちなみにイギリスではこのようなことが組織で行われているということも分かっており、そこをなんとか壊滅させたいと思って頑張っているみたいです。50歳のマシュー・ロウの逮捕で他の小児性愛の実態も明るみに出たということですが、この犯人がまたわかりにくい形をとっているということです。社会的にきちんとした職業についており、結婚もしているという人間で本性を隠して5歳以下の子供を狙っていたということが分かっています。この小児性愛者たちねネットのダークウエブというので知り合って子供の好みを話し合い●的虐待をしていたということが分かったということです。卑劣なことをしているということです。しかも集団でしていたということです。また幼児に●物を飲ませていたということも分かっています。イギリスの調査ではこのような小児性愛グループは世界各地に存在しているということで警察が全体像を把握しきれないということでしょうね。アメリカではエプスタインという人物が小児性愛・ペドフェリアということで逮捕されて刑務所で自ら命を絶ったという事件も注目されていました。このようなことから世界のあちこちにこのペドフェリアがいるということです。極めて危険な状況であるといえますね。そしてこの考えが果たして日本にも関係するのか?ということについて触れていきます。

スポンサーリンク

日本でもおこる幼児性愛者(幼児愛好者)あるいは小児性愛者がおこす事件について。

日本で毎年必ず一定数の子供が消えるという事件が起こります。行方不明事件と言われていますが、おそらく子供が消えたときは日本でも小児性愛・ペドフェリアの対象にされている可能性が非常に高いと思います。日本の子供を誘拐しているのは日本の中の闇組織の可能性が高いです。そして日本で子供がペドフェリアの対象になったということが注目された気になる事件があるのでその事件について触れていきます。

日本でおきた荒野行動でオフパコしようとしていた長尾里佳容疑者について。

日本で12歳の男児と肉体関係をもったということで長尾里佳という女性が逮捕されて有罪になりました。13歳以下の子供と関係を持ったら強制性交という罪に問われるということです。同意しているとか同意していないとかということは問題ではないということです。長尾里佳と12歳の男児はスマホの荒野行動でしりあって、長尾里佳がお金を払って自分のところによんでいたということです。12歳の男児の親のメールも疑われないように考えていたということです。荒野行動というのは出会いの温床になっているということが言われています。長尾里佳はここでオフパコしようということで誘っていたということみたいですね。大人が自己責任でやるのなら問題はないでしょうが、このようなところに小児性愛をねらった人間が含まれておりこのような事件になるということが極めて問題ではないか?ということですね。この長尾里佳は男の子を狙っていますが、男が女の子を狙うということもあるでしょうし氷山の一角なのではないか?という感じがします。ペドフェリアや小児性愛といっても子供の年齢も幅広いので一言では言えることではありませんが、日本では子供がこのように小児性愛・ペドフェリアの犠牲になる可能性が高いので注意が必要ということですね。アメリカやイギリスも危険であると思いますが、日本も危険なところがありますので気を付けたほうがいいと僕は思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク