地球温暖化の嘘について考察!

Pocket

今回は地球温暖化の嘘について調べていきます。いろいろなことが言われていますが、いったいなぜいろいろなことが言われるのか?そしていったいどの情報が正しいのか?ということを調べて書いていきたいと思いますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

地球温暖化というのは嘘です!

この記事をご覧の読者さんもいろいろなことを聞いたことがあると思います。地球温暖化が進んでいるとか氷がとけてどうなるとか二酸化炭素が増えるとかいろいろなことが言われています。理科の話なのかな?と思うんですが、僕は昔から理科が苦手でよくわからないなと思っていました。地球がどんどん温暖化したらまずいんじゃないかな?と感じていたんですが実はそんな話は嘘であるということが分かりました。難しい理科の話ではなく、明確に地球温暖化が嘘ですという情報を見つけたのでそのことについて触れていきます。

スポンサーリンク

地球温暖化が嘘であると分かったクライメートゲート事件について。

地球温暖化が本当なのか?あるいは嘘なのか?ということですが、嘘であるということが分かったことがあります。それがクライメートゲート事件ということです。これはどういう事件なのかということですが、2009年にイギリス・イースト・アングリア大学の気象に関する研究情報が明らかになったことですが、ここにメールで地球温暖化に関して明かされたんですが1961年~1981年までの20年間なんと地球の気温が下がっているということでした。つまり地球の気温が下がっているということですが、このことを改ざんしていたというが判明しました。このことは何を意味しているのか?ということですが、本当は地球の気温が下がっているんですが地球の気温が上がっているというという嘘をつくのでしょうか?そのことについて考えていきます。

地球温暖化の嘘の裏側に隠されているものは何か?

地球の温度が下がっているにもかかわらず、地球の温度が上がっているという嘘がなぜつかれるのか?ということですが、そこにはお金の問題があると考えられます。地球温暖化ということが澤上がれることと同時にエコという言葉が出てきました。エコカーとかエコバッグとか言われます。このことは人間の意識化に様々なことを訴えかけていると考えられます。人間が地球を温暖化させたということで良くないというマイナスイメージを植え付けて、商品購入の際にエコという言葉がついているものを購入させようという意図が考えられます。ありとあらゆる商品にエコというものをつけてその商品が売れることで潤う人がいるということですね。つまり地球温暖化ということを歌っているお金儲けがこの世界では行われているということです。いったいどこでどのようにお金が流れているのか?ということまでは分かりませんが、お金の流れが考えられるということですね。この話を信じるか信じないかはあなた次第です!ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク