天皇家と奇形児の関係について考察してみた!

Pocket

今回は天皇家と奇形児の関係について調べていきます。一度は関心を持ったことのある内容なのではないでしょうか?このことについて僕なりに調べた解釈を書いていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

多くの人が気になるがなかなか調べられない天皇家と奇形児の関係について。

一度は聞いたことがあるもしくは関心を持ったことがある内容なのではないでしょうか?天皇家と奇形児の関係ということについて。しかしこの内容に関してなかなか調べるといっても難しいような気もします。もちろんはっきりしたことや確証はありませんが、様々な情報を組み合わせるとこのような感じなのではないか?ということが考えられます。ということでわかる限りの情報を組み合わせて今回は考えてきます。

天皇家は近親婚のために奇形児ができるのか?

天皇家と奇形児の関係ですが、そもそもなぜ奇形児ができるのか?ということですがその理由はやはり近親婚だからということでしょうね。天皇家の歴史を調べていくと約1000年以上の期間にわたって近親婚を繰り返しているということが分かっています。統計的な確率ですが、兄弟や姉妹あるいは親子間で子供を作ると奇形児の可能性が高いということが分かっています。近親婚だと約半分の確率で奇形児が生まれるということも言われています。そして近親婚の子供は実は障害を負っているのではないか?ということも言われていますが、このことに関して該当するのではないか?ということについてここから触れていきます。

スポンサーリンク

皇室のタブーとされている大正天皇が障害という件について。

実は大正天皇が障害をもっていたということがよく言われます。知的障害ということなんでしょうが、この要因となったのはやはり近親婚でしょうね。皇室間だけで近親婚を繰り返していたことからこのような障害となってしまったということでしょうね。僕の解釈ですが、大正天皇が障害というのはこのような家柄に生まれた以上仕方のないことなのかもしれないなと思ったりもします。また皇室にはこのような噂もあります。

皇室のタブーとされている双子の噂は本当なのか?

三笠宮崇仁親王(みかさのみやたかひとしんのう)ですが、実は双子なのではないか?という噂が昔からあります。この噂は三笠宮崇仁親王には双子の妹がいるというものですが、宮中は双子がいけなかったことから妹は出産後すぐにお寺に里子に出されたということが言われています。しかしこの噂はあくまでも信ぴょう性がないためにガセネタなのではないか?と言われています。このことは近親相姦とは異なりますが、多くの人が関心を持っている内容ですが三笠宮崇仁親王(みかさのみやたかひとしんのう)が双子というのはガセネタの可能性が高いということですね。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク