宇治学習塾小6女児殺害事件と犯人である萩野裕について考察!

Pocket

今回は宇治学習塾小6女児●害事件について調べていきます。この事件は本当に悲惨な事件であり、いろいろなことを思いますので事件の内容や僕の解釈を書いていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

同志社大学の学生である萩野裕(はぎのゆう)の生い立ち及び前科について。

宇治学習塾小6女児●害事件についてはこの後で触れていきますがまずは事件をおこした犯人である萩野裕に関する気になる情報から触れていきます。犯人である萩野裕は子供のころから勉強ができたと言われています。両親が勉強するようにという厳しい教育をしていたまた子供の頃に友達と遊ぶことを禁止して勉強ばかりをさせていたといった情報もあります。そのような子供時代の両親に対する厳しさの反動なのかわかりませんが、ある時を境に家庭内暴力をふるっていたようです。またこの事件の裏側で気になることですがこの萩野裕は同志社大学に通っていたということが分かっていますが実は同志社大学で何回も窃盗事件をおこしており、この事件に関連して警備員に暴力をふるっていたということもまた分かっています。そしてこのようなことがあり、同志社大学は萩野裕を停学処分にしていました。このような前科があった萩野裕という人物を採用した塾側もこの事件で注目されました。塾側としては前科は分からなかったということをいっていますが、事件の後にこのことが判明した際に塾側は前科を隠していたことはわからないし、本人が悪いということをいって炎上しました。この事件が起こる前にすでにこの犯人がおかしいということはわかっていました。そしてここから事件の内容について触れていきます。

京都・宇治市の京進という学習塾でおこった悲惨すぎる事件について。

ここから事件の内容について触れていきます。萩野裕が小学校6年生の女の子を塾の教室内で複数回刺して●したという事件です。本当に悲惨な事件です。この事件をおこす前に萩野裕は小学校6年生の女の子の生徒を気に入っており、授業後に個別指導という名目で90分この女の子だけ授業後にのこして話をしていたということがわかっています。そしてこのことから小学校6年生の女の子は萩野裕の授業にはでたくないと親に相談していた。この親は塾に萩野裕とは別の先生にしてくれないか?ということを依頼していたということが分かっていましたが、塾側はこのことを聞き入れなかったということです。この塾側の在り方も疑問だと思います。僕の事件をリサーチしての感想ですが、もしもこのときにこの小学校6年生の女の子が塾にいかないという選択肢をとっていれば事件はおこらなかったのか?と悔やまれます。またこの萩野裕は塾で女の子の身体を触っていたという情報もあり、このようなことから女の子の生徒の間ではきもいとかうざいといわれていたということです。たしかにその通りだと思います。このような悪い評判は塾側も分かっていたとも言われていることから策を講じれなかったのか?という残念さが残ります。またこの事件に関して萩野裕が精神上問題があったのではないか?という意見があるようですが僕はそうは思わないということについて触れていきます。この事件の際に萩野裕がとっていた行動について注目していきます。

スポンサーリンク

★事件をおこす前にあらかじめ凶器であるナイフを買って準備していた

★事件が起こった日に塾の他の講師が少ないことを分かってその日を狙って犯行に及んでいた

★事件をおこす前に塾の防犯カメラのスイッチを切っていた

このようなことを萩野裕はしています。あきらかに犯行を準備していたものであると考えられます。このような計画をたてて小学校六年生の女の子を教室に1人にして数回刺して●したということは計画的犯行であり●意があると僕は感じます。そしてここからこの事件の裁判について調べていきます。いったいどうなったんでしょうか?ということが気になります。

宇治学習塾小6女児●害事件の裁判について。

この事件の裁判ですが、萩野裕は小学校六年生の女の子が剣をもって自分に向かってくるというようなことをいったりしたことから精神状態の問題なのか?ということになりましたが、このことは否定されました。しかし萩野裕は事件を犯した後に自ら警察に110番をしています。このことが自首したという解釈となり、懲役15年の判決が求刑されています。僕の解釈ですが罪が軽すぎると思います。小学校6年生の女の子を●したことには計画性や悪意を感じるからです。日本では●した人数で刑が決まるというようなことやまたいつも加害者の人権にばかり目が行くということにすごく疑問を感じる内容です。萩野裕の両親はこのような事件がおこったのは塾側に原因があるのではないか?ということで損害賠償に関する裁判を起こしています。この裁判で塾側は9900万円の賠償金を払っています。亡くなった小学校六年生の女の子の両親はやるせない気持ちや怒りをおさえこめないと思います。そして最後に気になる萩野裕の事件後について触れていきます。

宇治学習塾小6女児●害事件の犯人である・萩野裕の現在について。

萩野裕が事件後にどうなっているのか?ということですが裁判が2009年ということで懲役が15年ということなので今現在は刑務所に服役しているか?あるいはもしかしたら仮出所しているという可能性も考えられます。萩野裕という鬼畜な犯人ですが、社会に復帰したらまたなにかしらの罪を再犯するのではないか?という可能性も考えられますね。かなりの恐怖だと僕は思います。最後にこの事件で亡くなった小学校6年生の女の子のご冥福をお祈りいたします。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク