ゴローズ創設者の高橋吾郎の死因について考察!

Pocket

今回はゴローズの創設者である高橋吾郎について調べていきます。亡くなった理由や気になる情報について調べてまとめていくので最後まで聞いていただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

高橋吾郎がゴローズの店を開いた経緯及びイーグルという商品について。

なかなか入手することが困難でゴローズを持って渋谷にいるとゴローズ狩りにあったという一種の社会現象までおこったほどでした。そのゴローズをつくったのが高橋吾郎です。インディアンジュエリーを日本で流行させたパイオニアです。高橋吾郎ははじめは小さなお店を青山でやっていたようですが、その後に原宿の表参道に移ったということです。人柄もすごくよかったことから多くの人からゴローさんと言われていました。ゴローズの商品はすべて人気がありますが、その中でもイーグルは当時欲しがっていた人が多かったということです。このイーグルの中でもゴールドというのがありましたが、その値段の高さはすごく価格が分かりません。イーグルのゴールドは数百万円するのではないか?とも言われています。僕も聞いたことはありますし、かっこいいなと思いますが数百万円のネックレスは欲しくても金額的に購入できないなと思うということですね。ここからは真相不明な噂について触れていきます。

スポンサーリンク

神原雅行が起こしたと噂されるゴローズ襲撃事件及び店員はどうなったのか?

半グレ集団である関東連合が恐れていた神原三兄弟の神原雅行ですが、実はこのゴローズに関してある噂があります。神原雅行がゴローズのお店に金銭目的で襲撃に入ったという噂です。神原雅行はゴローズのお店が閉店後に商品を盗んだのではないか?ということが言われていますが、お店が閉店後だったということから誰も店員がいなく被害にあった人間はいなかったと言われています。ただしこのゴローズ襲撃事件は本当にあったのかどうか?ということの真相は不明と言われています。そして最後に高橋吾郎の死因について調べていきます。

高橋吾郎の死因は病気なのか?高橋吾郎の息子と木村拓哉との関係について。

高橋吾郎が死去されたということが報じられました。ただし亡くなった明確な理由は分かりません。どこにも情報がありません。僕のリサーチした感じでは病気だったのではないか?と思います。また亡くなる前にあることが分かっています。芸能人でゴローズを好いているということで知られている木村拓哉ですが、木村拓哉とゴローズの関係は木村拓哉が高校生の時に高橋吾郎の息子と親しくなったことからその後木村拓哉がゴローズの工房に何回もいっているなかで木村拓哉と高橋吾郎の関係が親しくなったと言われています。そして高橋吾郎が亡くなり前に木村拓哉を入院している病室に呼んでネックレスを木村拓哉に渡したと言われています。このときに高橋吾郎が木村拓哉に渡したのが全金プラチナヘッドイーグルというものです。これは全く手に入らないことから幻とも言われており、今では金額にすると億はするのではないか?とも言われています。高橋吾郎は木村拓哉のことを子供みたいに可愛がっていたということや木村拓哉はこの全金プラチナヘッドイーグルを形見のように大切にしていると言われています。高橋吾郎の死因はわかりませんが、ご冥福をお祈りいたします。今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク