和歌山毒物カレー事件の真犯人はa氏それとも小学生なのか?を憶測!

Pocket

今回は和歌山毒物カレー事件の真犯人について憶測していきます。もちろん憶測なので真相は分かりません。しかし調べれば調べるほどに林真須美が犯人ではないんじゃないかな?という考えが出ます。今回はそんな僕の解釈を中心に書いていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

和歌山毒物カレー事件は多分林真須美が犯人ではないということだと僕は思います!

今回は和歌山毒物カレー事件についての気になる情報について厳選して書いていきますので、事件の概要等は省略させていただきます。僕の解釈ですが、林真須美は犯人ではないと思います。そう僕が感じるのは林真須美には動機がないからです。今までカレーにヒ素を入れた事件にはお金が関係しています。つまり林真須美は金になることはすると思いますが、金にならないことはしないと感じるということです。そしてこれは僕の憶測ですが実はここからもう少し話を詰めていきます。この情報から林真須美が犯人ではないということが十分に考えられます。そのことについて書いていきます。

和歌山毒物カレー事件の真実として林真須美(はやしますみ)がなぜ犯人ではないというのか?

実は林真須美が犯人ではないと思うこのような情報があります。

弁護側の鑑定依頼を受けた京都大学の河合潤教授が有罪の決め手になったヒ素の鑑定データを再分析し、「林家にあったヒ素」と「現場で見つかったヒ素」が異なる物だと判定。

この引用記事情報から分かりますが、事件現場にあったヒ素と林真須美の家にあったヒ素が異なっているということからこれは林真須美が犯人ではないということを示していると解釈できます。ここまでの流れから林真須美は犯人ではないということだとすれば真犯人がいるということになりますね。ここからは真犯人について調べていきます。

和歌山毒物カレー事件の真犯人はa氏なのか?あるいは小学生なのか?

ネット上では和歌山毒物カレー事件の真犯人はa氏とか小学生とかという検索が出てきます。このことについて調べてみたんですが、はっきりしたことはわかりませんが僕なりにこうなのではないか?と思う情報について触れていきます。まず林真須美本人のこのようなコメントがあります。

スポンサーリンク

事件が起きた頃、私が紙コップを持ってカレーの鍋に近づいたのを見たって、マスコミに話しまくってた男の子がおったやろ。あの子、裁判に出てきてないんやで

この林真須美のコメントからしてあの男の子といっていますので、もしかしたらこの男の子が小学生であれば真犯人の可能性があるのではないか?ということも考えられます。またネット上にあった情報ではどこまで信じていいのかわかりませんが、地元で林真須美を嫌っていた地元の権力者の子供なのではないか?ということも言われています。しかしこの情報ではその権力者の子供はすでに亡くなっているという情報もあることからもし本当であれば真犯人がすでに亡くなっているということになります。おそらく林真須美は冤罪あるいは無罪ということですが、はっきりした真犯人が分からないことからイニシャルでa氏とかといっているのかな?なんて僕は解釈しています。さらにこの和歌山カレー事件の前に謎の事件が起こっているということについて最後に触れていきます。

和歌山県和歌山市園部でカレー事件前に起こっていた不可解な出来事について。

実は和歌山カレー事件の前にこの事件が起こった場所では不可解なことが起こっているということがわかっています。それはいったい何かということですが、林真須美が家族で引っ越してくる前にこの付近では近くに住んでいる犬が青酸化合物で●されているということが起こっています。地元の人たちの間ではこの犬を青酸化合物で●した人物がなにかしらこの和歌山カレー事件に関係しているのではないか?とも言われているみたいです。僕もそうなのかな?と思いますが、事件真相はわかりません。ただし僕は林真須美はカレー事件の犯人ではないと思いますし、他に真犯人がいるのではないか?と思います。そしてその真犯人として考えられるのは

●林真須美本人がいっているマスコミに自分のことを話した男の子

あるいは

●犬を青酸化合物で●したという人物

なのではないか?と思います。これ以上のことはわかりませんが、この和歌山カレー事件には真犯人がおり現在も逮捕されていないのではないか?ということが考えられますね。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク