光永マチ子という主婦が大分県日出町から失踪した事件について考察!

Pocket

今回は大分県日出町主婦失踪事件について調べていきます。実はこの事件には様々な謎があります。気になる情報についてひとつずつ調べていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

光永マチ子という主婦が大分県日出町で失踪事件について。

光永マチ子という主婦が2011年9月12日に大分県日出町(おおいたけんひじまち)から突然消えました。失踪事件ということです。光永マチ子は娘を学校に送った後に身体の調子が悪かったということから家に帰って休んでいたようです。娘が家に戻ってきたときには家の鍵が開いており、そのときには光永マチ子はすでに消えていた。その後に息子や旦那が警察に連絡して捜査しているがあしどりがわかりません。そして実はこの事件に関しておかしな点あるいは違和感があるのでそのことについて触れていきます。

大分県日出町主婦失踪事件の違和感について。

実はこの事件でおかしいとされている点について触れていきます。

★光永マチ子の白い使っている枕

★娘のバスタオル(アニメのキャラがプリントされているもの)

★光永マチ子のバッグや車の鍵

(車はそのまま残されていた)

なぜ光永マチ子の枕がなくなったのか?この枕の件から実は自分で家出をしたのではないか?という憶測もたっているが僕はこの可能性は少ないと思います。さらにこの事件にはほかに関連している事件があるのではないか?ということも噂されているのでそのことについて触れていきます。

大分県日出町主婦失踪事件と関連していると疑惑の出た事件について。

実は光永マチ子の失踪事件の近くで事件が起こっていました。

スポンサーリンク

★2歳の女の子が行方不明になっている

★80代の夫婦が自宅で亡くなっている

まず2歳の女の子が行方不明になった事件ですが、犯人は母親ということが分かっており子供を●して遺体を遺棄したということで罪に問われています。また80代の夫婦がなくなった件は無理心中したということからこれらの事件は無関係ということになりました。そして気になる大分県日出町主婦失踪事件についてもう少し触れていきます。

大分主婦失踪事件のその後について。

この事件が起こったのが2011年で今現在が2020年ですが、9年という時間が経過していますが光永マチ子はその後発見されていません。いったいどこにいってしまったのか?ということが気になりますが、情報が全くなくてわかりません。そして最後にこの事件をリサーチした僕の意見について触れていきます。

光永マチ子は子煩悩だと言われていた?子煩悩とはどういう意味なのか?

ネット上では光永マチ子が駆け落ちしたのではないか?といったことを思う人がいるみたいですが、僕はこの可能性はないと思います。その理由として光永マチ子が子煩悩だったという情報があります。よく聞く子煩悩という言葉の意味ですが子供をとてもかわいがっているということです。子供の教育や子育てにおいて子供をかわいがる人が駆け落ちしたということは考えにくいと思います。光永マチ子が失踪したことが最大の謎ですが、なぜ枕と娘のバスタオルがなくなっているのか?ということも全く分かりません。この事件には謎が多いです。光永マチ子が無事で一刻も早く見つかることを願っています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク